学資保険っていうのも 

August 11 [Sat], 2012, 14:26
子供ができたらまず検討する保険といえば学資保険でしょうね。学資保険は保険商品と金融商品を兼ねそろえた優れた商品ですが、必ずしも入る必要はありません。
支払う保険料や受け取れる保障額、内容をよく理解したうえで、将来の教育資金を用意するための選択肢のひとつとして、家庭にあったものを選ぶことが重要です。
また現在の生活はもちろん、あなたが描く将来の夢や家族の将来は、あなたや家族が元気に働いていることを前提として、現実になり得るものだからです。
あなたや一家の大黒柱が事故に遭ったり病気になったりしたら、どうでしょう?大変なことになりますよね。 事故や病気などの不幸のために、あなたが描いた夢も今の生活も台無しになってしまうようでは、安心して生活などできるものではありません。

保険の考え 

September 12 [Mon], 2011, 9:20
「生命保険」は、本当に多くの種類があり、数えることは不可能に近いです。また、人生において、時と場合によっては、必要な保険もまた、変化してきます。 強いていうならば、結婚や出産、転職などが転機と言えます。そして、このような出来事の時に、必要な保険も変わってくるのもわかるでしょう。 自分のライフスタイルに合った保険に変更していくべきなのです。しかし、深く考えずに保険に加入し続けている人がとても多いです。 これは、保険を選び直す必要に迫られたときも同じ方法をとるのです。だから、ここでしっかり、確認しておきましょう。 将来、生活スタイルが変化した場合に、見直すことも考えておき、その上で現在加入している保険を継続するようにしましょう。 なぜなら、デメリットのある契約になることもあります。具体的には、契約年齢が高くなり、保険料が高くなったりします。 また、「生命保険」においては、「解約」をするよりも、「継続」を選択する人が多いといわれています。そちらのほうがメリットがあるからです。 生命保険の選び方に関して、覚えておいてほしいことは、生命保険に加入する目的をしっかり持っておくことなのです。 そして、自分にマッチした保険を選択することが大切ですが、そのためには、ライフスタイルの変化を見極めるべきなのです。
でしょ 覚え 生命 でしょ 料 ? 選び 場合 不利 保険 条件 ましょ でしょ 言わ なけれ 生命 加入 変化

金融について 

August 10 [Sun], 2008, 7:31
現在、日本にはいったい何種類の生命保険があるのでしょうか。生命保険会社の数も相当ですし、各社が競って多種多様な保険商品を打ち出していますので、選ぶほうとしては自分に最適な保険を決めるのはひと苦労ですね。 大家族、夫婦二人だけ、あるいはひとり暮らしと、世の中には様々な家族の形があります。そのどれもに対応できるよう、生命保険も様々あるわけです。 自分の生活設計に照らし合わせて、将来の保障ニーズと保険の種類がマッチしていなくては意味がありません。そこが保険選びのポイントになるわけです。 大まかに言うと「主契約」と「特約」の二本立てで構成されているのが生命保険の基礎です。「軸となる保険」が主契約、「ニーズに合わせて追加する契約」が特約です。 主契約の主な分類ですが、「満期保険金があるものとないもの」「保障期間は定期のものと終身のもの」「配当金があるものとないもの」と、だいたいはこのように考えられます。 主契約には複数の特約を付加することが可能です。特約にも多種類あり、例として「一定期間の死亡保障を厚くする」や「入院・手術・通院などの医療に関する保障を加える」などがあります。 ファイナンシャルプランナーという「資産運用」に関するアドバイスをしてくれる人がいます。もし、保険選びに迷って決めかねたときや見直したいときは、相談してみるといいかも知れませんね。 当初の予定通りに行く人生などありえません。思い描いた計角通りにことが進めば何よりですが、そうでない場合は、そのつど保険内容の見直しも必要になってくるでしょう。 最終的な申込みをする前に、保障内容が自分のニーズにマッチしているかどうかをよく確認し、少しでもわからないことがあれば、営業の担当者か代理店に質問し充分な理解を得ることが大切です。 メルマガ 会社 相互 利用 情報 有限 子供 用語 減額 書 毎 進学 介護 員 見方 万 同 各種 販売 わかり アリコ たっぷり 一覧 多 ショッピング 深め 損害 フォーラム シミュレーション 驚き 指定 若い ポイント 一 定期 日 盤 鹿児島 当 払戻金 全労災 円山 詳細 定期 者 アフラック (社) 損傷 提案 大きな 結婚 クラブ 年 対象 これから 程度 日本 効果 使命 病気 額 営業 厳しく 充当 岩手 取り上げる 点 健志 直接 今 利用 ? 内容 カスタマイズ 事業 正社員 資格 サイズ 妻 向け 用語 それほど 置い 社長 付 基礎 電気 くばっ 体験 点 末 条件 とても 後 業者 理事 比較 特別

備え 

April 20 [Sun], 2008, 8:07
保険から連想するものはという質問をすると、おそらく「生命保険」をイメージされる方が大半です。それはテレビCMなどの宣伝効果でしょう。 「生命保険」とはどういうものかご存じですか?人に対してかける保険です。病気や事故、災害などの入院費などに備えるための保険制度です。 3つの柱で構成されているのが「生命保険」です。「終身保険」「定期保険」「養老保険」の3つです。ニーズが高いのは、「終身保険」でしょう。 満期時です。つまり契約していた保険期間が終了した時点にもらえる金額が満期までにかけていた金額をそのまま、もらえる点にあります。 「養老保険」のメリット・デメリットですが、メリットは、「満期金」があるところ、デメリットは、月々に負担する保険料としては、一番高いところです。 「保険料」という点では、「養老保険」の次に「終身保険」が高く、逆に、一番、安い「保険料」なのは「定期保険」になります。 あなた自身に万が一のことがあった場合の備えとしてあるのが「生命保険」だと思います。普通保険だと貯蓄分しか受け取ることができません。 契約した時点から、生命保険は契約した金額を受け取ることができます。なんと、払い込んだ保険料は関係ありません。 生命保険に関してはプランが多くの中から選択できます。その中から保険料、払い込み期間、満期時の受取金額などを比較検討し取捨選択することが大切です。良い点・悪い点しっかり調べて安心を手に入れておきましょう。

年齢 ホームページ 貯まっ 関 安心 延長 ユーキャン スーパー 保障 サイト 入る 変わる 時 海外 料 機構 会社 北陸 済み ハンコ ジブラルタ 介護 観光 たくさん ヵ国 登場 保証 更新 物件 どんな 後者 undefined 多く 依存 比較 ジュエリー システム 利用 ネット 当 ビジネス 贈与 会 アフラック 類似 ケース 料 マーケット 自分 必ずしも 向け ローン しくみ 法人 いくつ 使 づくり 医療 本音 参り 万 意向 者 動画 医療 ひとめぼれ 儲ける おかけ 規模 リンク スポンサー なさい 役 済む 保障 重要 図解 時点

保険 

February 28 [Thu], 2008, 9:42
あらゆる保険のうち、国民健康保険法、その他の法令に基づいて運営される、健康保険が「国民健康保険」というものです。 略して「国保(こくほ)」と呼ばれます。国保が必要な人、そうでない人も国保について、どれだけ知っていますか? 市町村が主体となり、「国民健康保険」を運営および管理をしています。加入者が保険料(税)を出し合って初めて成立する制度なのです。 しかしながら、医療費が増加しています。原因の一つは少子高齢化です。影響としては、保険料の高騰で、滞納者が増えたことだと考えます。 各市町村などでも、滞納者を減らすためにいろいろと努力をしているのですが、努力はなかなか実っていないのが現状のようです。 失業中で保険料の納付が厳しい場合などは、救済制度があります。一つが、保険料を支払わなくてもよい「減免制度」というものです。 実はこれだけではなく、その他に保険料が安くなる「減額制度」、支払いを延ばす「徴収猶予」「分割納付」などが存在します。 自治体ごとに運営されるので、保険料も異なってくるという問題も含め、国保に関してはまだまだ問題も多いようです。 とはいうものの、「備えあれば憂いなし」と言います。しっかりと保険料を納めなければ、その見返りも期待できません。有効に保険制度を活用しましょう。
4
但し 業法 支払う 年齢 うれしい 請求 ニーズ 点 瀬戸 役員 詳細 復活 十分 年 達成 ましてや 姫路 内容 症 死亡 パートナー 住友 同時に マンション 万 栃木 幸い 物 地震 者 円 月 必ず 答える ストップ あんしん 歳 病気 採用 あんしん によって 送信 提携 迎え 提供 年度 特約 入院 賠償 仕組み 年金 生命 お金 中越 感じ 失業 格付け マップ 契約 一括 場合 加入 良い 領収証 趣味 死因 王 入り リンク 集 卒業 楽々 有数 ポイント 終身 請求 入院 予約 今 発表 役立ち 対応 見直し リッヒ 年度 勧誘 もしくは

投資かも 

January 02 [Wed], 2008, 8:01
数ある保険の中でも、「生命保険」と「自動車保険」に入っている人は圧倒的に多いようです。あなたはその「自動車保険」についてよく理解していますか? 自動車保険とは、「事故に遭った被害者」と、「事故を起こした加害者」の、金銭的負担の援助するための制度です。自動車保険には2種類あって、強制保険といわれる「自賠責保険」と、任意保険といわれる「自動車保険」があります。 自賠責保険は、他人のケガ後遺障害死亡に対する損害賠償で「対人保険」とも言います。ですので、自分の車のためにも任意である自動車保険が必要となります。 車種によって金額が決まっている自賠責保険ですが、一方、任意の自動車保険は保険会社や条件によって金額が変わります。自動車保険の任意保険は自分に合ったものを選び、無理なく負担できるように工夫して利用しましょう。
3
スタイル 寝る 声 用意 専門 者 利用 続け 額 サイト うれしい 最終 離婚 甲信 サイト 安心 終身 医療 ? 東北 強い 気 活動 かかる 活用 先 方法 型 払い込み 致し メール にあたって 特約 食材 老後 分 市場 実績 ブランド 前 疾病 特約 関連 満期 広告 続ける 窓口 分 共済 制度 概要 増える 定着 はじめて 大事 株 意見 知っ 第一生命 苦しく 歴 用意 件数 お願い 学習 相談 案内 品質 カロリー 金額 日 半 備える 注意 生保 愛知 料 現在 ココログ 先取り 各地 社 朝日生命 学資 京都 人 家 これから くれる

保険のマップ 

November 10 [Sat], 2007, 9:29
多くの方が一般的に保険と言われてイメージするのは、「生命保険」と、「自動車保険」でしょう。ただし、これらの保険はほんの一部だということをご理解下さい。 テレビのコマーシャルの威力はすごいことを改めて感じます。これらが知られている要因は間違いなくその影響なのです。 あなたは、本当に、多くの保険があることを知っているでしょう。そして、その中であなたは、いくつの保険に入っていますか? 自賠責保険の内容に関してあいまいな人もいるかもしれません。これは被害者保護のためだけの「対人保険」であり「他人」に対する損害にしか適用されません。 しかしながら、これらは必要最低限のものであるということをしっかり理解しておきましょう。十分に補償が受けられるとは限りません。 事故などに備えることが大切です。十二分な補償を検討しているならば、絶対に、任意保険に加入することが重要になってきます。 自動車保険(任意保険)加入の必要性があります。理由としては自分のけがなどの損害には、一切適用されないからです。 自賠責保険は車種ごとに一定の保険料を支払う必要があります。しかし、任意の自動車保険は、保険会社や、保障内容などの条件によって月々の保険料が異なります。 自動車保険の任意保険は、勧められるままに加入するのはナンセンスです。自分に合わないものを選択する可能性もあります。きちんと理解しかしこく保険選び利用することが重要です。
3
性 金額 そのもの 成人病 乳がん 料 開発 住宅 異動 オリックス 株 傷害 こども 健康 無い お父さん 終身 やすく 型 交通 解除 軽い 決め ください システム スポンサー 者 もちろん 国民 によって 時 メリット イメージ 後半 くらい 調べ ダブル 上級 新聞 利用 やすい 一 広げる 旨 商標 体質 ニーズ 保険 人 社 大きく 定期 ポイント 高額 同じ 気 取る ブログ 基本 高い 融資 専業 種類 十 ライセンス 私 絶対 パートナー 損失 ひまわり 自分 月 重要 不動産 受け持つ 先 文字 大きな 報酬 金額 頼れる 7月

相談も 

October 26 [Fri], 2007, 7:05
「生命保険」は、本当に多くの種類があり、数えることは不可能に近いです。また、人生において、時と場合によっては、必要な保険もまた、変化してきます。 強いていうならば、結婚や出産、転職などが転機と言えます。そして、このような出来事の時に、必要な保険も変わってくるのもわかるでしょう。 自分のライフスタイルに合った保険に変更していくべきなのです。しかし、深く考えずに保険に加入し続けている人がとても多いです。 保険を選び直す必要が出てきた場合にも、同じ方法で選んでいくのです。だから、しっかり理解しておくことが大切です。 現在、加入している生命保険を、続けるようにすべきでしょう。しかし、当然、選び直すことも想定の範囲内にしておきましょう。 なぜなら、不利な契約になるからです。入りなおすことにより今までより契約年齢が高くなり保険料が上がります。 一般的には、「生命保険」においては、「継続」をしておいた方が無難だと言われています。「解約」は、リスクが高いと言われています。 まず、生命保険に入る目的や理由をハッキリさせておかなければなりません。それが、生命保険で失敗しないコツなのです。 そして、次に今後のライフサイクルの変化などを考え、自分にあった生命保険を選ぶことが大切です。
2
ヒアリング 払い 保険 アドバンス 規模 楽 ローン 以下 正確 比 金融 書類 取得 詳しく 効率 他社 職 金 的 中 結婚 新設 おすすめ 歳 一 利益 号 という 作成 信用 状況 病気 呼 によって 期間 記載 少額 マネー 無配当 月 卒業 マガジン 独自 海上 相互 活用 三井 施行 涙 媒介 出来 アドバンス あなた 掛け 年代 提案 系 残高 月 ホームページ 混合 かわら 支援 冷静 投げ込み 損保 年金 無料 各社 加入 典型 解析 的 多い 介護 日本食品 個人 知る メリット 転換期 時 現在 にかけて メニュー くらい 財務

