あれも

September 26 [Wed], 2012, 16:23

すけごう
だ。徳川政府の方針としては、宿駅付近の郷村にある百姓はみなこれに応ずる義務があるとしてあった。助郷は天下の公役
こうえき
で、進んでそのお触れ当てに応ずべきお定めのものとされていた。この課役を命ずるために、奉行は時に伊那地方を見分した。そして、助郷を勤めうる村々の石高を合計一万三百十一石六斗ほどに見積もり、それを各村に割り当てた。たとえば最も大きな村は千六十四石、最も小さな村は二十四石というふうに。天龍川
てんりゅうがわ
のほとりに住む百姓三十一か村、後には六十五か村のものは、こんなふうにして彼らの鍬
くわ
を捨て、彼らの田園を離れ、伊那から木曾への通路にあたる風越山
かざこしやま
の山道を越して、お触れ当てあるごとにこの労役に参加して来た。
 旅行も困難な時代であるとは言いながら、参覲交代
さんきんこうたい
の諸大名、公用を帯びた御番衆方
おばんしゅうかた
なぞの当時の通行が、いかに大げさのものであったかを忘れてはならない。徴集の命令のあるごとに、助郷を勤める村民は上下二組に分かれ、上組は木曾の野尻
のじり
と三留野
みどの
の両宿へ、国際恋愛 出会い下組は妻籠
つまご
と馬籠
まごめ
の両宿へと出、交代に朝勤め夕勤めの義務に服して来た。もし天龍川の出水なぞで川西の村々にさしつかえの生じた時は、総助郷で出動するという堅い取りきめであった。徳川政府がこの伝馬制度を重くみた証拠には、直接にそれを道中奉行所の管理の下に置いたのでもわかる。奉行は各助郷に証人を兼ねるものを出勤させ、また、人馬の公用を保証するためには権威のある印鑑を造って、それを道中宿々にも助郷加宿にも送り、紛らわしい
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こら
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/glrglr5656/index1_0.rdf