ばっさーと安江

July 09 [Sat], 2016, 8:04
介護士がかぶる帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。

けれども、昨今では、介護士のユニフォームも変わりつつあり、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。

特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのはちょっとさみしくも感じられますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。介護施設で介護士として働く場合、勤務時間が一定でないことに加え、過酷な労働環境だということも相まって、違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、案外、介護士資格は違う職種の現場においても役立てられることがよくあるといいます。いくつか例を挙げるならば、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。

法律において、介護士というものは医師の診療を補助する役割と定められています。介護行為を行うことは、原則として認められていませんが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますただ、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、切迫した状態では、キャリアのある介護士には介護行為も少しぐらいは許可されてもいいのではないかと考えています。ハードながらもしっかり稼げるお仕事、介護士を目指したいのであれば、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、たやすい部類に入るのではないでしょうか。さて、介護士を養成するための機関といいますと看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる看護大学や学部の人気が高まっているようです。



私が介護士になった理由はまだ中学生の頃に、職業体験というものがあったのですが、介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた介護士さんに感銘を受けたのがきっかけとなりました。
将来的にはこんな風に働きたいと考えたことが端緒となり看護学校に入学することを決め、今は介護士として働いています。大変なこともあるのですが、介護士になってよかったです。

他の一般的な職業と、介護士の収入などを比べたデータによると、平均年収という一点では明らかに介護士の方が多いです。
それから、介護士という仕事は介護機関を中心に需要はいつでもある訳ですから、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような点も、人気職である所以かもしれません。


ただ、良い面ばかりではありません。高給取りなのは間違いありませんが、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。

少し長く介護士をしてきておりますが、ちょっと気になることがあって、介護士というのは喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、介護士としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。

しかし、別の業界と比べてみたら、きっとまだまだ高い喫煙率を示すでしょう。


そして、飲み会などでみかける、介護士たちの酔っ払い方はまあ、お察しの通りです。ちなみに酒豪が多いです。こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。あなたは「介護士」と聞くとどのような印象を受けますか?白衣の天使という呼称があるほど、往々にして、印象良くとらえているという人が多いでしょう。

けれども、実際の介護士の働き方を見てみると、もちろん待遇はそれなりですが、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている介護士も多数いるのです。肯定的側面を見るだけではなく、現実問題として介護士の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。仕事を続けながら、妊娠を継続させている介護士は大勢いますが、気を付けてほしいことは絶対に放射線を直に浴びることのないようにする、というものです。CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は介護施設には多いですから、細心の注意を払ってほしいところです。



それから、薬についてですが妊婦にとって危険な、強い薬に接することもあり、軽く考えない方が良いでしょう。
勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。



それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。



私の仕事は介護施設事務です。
通常、介護士さんと一緒に仕事をするということはないのですが、常にみなさん忙しく働かれています。

家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。
ですが、予想よりも上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、子供を連れてきている介護士さんが結構目立つんです。

先生達も、歓迎している様子でしたし、アットホームな雰囲気でした。

介護士が働ける場所というのは介護施設に限りません。「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においても介護士は必要とされています。こういったグループホームに入所している方は、認知症患者の方であるため、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。



介護関係に携わりたいという介護士の方は、グループホームに就職するという選択肢も前向きに考えていいのではないでしょうか。

同じ介護施設に長く勤務していると昇進し、階級が上がることがあります。


例えば、婦長という階級は誰でも知っている役職ですが、これ以外にも、階級ごとに主任や総介護士長といった役職があります。最近では、学生やパートの介護士も少なくありませんので、国家試験をパスした正看ともなればそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。



大方の場合、キツイと考えられがちな介護士の仕事。労働時間が労働基準である8時間以内で済むのは個人医院またはクリニックのように、夜勤帯の勤務のないような勤務先を除いては、まれだと思います。
例えば二交代制の介護施設勤務だと、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。
こういった長時間労働の現実も介護士が大変だと思われる一因だと思います。職場を移りたい、と考える介護士は意外なほど多いようです。どこの介護機関でも、介護士は人手不足になりがちで、結果として、求人が大変多いわけです。例えば今現在、勤め先でハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、人が少なすぎて全然休むことができない、というように、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。

現在の職場よりもよい待遇を期待するなどの理由で転職を考えているのであれば、できれば給料とか労働条件だけではなくて、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミなどがわかると良いでしょう。
介護士は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。

どんな時やりがいを感じるかですが、回復して退院した患者さんが、後々わざわざ介護施設まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。
それから、患者さんの家族の人たちに感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、大変に感動したりします。