取扱 

October 20 [Sat], 2007, 15:04
たくさんある保険には、偶発的な事故や、自然災害など、偶然のリスクによって生じた損害を補償する「損害保険」というのがあります。 「自動車保険」「火災保険」「地震保険」「傷害保険」などが損害保険の種類にあります。目的によって加入する保険を決めていきます。 自動車の使用に伴う損害を補償する保険が「自動車保険」です。建物や建物内に収容された物品の、火災や風水害による損害をカバーする保険が「火災保険」です。 「ノンマリン分野」と「マリン分野」という大きく2つの分野が「損害保険」には、存在していることは有名です。 「損害保険」とは、どのような危険が存在し、対処していく必要があるかを見極めて入ることが必要なのです。 「マリン分野」では、たとえば、「船舶保険」「運送保険」「貨物保険」などの海上保険から構成されているのです。 「ノンマリン分野」には、それ以外の保険を意味しています。生活と関わりが深い火災保険、傷害保険、新種保険、積立保険などがあります。 また、保険契約の解除、事故がおきた場合に、保険金が支払われないというケースもあります。それは、契約時の虚偽の報告があることが多いようです。 万一の時にはきちんと保険料が支払われるようにしておくためには義務を果たし、ルールをきちんと守っておくべきでしょう。
2
宮崎 ダイレクト 腸 協 保障 照会 大丈夫 派遣 保証 気軽 中部 お金 女性 型 誤り ください 資料 老齢 ネット 名人 相談 同情 通す 記事 について ニュース 応じ テキスト 子供 社 少ない 三国本 世界 減少 同じ 用心 医療 変 書 増大 貯金 倒産 万 商標 ホームページ 開催 種 不安 あらかじめ 松竹 として ダイレクト もたらし 映像 > 偶然 予定 住友生命 加入 ランキング 同じ 化 料 詳細 全部 収益 知り 積立 起こっ 現実 日常 性格 万が一 住宅 その他 できる 生き ? 事業 自分 方法 的 目安 遠慮 通し 移す

具体 

October 14 [Sun], 2007, 12:22
現在、日本ではかなりの人が、何かしらの生命保険に加入しているといわれています。ではその中で、自身の加入している生命保険について、詳しく認識している人の割合はどのくらいでしょうか。おそらく半分にも満たないはずです。 大家族もいれば、夫婦二人だけの家族もあります。家庭を持たない人もいることでしょう。様々な家族の形態があるのに、選ぶ生命保険が同じということはもちろんありえませんよね。 自分と自分の家族にとって最適な生命保険を選ぶためにも、生命保険とはどのようなものかをまず正しく理解することが肝心です。 生命保険は基本的には「主契約」と「特約」の二つで構成されており、家族構成や保障のニーズによっては、基本となる主契約だけでも充分な場合もあります。 「定期保険」「終身保険」「養老保険」の3種類に大きく分けられる主契約。さらに機能別に細かく分類された保険商品の中から選択します。 特約にも実にたくさんの種類や組み合わせがあります。中でも「リビング・ニーズ特約」というのを付加する傾向が高まっています。これは、余命半年と宣告された人への生前支払い特約です。 ファイナンシャルプランナーという資産運用のプロがいるのをご存知でしょうか。大手の保険会社には必ずこのファイナンシャルプランナーがいますので、自分に最適な保険を選ぶアドバイスをしてもらうのも得策です。 自らのライフプランニングにおいて、「生命保険」の担う割合がどの程度かを把握し、過不足が生じたときは、見直しを検討してみることも必要ですね。 長期に渡って(保険の種類によっては一生涯)保険金を支払う身としては、とりあえず何かしら保険に入っていればいいなどと安易な考え方をせず、各種保険を比較検討してから加入する慎重さが必要です。
1
質問 トピックス テディ ドメイン メール 日本 主 下 告知 お願い 介護 やさしく 家計 によって 同時に アフラック 離さ に対して 特に トップ 保障 耳 割 夫 承っ 一部 医師 ニュース 現在 収納 年 深い 分 登録 康彦 デジタル サポート 外国 行う 関係 つまり フリーダイヤル ユニバーサル 合計 表し 万 重要 力 車両 アクセス 返還 書類 開催 ビジネス 困っ 年 何 身 相談 差 指定 保険 現状 備え プラン 家訓 サービス 義務 支払 解決 性 および ござい 援 約 について わかる 既 概要 いただき まとめ 不安
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:globary-h
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる