「検査に行くということ」|AC公共広告機構

March 15 [Sun], 2009, 4:45
エイズ予防財団2008年度支援キャンペーン


     ↑電車中吊り広告、新聞バージョン

もっと自分を知ってください - テーマ 「エイズ検査の促進」

広告会社:(株)アサツー ディ・ケイ、
制作会社:(株)ピクチャーズ
掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌/ポスター



 ACホームページより
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 ポスター 『自分をもっと知ってください〜検査に行くということ〜』 



007年度キャンペーンで好評を博したGLAYのTERUさん出演の第二弾。
実際にエイズ検査を受けるTERUさんの姿が、検査人数の増加につながりました。
より踏み込んだメッセージで、エイズ検査のさらなる促進に結びつけます。
http://www.ad-c.or.jp/campaign/support/03/



 エイズ予防財団発行:エイズリポートより
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


公共広告機構のHIV検査促進広告は引き続きGLAY のTERUさん

2008年度(平成20年7月〜平成21年6月)の公共広告機構(AC)の広告では、
昨年度に引き続き、GLAY のTERUさんが、
HIV 検査を促進するためのメッセージを発信しています。

キャッチコピーは、

  「もっと自分を知ってください」

広告の中でTERU さんは次のように訴えています。

「HIV に感染していても10 年以上気づかない人がいる。
無症状のうちに、自分から大切な人に感染してしまう可能性がある。
だから、HIV/ エイズは自分にとって身近な問題だと気づいて欲しい。
まだ検査を受けていない人がいたら受けて欲しい。」

(財)エイズ予防財団発行:エイズリポート
http://api-net.jfap.or.jp/aidsreport/81.pdf



 CM
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


2008年7月1日よりオンエア


------------------------------------------
●TERUさん
女性ナレーター (ラジオ/TV ※一部テロップのみ)
------------------------------------------

GLAYのTERUさんからのメッセージです。


●TERUさん
  あなたはHIVに感染していないと言えますか。
  ボクは、検査を受けました。


●TERUさん
  もしまだ検査を受けてない人がいたら
  ぜひ検査を受けてほしいです。

HIVに感染していても10年以上気づかない人がいます。
今では早期治療により、エイズの発症を抑えることも可能です。
是非、保健所のエイズ検査へ。
無料・匿名です。

●TERUさん
  もっと自分を知ってください。

この活動はACが支援しています。

AC〜♪


  新聞掲載情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




GLAY official - HAPPY SWING SPACE SITE
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

NEWS - 2008.07.03
TERU 、ACのCM第2弾オンエアスタート
TERUが出演するAC(公共広告機構)のCM第2弾が、7月1日からオンエア。
http://www.glay.co.jp/cgi-bin/free/information/index.cgi

<CMストリーミング:GLAYオフィシャルサイト>
当サイトでご覧いただけるのは、30秒バージョンと60秒バージョンです。
※ご覧いただくには、Windows Media Playerが必要です。

60秒バージョン(2007年版、2008年版と30秒ずつ)
http://www.glay.co.jp/free/streaming/wmp_b.html?/glay/movie/ac/cm60.wmv
30秒バージョン
http://www.glay.co.jp/free/streaming/wmp_b.html?/glay/movie/ac/cm30.wmv



 関連リンク
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

エイズ予防財団 
http://www.jfap.or.jp/
AC公共広告機構 
http://www.ad-c.or.jp/index.html
TERU ME ブログ RED RIBBON
http://teru-me-night.seesaa.net/category/2712823-1.html
TERU ME ブログ AC
http://teru-me-night.seesaa.net/article/103206692.html

TERU登場|AC公共広告機構

March 13 [Fri], 2009, 17:20
エイズ予防財団2007年度支援キャンペーン


     ↑電車中吊り広告、新聞バージョン

TERU登場 - テーマ 「エイズ検査の促進」
平成19年の支援キャンペーンは,GLAYのTERUさんによるCMが決定し,
この7月から1年間キャンペーンが実施されます。
TERUさんがHIV検査を実際に受けて,検査についてのメッセージを発信する内容で,
大きな効果が期待されています。

広告会社:(株)アサツー ディ・ケイ、
制作会社:(株)ピクチャーズ
掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌/ポスター


 2007年 (エイズ予防財団) リポートより
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 ポスター 『GLAYのTERUさんHIV検査を受けに行く』 



(ACホームページより) エイズについての理解が深く、
世界のエイズデーなどにも積極的に参加しているGLAYのTERUさんが出演。
本人が検査に訪れた際のシーンを紹介しながら、
「エイズは早期発見で発症を抑えられます」と検査を呼びかけます。
http://www.ad-c.or.jp/campaign/work/2007/

