吉村だけどキング

November 17 [Thu], 2016, 23:02
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。









骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。









インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。









経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。









新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。









その耐用年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。









口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。









口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数にも影響が出ます。









インプラントとクラウンがどう違うかというと、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。









虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。









抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。









今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。









金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。









インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。









治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。









インプラント埋入手術の直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。









人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどなので、気にしないでください。









実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。









インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽とは誰も言っていません。









インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。









残っている自分の歯と同じく、歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。









そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。








P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuduki
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる