プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gljntzsdhfenhq
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
最長の10時間試合、勝負依然つかず ウィンブルドン / 2010年06月24日(木)
(CNN) 英ロンドン郊外で開催中のテニスのウィンブルドン選手権の男子シングルスで23日、2日連続で計約10時間戦っても勝敗が決まらず、4大大会で史上最長の試合となる記録が生まれた。試合はいずれも日没中断となっている。

ジョン・イスナー(米国)とニコラ・マユ(フランス)の死闘で、2人が試合を再開した最終の第5セットのスコアは59─59となっている。第5セットでのプレーだけでも合計で7時間6分となった。4大大会での最長記録の試合はこれまで、2004年の全仏オープンで誕生した6時間33分だった。

イスナーは「二度とこんなことは起きないだろう。どう表現して良いのか分からない」と疲れ切った表情で述べた。マユはイスナーに比べ、疲労度が少ない様子だったが、「長くプレーした。何時間戦ったのかは知らない」と試合を振り返った。

イスナーは23日の試合で一時、激闘に終止符を打つチャンスとなる59─58のマッチポイントを得たが、マユが盛り返し、勝利を逃がしていた。午後9時10分に2日連続の日没中断が決まったが、イスナーはプレー続行を望んだという。試合は24日にまた、再開される。

2人の試合の観客は当初、800人にも満たなかったが、もつれにもつれこむ第5セットの情報が広まると、ファンや選手も集まり出したという。同大会を昨年制した第一人者のフェデラー(スイス)もその1人で、「今ままでこのような試合は見たことがない。すごい」と驚き、「2人の試合を見てほとんど言葉を失った」と記者団に述べた。


【6月24日18時18分配信 CNN.co.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100624-00000018-cnn-int
 
   
Posted at 19:09/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!