ホームドアに注目!新型タイプも開発中

July 25 [Tue], 2017, 9:36
 こんにちは。今日は鉄道の安全対策の1つ、ホームドアについてまとめます!

 首都圏エリアで鉄道を利用したことがある方は、一度は目にしたことがあるのではないかと思います。
いわゆる普通のホームドアは、すでに多くの駅に導入されています。

 東京メトロ副都心線・有楽町線・丸ノ内線や横浜市営地下鉄ブルーライン・グリーンラインなどはワンマン運転を行っている関係で、ホームドアが全駅に設置され、十分な安全対策がなされています。ホームドアには複数のセンサーがついており、ホームドアに挟まれることがないように設計されています。

 東京メトロでは、半蔵門線九段下駅でのベビーカーによる事故などを受けて、
「2025年度までに全179駅へのホームドア整備」を発表しました。

 2017年現在、スタンダードなホームドアは、首都圏の私鉄各社で整備が進められています。
JR東日本は、すでに山手線の多くの駅にホームドアを設置しており、 
今後は京浜東北線の各駅や新小岩駅、千駄ケ谷駅にも導入する予定です。


 ところで、東京メトロ南北線を利用したことはありますか?2000年に全線開業した、比較的新しい部類の路線です。東急目黒線や埼玉高速線と直通運転を行っており、こちらもワンマン運転を行っています。わざわざ別記した理由は・・・
 そう、床から天井まで完全に仕切られているんです!!実は日本で初めてホームドアが設置された路線は南北線でした。非常に安全なだけではなく、エアコンの効きも良いようで、快適に利用できる路線です。

 このタイプを全路線に設置するには莫大な費用と大掛かりな工事が必要なため、他路線には広まりませんでした。

スタンダードタイプだって安いわけではないのです!1駅あたり何億円もかかります・・・
そこで、少し新しいタイプのホームドアが検証されるようになりました。

昇降式ホーム柵 (JR八高線 拝島駅など)
 見た感じ斬新なホームドアです。全面厚い板にするより、バーを用いる方が当然安いようですね

スマートホームドア (JR横浜線 町田駅4番線) *検証中、JR東日本メカトロニクス(株)の登録商標
 やはり扉部分を見た限り大幅にコストカットしているように見えます。こちらはバーが横にスライドするタイプです。ただし初期のものは隙間が多かったようで、2017年7月29日(土)より改良タイプの使用が開始されるようです。


  コストと安全、鉄道会社はこれをうまくやりくりしなければならないのですね!
 長くなりましたが、ホームドア(首都圏編)でした!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナイアガラ常磐
読者になる
Twitterはこちら
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる