一ノ倉沢〜秋のトレッキング

October 09 [Mon], 2017, 22:23
体育の日に、妻と二人で
谷川岳一ノ倉沢のトレッキングに行きました。

一ノ倉沢の紅葉はまだまだ…と思っていたのですが、
既に色づき始めていて、さわやかな空気のなか、紅葉も楽しめました。



何度来ても、一ノ倉沢の大絶壁は迫力があるし、特別です。
落差1000mの大岩壁は、見るものを圧倒します。

のんびりとトレッキングを楽しむことができました。

秋の北八ヶ岳を歩きました。

October 02 [Mon], 2017, 13:30
10月2日、運動会の振替休日の日、
北八ヶ岳に登ってきました。

亀甲池から北横岳、そして北横岳から大岳を経て双子池、
八ヶ岳の稜線でまだ歩いていないこの二つのコースを歩くこと、
それが今回の目標でした。

標高約2100mの大河原峠から、笹原を下って
天祥寺原を経て亀甲池へ。



そこから、急登を歩いて北横岳へ!
山頂は風が強く寒いほど…
少しだけ山頂にいて、七つ池まで下って休憩しました。



そのあと、もう一度北横岳に登り返すと、
この日はずっと曇っていたのに、
ガスが流れて、南八ヶ岳の山々が!さらに南アルプスの山までも見えました。
感激!…でしたね。



蓼科山も、ガスの合間から姿を見せてくれました。



北横岳から、こちらも未踏の大岳を経て、
岩だらけの急坂を下って双子池に向かいました。
すると、一本だけ、本当に目が覚めるように鮮やかな紅葉が!!



双子池に着きました。
飲料水としても使える雄池の畔で1時間ほどのんびりと過ごしました。



そして双子山を越えて、大河原峠に下山。

天気は、あまり良くなかったのですが、
天気が悪くても魅力的なのが北八ヶ岳のいいところ…
さらに、思いがけず!タイミングよく!どの山頂でも展望を楽しむことができ、
今回も、いい登山になりました。

南アルプスの女王、仙丈ヶ岳に登りました。

October 01 [Sun], 2017, 21:26
なかなかブログを更新できず、
山旅のブログも滞ってしまっていますよね。
とりあえず、夏以降に登った山のこと、少しだけ記しておきます。

まずは、8月25日の山行です。
8月最後の山行は南アルプスの仙丈ヶ岳でした。
夜中に出発し、高速を使って諏訪南ICへ、そこから枝折峠を越えて、
仙流荘のバス停へ!
平日なのに、登山者がたくさん!
マイクロバスも結局、5台出ました。

北沢峠から登山開始!
3000mの山なのに、稜線がなだらかなので、本当に歩きやすいです。
あっという間に、小仙丈ヶ岳に着きました。

ふり返ると、山頂部は雲に隠れて、なかなか姿を見せてくれなかった甲斐駒ヶ岳!



目の前には、見事なカールを抱えた南アルプスの女王、仙丈ヶ岳!



そして、深い谷を隔てて、今年も登った日本第二位の北岳と、
その向こうに日本最高峰の富士山!



この写真には写っていませんが、
第三位の間ノ岳も、雲におおわれながらも、その大きな山容を見せていました。
日本の山ワンツースリーを見たくて、
小仙丈ヶ岳で約1時間粘ったのですが、
この写真が、北岳が一番良く見えた瞬間でした。

このあと、仙丈ヶ岳に向かう途中で、
ガスにおおわれてきて、山頂手前で、展望は全くなくなってしまいました。

でも、南アルプスの女王、仙丈ヶ岳を楽しむことができた、
充実の山行になりました。


今日は「運動会」でした!

September 30 [Sat], 2017, 21:26
今日、小学校の運動会がありました。
子どもたちは、どの種目も、懸命に頑張っていました。
子どもたちの一途な姿って、ステキですよね。

徒競走は、ゴールを目指して一直線!
ロックソーランは、腰をしっかり落として、力いっぱい踊っていました。
そして今回、一番忘れられない「デカパンリレー」!
見事な団結力で、2位になることができました。

なあんだ。1位じゃなかったのかぁ。って思うかもしれませんね。
でも、2位でも、子どもたちは「ミラクルだ!」って大喜びだったんですよ。


どうしてかというと、
実は本番、前半で、デカパンの脱ぎ履きがうまくいかなくて、
ダントツの5位、最下位に落ちてしまったのです。
「あれだけ練習したのに〜」
でもそこから、驚異の追い上げを見せて、
最後には、あと少しで1位というところまでいったからです。

しかもうちのクラスには、
運動が極端に苦手な特別支援学級の子がいました。
ですから、みんながどんなにうまくやっても、1位は難しいだろうな…と思っていました。
それなのに、本番では前半で大きく出遅れ…。


それなのに、2位!
本当に子どもたちは頑張りました。
でもそれよりも何よりも、クラスの一体感が嬉しかったです。

最高の運動会になりました!