 エイズ検査のCMにGLAY TERU登場!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



ポスターとか盗まれそうですが←
AC公共広告機構エイズ検査のCMで、
われらが?GLAYのTERUさんが検査をよびかけています。
CMでは、実際に検査に行っているシーンがCMで扱われてて、
インパクトもかなり大きいです。

日本を代表するロックバンドのフロントマンとして知名度の高い彼が、
オピニオンリーダー的存在となることで、
深く世論に、幅広い層に啓発活動が可能になると思われます。

 CM
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




------------------------------------------
●TERUさん
女性ナレーター (ラジオ/TV ※一部テロップのみ)
------------------------------------------

2007年4月26日 GLAYのTERUさんは、エイズ検査へ向かいました。

   ●ちゃんと検査しておいた方がいいですよね。
     自分のためにも、大切な人のためにも。

もし、HIVに感染していても、諦めることはありません。
早期治療がエイズの発症を遅らせます。
あなたの生活を続けることも可能です。

   ●大切な人を守り続ける為に、ぼくはここにきました。

エイズ検査は、保健所へ。
無料、匿名です。
ACはこの活動を支援しています。


AC〜♪



  新聞掲載情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

<広告>
2007年8月27日 読売新聞、日経新聞?
2007年11月5日 新聞社不明

<広告、記事>
2008年1月12日 読売新聞 - ヨミウリ・ジュニア・プレス
http://www.yomiuri.co.jp/junior/articles_2008/080112.htm



 関連リンク
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

エイズ予防財団 
http://www.jfap.or.jp/
AC公共広告機構 
http://www.ad-c.or.jp/index.html
TERU ME ブログ RED RIBBON
http://teru-me-night.seesaa.net/category/2712823-1.html

RAIN

March 13 [Fri], 2009, 0:38
『RAIN』






















作詞:YOSHIKI
作曲:YOSHIKI/TAKURO

発売日: 1994年5月25日
レーベル:プラチナム・レコード

GLAYのデビュー・シングル。
いきなり10万枚を越えるスマッシュヒットを記録!

<エピソード>
・RAINの原型
函館での高校卒業ライブでも披露され、
1993年にリリースしたデモテープ「SPEED POP」に収められている、
「JULIA(reason for so long)」が原型と言われている。
TAKUROが16歳の頃に作った曲らしい。

・YOSHIKIのアレンジ
ストリングスを多用したのはYOSHIKIのアレンジ。
後半からYOSHIKIが弾くピアノが出てくる。
TAKUROの提案でYOSHIKIにピアノを弾いてもらった。
当時、知名度の低かったGLAYを注目させるため。


<収録曲>
@ RAIN
  作詞:YOSHIKI 作曲:YOSHIKI/TAKURO 編曲:YOSHIKI

A RAIN (オリジナル・カラオケ)


<PV - プロモーションビデオ>



収録 − 「VIDEO GLAY」、『RAIN』のPVの撮影

見所は妖艶!?なメンバーのビジュアル!
そして最初のサビの前にTERUがCGになる演出!?


<タイアップ>
・東宝映画「ヤマトタケル」主題歌
・TBSテレビアニメ「ヤマトタケル」初代エンディングテーマ

※タイアップ先のアニメのOPは「真夏の扉」
  アニメ側が発売したビデオにはこの楽曲は未収録。

<収録アルバムとバージョン>
・SPEED POP    → 出だしの雨の音がカットされている)
・灰とダイヤモンド  → シングルバージョンに同じ
・ロックバージョン   → 「GLAY EXPO '99 SURVIVAL」 のアンコールで披露


エピソード - メンバーの間で「RAIN」という曲は?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


●今日はシングルを順番にたどってGLAYの進化を振り返ろうと思うのですが、まず1stシングルの「RAIN」。この曲はデビュー曲にも関わらずすごく豪華な仕上がりで、完成された印象があります。メンバーには、どういう印象が残っていますか。

TAKURO(G):自分達の運命が変わった1曲とは言えますよね。デビューのきっかけになったデモテープを作るときに、思い付きでこの曲の原曲を入れなかったら、スタッフの手に渡ることもなかったし、YOSHIKIさんにプロデュースされることもなかったから。他にも何曲か候補があった中でこの曲を選んでくれたっていうのもまた不思議なものだし、ちょっとした運命を感じる曲ではあるなあ。当時のバンドの状況を考えると、この曲が94年前後のGLAYをすごい引っ張っていたっていうか。

