無宗教の私が思うこと 4

June 16 [Thu], 2011, 3:06
両方の映画や、そのジャーナリストさんの本を読んで、私はこの人なら本当のことを教えてくれるかもしれないと思い、質問をぶけてみた。どうして戦争をするんですかと。その質問に対してすぐに返ってきたのはそれはどういうことというので、私は自分が率直に今まで持っていた疑問をぶけてみた。ん。世界には悪い独裁者がいて、その人をやっけるために、その犠牲になっている人を助けるために、救うために戦争をするんですかと。その人は質問する私の目をじっとみめてしっかり質問を聞き入れてくれた上で、こう返してくれた。そんなわけないでしょ。えと思った。違うんですか違うよと笑いながら答えてくれた。続いて、私はもう一冊読み終えたばかりの見ず知らずのジャーナリストが書いた、発展途上国の伝染病で死にゆく子ども達や飢餓で生きることの難しさ、今後の世界飢餓を綴った内容の本から疑問に思った質問もぶけてみた。世界は今後、食料危機になるんですか私の読んだ本にはそう書いてありました。世界は今後人口が増え続けると間違いなく食料飢餓になり、今や世界には食料が不足しているから飢えて死ぬゆく国があるってすると、その人はこう言った。うん。その食料危機がどこに水準を合わせるかで違ってくるでしょ日本やアメリカや、そのほかのいわゆる先進国に水準を合わせたら足りないだろうし、だからと言って飢餓でもないと思うけどなぁ。例えば、レストランやスーパーなんかでは毎日食料が捨てるほどあるでしょあれが足りないところに補えれば、飢餓ってこともないんじゃないのかなぁなるほどなぁ、と思った。でも、世界には確かに飢餓で飢えている子供がいるし、貧しい国もある。どうなってるのと思った。もっと知りたいけど、知るには限界があって、全てが全て正確な情報というわけではないし、その情報がどこに水準を合わせているのかも、どこに基準を置いて見ているのかも確かではない。それでも確かに、私は平均の取れない世の中で、食料に関しては偏った恵まれている方の国にいることは確かだ。私は質問をぶけてみて、更なる疑問が自分の中に生まれたことをとりあえず実感した。疑問とは世界ってなにということとだった。それは戦争も含めた食料飢餓の謎だった。づく。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:glftfwgbkr
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/glftfwgbkr/index1_0.rdf