生活は不規則になるし、ストレスはたまるし、介護士の仕事はとても大変です。



なので、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、介護士を辞めることを願い、悩んでしまうと思うのです。一般的に、介護士として勤務する人は多くが女性ですので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。それから、働く時間が規則的でないこととか、キツい仕事だということも原因となり、離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。



自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚へつながる一因とも考えられます。



休みが不規則なイメージのある介護士ですが、職場次第で土日を休みにしたければ、そうすることもできます。



病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、土日を休みにできるでしょう。


何か急な事態によって呼び出されたり、休日診療に出ることになったりもしますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。それから個人経営の介護施設で、入院施設のないところなら、そういったところは高い確率で土日は休めるようになっているでしょう。


国外で介護的な支援を求めている人々に、介護に携わる者として何かできる事がないのかという考えを持った介護士の方が増えています。実際に、日本の介護士は海外からの需要が高く、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る介護士が求められているのです。
当然ですが、海外では医師や患者と意思疎通をはかる上で、英語を話せることが絶対条件になります。



介護士として海外で働きたい場合、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。


社会に出たばかりの新卒介護士や、別の介護機関から転職してきたばかりの介護士に多いのですが、労働に見合うだけの残業手当が出ないという職場があるといいます。

残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、労働者が新人かどうかは別の話で労働基準法に反した行為です。残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、せっかく働いたのならその時間分、働いた人に支給されるべきでしょう。
出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、介護士のこれは多いです。
そんな風に、再就職ができるのか、できないのかというのは辞めた状況により変わってきます。


多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。
こうしたケースは、実際にとても多いようです。それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして出戻ってきて、働く人も増加中です。


昔はあまりメジャーではなかった介護士の能力評価に関して、これは多くの介護施設で行われるようになっています。



ちゃんと個人個人の能力について測定し、評価をつけられるよう、指標をはじめから作っていったところもあります。そして、この能力評価を月に一度の定例にしている所もあり、じっくり時間をかけて一年に一度だけ、という介護施設もあります。このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。
比較的、高い給料をもらえる介護士ではありますが、職場の規模の大小、公立か個人介護施設かなどによって、全く異なってくるようです。退職する時に出る手当である、退職金については、国立や公立の介護機関の場合は、介護士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、納得のいく額が支払われることになるでしょう。個人介護施設はどうなっているかというと、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、結局は院長先生の考え次第となるようです。決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立介護施設を選ぶと良いでしょう。



介護施設で介護士として働いていた知人は、大病を患ってしまっていったん退職しました。
でも、病気を治したら復職して介護施設で介護士としての仕事を続けているのです。

数か月間、仕事から離れていても、役に立つ資格があったら復帰も早いと思います。

再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。


初めて介護士として働こうと思っても、就職先が決まらず困っている話を聞きますが、年齢が原因になっている可能性があります。実際の求人には表面上年齢について書いていない場合も、介護施設側の事情で採用に関する制限を決められていることも、珍しくないのです。



例えば、未経験で30代以上の方が初めて介護士として働くといった場合では厳しいケースが多いです。



健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、このところ次第に介護的な処置を必要とする人々が増えてます。

そうなってくると、医師と介護士もどれだけいても足りないという程、現在、介護機関はどこでも人手不足のようです。


しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、介護士は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるという大きなメリットもあります。
介護士というものは「特殊な仕事だ」と考えられる方もいらっしゃいますが、やっぱり、労働組合のようなものがなければ雇用条件において不利になることも生じて、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。ストライキを起こすことも介護士は難しいので、経営者サイドが適切に配慮することが重要であるということに疑いの余地はありません。
多くの介護施設で介護士不足が叫ばれていますが、これは大きな問題です。理由としては、仕事に追われる介護士の厳しい労働環境があります。
最近、医師が行っていた一部の介護行為を介護士が担当できるようになったことで仕事が増加する一方になり、勤務時間も長時間になって、休みも簡単には取れません。また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、介護士を退職する人も珍しくありません。どうやら介護士の世界においては、人間関係の難しさが際立っているといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、単純に介護士の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。



なにしろ、女性はすぐにグループを作って何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。そんな職場の人間関係がわかってくるとあまり良い気分もしないでしょうが、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことはわかっておけば、冷静でいられるでしょう。昔読んだ本の影響で、介護士になりたいと思っていました。



しかし、家庭の都合から、企業に就職して会社員としてしばらく働きました。しかし、介護士になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。


無資格でも看護関係の仕事に就くという事も出来ますが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。


すると、介護施設で看護助手として勤めながら介護士資格を取る方法があることを知りました。


子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。
介護士の仕事といっても、それぞれの科の診察内容次第で、介護士に求められる技術や処置もまた違います。ローテーション研修はひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。


また、視野を広げて、知識を深められるでしょう。
将来を考えるキッカケになりますから、やる気も湧いてきます。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユイ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる