「ミノタブフィンペシアブログ」の話題。BLENDのAFA対策法調査ブログ

August 29 [Mon], 2016, 23:48
今日は、医薬部外品としての育毛剤のご紹介をさせていただきます。育毛剤の中でも、医薬部外品に分類されるものは副作用の心配が少ないとされています。医薬部外品の育毛剤の中で人気のある商品をあげてみるなら、CHAP UP、BUBKA、IQOSがまずあてはまるのではないでしょうか。育毛剤といえばリアップが有名ですが、リアップは医薬部外品ではなく第一類医薬品に指定されているため、薬剤師による説明が必要な商品です。と、いうことで今回は先に挙げた3つの医薬部外品の育毛剤チャップアップ、イクオス、ブブカについて比較してみます。商品の名前また会社こそは違いますが約部外品指定の有効成分には共通のものが含まれています。ではそれぞれ解説していきましょう。ニキビ用のケア商品にも含まれるグリチルリチン酸ジカリウムは炎症を抑える働きがあり、頭皮環境を改善する効果が期待できます。次いで、「塩酸ジフェンヒドラミン」。体内のアレルギーの原因となるヒスタミンの作用を抑制する抗ヒスタミン剤です。こちらも頭皮の炎症やかゆみなどを抑える効果があり、その結果健康な頭皮環境を整え、血行も促進されると考えられています。最後はセンブリエキス。センブリエキスは漢方のひとつです。毛細血管の血流を促進させる成分が含まれていて、毛乳頭細胞を活性化し、健やかな髪を育てる効果が期待できます.前述のように、これらの育毛剤の有効成分は同じものを用いています。それ以外の成分などや使用された方の感想から自分にあう育毛剤を探していくことになると思います。抜け毛、薄毛への対策としてまず注目してただきたい医薬部外品育毛剤の利点は、女性禁忌の薬(プロペシアなど)ではなく多くの方に使っていただけること、副作用が少ないことです。








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイナ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gmhtmahcrrtaop/index1_0.rdf