白峰三山、三日目の朝!

September 11 [Mon], 2017, 20:46
8月2日〜4日 白峰三山縦走

夜中に目が覚めて、空を眺めると、満天の星!
星空をどう撮ったらいいのか、よく分からず、
デジカメのシャッターを10分ほど押し続けてバルブ状態で撮った写真がこれ!



感度を変えて撮れば、もっと楽だったのに。もっとキレイに撮れたのに。
次回は、もっと上手に撮りたいなぁ。

そして朝焼け…



雲海の上に浮かぶ富士山が美しかったです。
そして、稜線三日目の朝日です。



きれいだったぁ〜
山での朝って、どうしてこんなに美しいんだろう。



でも、北岳山頂部を覆っている雲はとれていませんでした。
今回も、ダメかなぁ。いやいや、今回こそ!



そんなことを思いながら、
朝食を食べ、テントを片づけて、すべてザックにしまい、
北岳に向かって出発しました。

3000mの稜線のサンセット!

September 01 [Fri], 2017, 21:14
8月2日〜4日 白峰三山縦走

どんどん雲が流れて、青空が広がってきました。
テント場から稜線に上がると、
一日全く見えなかった展望が広がってきました。

北岳が見えてきました!



中白根山も見えてきました。



みんなは、テント場から稜線に上がったところで、
この絶景を楽しんでいましたが、
私は一人、少し中白根山のほうに登っていきました。

すると、さらに展望が開けていきました。
夕陽を浴びる稜線と左右に翼のように尾根を広げる北岳の美しい姿!
今回の山行で、稜線に上がってから、やっと見えた北岳!
嬉しかったぁ。





中白根山&間ノ岳への稜線も、オレンジ色に染まりました。
キレイ!!



ほんのりと染まる稜線…
刻々と変わっていく山の絶景!感動のサンセットでした。



陽が沈んでからテント場に戻ると、
雲海がテント場のすぐ近くまで上がってきて、ふしぎな景観に!



なんだか、そのまま雲の上を歩いて行けそう。

感動の3000mの稜線縦走でした!

August 31 [Thu], 2017, 21:49
8月2日〜4日 白峰三山縦走

行きよりも帰りのほうが展望を楽しめました。
西農鳥岳を過ぎたあたりから見える稜線!



こんなところを歩いてきたのかぁ。

農鳥小屋がはるか下に見えてきました。
そして雲が切れて、間ノ岳が一瞬だけ見えました。
改めて、間ノ岳のスケールの大きさに感動!!



農鳥小屋をあとにして、間ノ岳への斜面にかかりました。
ふり返ると…
こうして見えてくると、スッキリと晴れたときにまた来てみたい!
そう思います。



氷河が削り取ったU字谷がはっきりわかります。
すごい!!



間ノ岳の山腹を登り返し、山頂に戻ってきました。

間ノ岳山頂で30分ほど、のんびりと過ごしていると、
一瞬だけ、青空がのぞきました。

晴れていたらこのケルンの後ろに富士山が見えるんだけどなぁ。



4時前に、ほぼ予定通りにテント場に戻ってきました。

早速、夕食の準備をしていただき、
食後のコーヒーを飲みながら、農鳥岳への往復8時間!
充実の3000mの稜線漫歩をふり返りました。



今回の山行の目標が一つ達成!
あと一つは、三度目の正直で、北岳からの絶景を見ること!
そのためには、晴れてもらわないと…

明日は晴れるかなぁ。

そんなことを思っていると、
急に雲が切れて、雲海の上に富士山が見えました!



今回の山行で、初めて見る富士山です。
富士山を見ると、やっぱり嬉しくなってきますよね。


そして、このあと…!!

間ノ岳から農鳥岳へ

August 30 [Wed], 2017, 21:09
8月2日〜4日 白峰三山縦走

間ノ岳山頂!
味のある串団子型の標識はなくなり、
真新しい標識になっていました。



山頂は、先着が1名だけ。
しばらくしていると、その人は中白根方面に歩いて行ったので、
私一人だけ。
後続の登山者が来るまで、一人で静かに過ごせました。
残念ながら、展望は全くありませんでしたが、
気持ちは、ここから初めて歩く、農鳥岳への稜線へ!

わくわくしながら歩き出しました。



ガスの中なので、どこに歩いて行くんだろう…という感じでした。
とにかく、なんでこんなに大きいんだ…と思うほどの斜面をひたすら下ります。
こんな感じの斜面がずっと続きます。



こんなに大きな山は初めて!間ノ岳はすごい!!
山頂から1時間下ると、ようやくうわさの農鳥小屋!



