gfrlrlrl

August 01 [Wed], 2012, 0:38
茶人だなあ、当てて見ようか、やはり隅田川の底から君の名を呼んだ女なんだろう、その羽織を着てもう一返御駄仏
おだぶつ
を極

め込んじゃどうだい」と迷亭が横合から飛び出す。「へへへへへもう水底から呼んではおりません。ここから乾
いぬい
の方角にあたる清浄
しょうじょう
な世界で……」「あんまり清浄でもなさそうだ、毒々しい鼻だぜ」「へえ?」と寒月は不審な顔をする。「向う横丁の鼻がさっき押しかけて来たんだよ、ここへ、実に僕等二人は驚いたよ、ねえ苦沙弥君」「うむ」と主人は寝ながら茶を飲む。「鼻って誰の事です」「君の親愛なる久遠
くおん
の女性
にょしょう
の御母堂様だ」「へえー」「金田の妻
さい
という女が君の事を聞きに来たよ」と主人が真面目に説明してやる。驚くか、嬉しがるか、恥ずかしがるかと寒月君の様子を窺
うかが
って見ると別段の事もない。例の通り静かな調子で「どうか私に、あの娘を貰ってくれと云う依頼なんでしょう」と、また紫の紐をひねくる。「ところが大違さ。その御母堂なるものが偉大なる鼻の所有主
ぬし
でね……」迷亭が半
なか
ば言い懸けると、主人が「おい君、僕はさっきから、あの鼻について俳体詩
はいたいし
を考えているんだがね」と木に竹を接

いだような事を云う。隣の室
へや
で妻君がくす
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gfrlt4tl44ll
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gll45llfl/index1_0.rdf