国為替取引をするよりもデリバティブ取引とした方が銀行の収益幅が大きく設定できる

December 17 [Mon], 2012, 15:28
適切な金

「説明を受けたから」といっても諦める必要はありません。為替の知識がないにもかかわらず、銀行などの金融機関に言われるがままデリバティブ取引を初めてしまった方。これらがデリバティブ商品で、株先物とか株式オプション取引とよばれます。将来のリスク回避につながるとして、多くの企業が購入しました。結局、これまでに一億円以上の損害を被ることになったが、銀行との契約を中途解約すると違約金が一挙に発生する為、後にも先にも引けない状態になってしまった。しかし多くの中小企業には金融取引の知識などありません。あらかじめ設定された為替レートで外貨を売ることが出来る権利を「プットオプション」、あらかじめ設定された為替レートで外貨を買うことが出来る権利を「コールオプション」といいます。 最初にこの記事を見た時、そんなに多くの中小企業経営者たちが投資活動をしていたのかと驚きました。


毎月外貨を購入する時の相場が同じ相場なので、この種の長期為替予約が顧客市場に出てきた当時(1980年代後半)の為替ディーラー仲間はこの種の為替予約を「長期フラット予約あるいは単にフラット予約」と呼んでいた。結局、この取引は為替変動のリスクをヘッジする機能を失い、企業は円相場の変動にかかわらず、1ドル=100円で10万ドルを購入する契約を締結したことにど、東京・大阪を中心に全国各地で、開催される予定(日時、会場は後日決定)です。 私が相談を受けた事例の中には、本業で外貨を扱っておらず、為替リスクをヘッジする必要のない中小企業もありました。かつてのように、一律いくらというものはなくなり、融通が利くようになりました。)なかには販売方法に問題があるケースも散見され、経営者たちからは怨嗟の声が高まっている。ここ数年の急激な円高によりい状況に陥、契約を結んだ中小企業の多くは、毎月数百万円の支払いにより倒産の危機に瀕しています。従って、為替を理解しているからと言って、為替デリバティブを理解できるわけではありません。場合によってはこれまでの被害を回復できる可能性もあります。


しかし、損失を受けた多くの企業では、為替が当初の想定と反対方向に推移した場合に、権利を放棄できない取引契約、または放棄できない状況に陥ったために、損失を被ったとされている。二つめには、原則として、中途解約ができず、解約できたとしてもその際に多額の違約金が発生するという点です。ましてや借りたお金でもないのに契約だからと真面目にこつこつ支払い続ける必要はないと考えます。しかし、一般的にメリットがあればデメリットも必ずあるものです。為替デリバティブ問題は、非常に高度な専門知識を要するため、為替デリバティブ取引を理解している、又は対応できる弁護士は必ずしも多くありません。今後5年間、3か月ごとに10万ドルの取引をして、ボーダーラインの105円より円安の場合、お客さまの利益になります。外国為替取引をするよりもデリバティブ取引とした方が銀行の収益幅が大きく設定できるからである。為替デリバティブ119番では為替デリバティブ(通貨オプション)被害・トラブルの解決に向け、銀行との交渉は、弁護士による金融ADRでの解決を目指します。
融ADR手続きによる為替デリバティブ被害回復
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gmntkajzee
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gmntkajzee/index1_0.rdf