記念に写真を撮って、すぐに西農鳥岳に向かいました。
ここからの登りが、結構きつかったのですが、
でも軽いアタックザックなので、いいペースで登っていけましたよ。

登り切ると、西農鳥岳の山頂の碑が見えてきました。
西農鳥岳は、標高3051m!農鳥岳よりも高いんですよね。



山頂で30分ぐらい過ごしたかな?
でも、展望は開けそうで開けませんでした。

ここから農鳥岳への稜線が、楽しかったぁ。
幾つものピークを越えたり巻いたり…
岩塊だらけのヤセ尾根もあって、南アルプスらしくなかったです。

ガスの中に台地状の農鳥岳が見えてきました。



一度下って、緩やかに登っていきます。
ザックが軽いので、先行の登山者を、あっという間に抜いてしまいましたぁ。



そして、ちょっと撮らせていただきました。
登山者を入れると、スケール感が出ますよね。



10:30農鳥岳山頂に着きました。
こちらは、串団子型の味のある標識でしたよ。
来年くらいには、無くなってしまうのかなぁ。



この時も、タイミングよく、山頂は自分一人だけ!
すぐに後続者が登ってきましたけどね。

展望は殆どありませんでしたが、
遂に白峰三山縦走を成し遂げた充実感でいっぱいでした。

おっと、今回はまだ北岳に登っていませんでした。
最終日に登ります。

その前に、来た道をまた4時間歩いて、
テント場まで戻らなければなりません。
でもせっかく上がった3000mの稜線をこのまま大門沢に下ってしまうよりは、
もう一日3000mの稜線を楽しめる今回のコースプランにして正解だなって思います。

30分ほど過ごしてから、さあ!戻ります。

中白根山からの絶景!

August 29 [Tue], 2017, 17:57
8月2日〜4日 白峰三山縦走

中白根山の東斜面には、
「秘密の花園」と呼ばれるお花畑があります。
北岳や間ノ岳をバックに広がるお花畑の眺めを楽しみにしていたのですが、

天気はもう一歩、お花畑もピークを過ぎてしまっていました。
でも、待っていると、雲が切れて山々が見えてきました。

北岳をバックに広がるお花畑…
鳳凰三山もくっきりと見えています。



晴れていたら、もっときれいだっただろうなぁ。
それは次回の楽しみにしましょう!

そして間ノ岳の眺め!
あ〜、晴れていたらなぁ。
でも、こうして見られるだけで、今回は満足です!



日本一長い3000mの稜線を歩きながら、
間ノ岳に向かいます。

稜線は、ところどころ、びっしりと高山植物が咲いています。



岩場をおおうように高山植物が!
わぁ〜!すごい!



岩陰には、ミヤマオダマキもキレイに咲いていました。



足元に咲く高山植物を楽しみながら、
間ノ岳への緩やかな稜線を登っていきます。



中白根山から約1時間、日本第三位の間ノ岳山頂の碑が見えてきました。



標高3000mの天空の散歩道、
まだまだ続きま〜す!

2学期がスタートしました!

August 28 [Mon], 2017, 21:41
今日から、2学期がスタートです。
去年から、8月中に2学期が始まるようになったのですが、
やはり違和感がありますね。(苦笑)

それはそれとして…

朝、子どもたちが次々と、元気に教室に入ってくると、
学校が息を吹き返したみたいです。
やっぱり、子どもがいてこその学校ですよね。

日焼けしてたくましくなった子どもたち、
1ヶ月会わないうちに、ぐんと大きくなった感じがします。

さあ!2学期もがんばるぞ〜!

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gliga
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像gliga
» 金沢&白川郷に行きました! (2017年08月27日)
アイコン画像Berryのママ
» 金沢&白川郷に行きました! (2017年08月24日)
アイコン画像gliga
» 金沢&白川郷に行きました! (2017年08月23日)
アイコン画像とんたん
» 金沢&白川郷に行きました! (2017年08月23日)
アイコン画像gliga
» 鳳凰山〜無事に下山しました! (2017年05月13日)
アイコン画像Berryのママ
» 鳳凰山〜無事に下山しました! (2017年05月13日)
アイコン画像gliga
» 冬の谷川岳登山〜無事に下山しました! (2017年04月23日)
アイコン画像Berryのママ
» 冬の谷川岳登山〜無事に下山しました! (2017年04月08日)
アイコン画像gliga
» 冬の硫黄岳からの絶景! (2017年01月28日)
アイコン画像Berryのママ
» 冬の硫黄岳からの絶景! (2017年01月27日)
Yapme!一覧
読者になる