ニキビにも種類があるの?

May 07 [Sat], 2016, 16:17
にきびと一口にいっても吹き出物にもいろいろな種類があり、それぞれ特徴があるのです。

ニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)ケアを正しく行うためにも、どれくらいの種類(コレクターは全て揃えたくなってしまうものです)があるのか知っておいた方がいいですよ。

肌の炎症性疾患は大きく以下みたいに分けられます。

・白吹き出物(二十歳を過ぎたら、ニキビではなく、吹き出物と表現しますね。できる原因も畭なります)
・赤ニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)
・黄色ニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)
・黒吹き出物(二十歳を過ぎたら、ニキビではなく、吹き出物と表現しますね。できる原因も畭なります)

白ニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)は毛穴に皮脂が詰まり、白い点が見える状態をいい、これからPアクネとSTエピッドが増殖していってください。

赤ニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)は白ざそうが悪化して、炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)をおこして赤くなった状態です。

この赤ニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)が悪化して、炎症(炎症の五徴候という場合には、機能障害も含まれています)が激しくなり、黄色い膿が溜まってしまうと、黄色肌の炎症性疾患のだとか。

黄色吹き出物(毛穴が詭まってしまっていたり、不摂生な生活を送っていると、できてしまいやすいです)になってしまうと、炎症(炎症の症状として考えられるものに、熱感、腫脹、疼痛、発赤があり、炎症の四徴候と呼ねれています)の範囲が広がったり、治っても吹き出物(皮膚にできる湿疹などのできものをいいます)痕になる可能性がありますので、注意が必要ですね。

黒にきびとは、コメドや面疱(めんぽう)と呼ばれる皮脂(過?に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまうそうです)の塊が、毛穴の入り口に詰まり、それが黒く酸化した状態の事です。

ホクロのように見えてしまうので、気になる人も少なくないのです。

このように、ざそうは大きく4つに分けられるのですが、早めに対処してできれば白吹き出物(生理前になるとできるという方も少なくありません)や赤面皰で症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を抑えてたいものではないでしょうか
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桜子
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gmrcgrk0airfop/index1_0.rdf