●当時はメジャーデビューということで、バンドとしてはすごく盛り上がっていたんでしょうかね。

JIRO(B):バンドはひどかったと思うな。ドラム探しに追われてて、そのせいで何もかもダメになってた。『BEAT out!』(2ndアルバム)からGLAYは変わったと思うんだけど、それは絶対にNAGAI(TOSHI)さんというドラマーがいることによってみんなが安心したからだと思う。やっと自分達の才能をバンドで開花させることができたと言うか。それまではライブをやるにしても、作品を作るにしても、まずドラマーへの自己紹介から始まったから、それがうっとうしくてイヤでしょうがなかった。

●YOSHIKIさんのプロデュースに、タイアップまで付いて華やかにデビューしたにも関わらず…。

JIRO:うん。それに自分達がどう見られたいのかってことも把握してなくて、手探りの状態だったから、すごい試行錯誤してた。インディーズのころの方がそういう部分は開放的だったような気がするよね。

HISASHI(G):メジャーって領域を、変に大きく考えてたんじゃないかな。デビューしたころはね、自分達をすごく低く評価してた。まあ、そういう自分に後で気付くというのもすごく大切で、ムダな時間じゃないと思うんだけれども。そういう時期ってありますよね。



●「RAIN」という曲に対して、今はどういうふうにとらえているんですか。この曲ってライブであまりやりませんよね。

TAKURO:他の曲と同じぐらい愛情はあるし。

JIRO:でもやっぱりこの曲ってデリケートなんだよね。

TAKURO:うん。ライブでは再現できない。もしこの曲の(YOSHIKIが弾いた)ピアノを再現するとしたら、納得できるやり方がないんですよ。前回のツアーでは何曲かはあったけれども、俺達はライブで打ち込みとかあんまり使いたくないわけで、使うってなるまでにいろんな試行錯誤があるんですね。それに「RAIN」は俺達の曲なんだけど、バンド以外の第三者との共作だったっていう意識がすごいある。曲をプロデュースされるという今の佐久間さんとのような関係じゃなくて、プロデュースを含めた上で詞も曲も一緒に作ったという意識が強い。だからライブでできないし、やらないんだと思う。

JIRO:でも、やっぱり一番きれいな作品だよね。作り方からテイクからすべて。完成度とかも高いよね。

TAKURO:だってL.A.録音だもん(笑)。ボーカルのハーモニーとかもすごいきれいだし。

TERU(Vo):最近でも「RAIN」が聴きたいっていう子達は多いんですよ。それだけファンの中でも大切な曲になってるんじゃないかなと思いますね。この曲でデビューして、それで出会えた子達も今のファンの中にはたくさんいるし。

JIRO:当時はすぐにメジャーデビューとは考えてなかったからそれは誤算だったし、「Produced by YOSHIKI」というのが最初のころは思ってた以上に大きくて、それを取り払うにはどうしたらいいかとか、逆に(YOSHIKIに)貢献したいって頑張ってたんだけど、それがあったからこそここまで頑張れたような気がするんですよね。普通にデビューしてたら、ここまでの踏ん張りはなかったかもしれない。 


出典:http://www.j-rock.com/back_intime/97_8/9783/9783.html より引用

Discography - DVD/VHS

March 11 [Wed], 2009, 15:06
◆PV集

・VIDEO GLAY
・VIDEO GLAY2
・VIDEO GLAY3
・VIDEO GLAY4
・VIDEO GLAY5
・VIDEO GLAY6

・GLAY BEST VIDEO CLIPS 1994-1998


◆ライブビデオ

・無限のdéjà vu DOCUMENT of "BEAT out!" TOURS
・無限のdéjà vu 海賊版
・HIT THE WORLD 〜GLAY Arena Tour '97 at YOYOGIDAIICHITAIIKUKAN
・“pure soul”TOUR '98
・“SUMMER of '98”pure soul in STADIUM
・DOME TOUR pure soul 1999 LIVE IN BIG EGG
・GLAY EXPO '99 SURVIVAL LIVE IN MAKUHARI
・GLAY EXPO 2001 GLOBAL COMMUNICATION LIVE IN HOKKAIDO SPECIAL EDITION
・GLAY EXPO 2001 GLOBAL COMMUNICATION LIVE IN HOKKAIDO
・GLAY DOME TOUR 2001-2002 ONE LOVE
・GLAY HIGHCOMMUNICATIONS 2003
・GLAY Acoustic Live in 日本武道館 produced by JIRO
・GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”in SAITAMA SUPER ARENA
・GLAY EXPO 2001“GLOBAL COMMUNICATION”in TOKYO STADIUM
・LOVES & THANKS 〜波動する心音〜
 (GLAY EXPO 2004 in UNIVERSAL STUDIOS JAPAN“THE FRUSTRATED”)
・10th Anniversary Year Final GLAY DOME TOUR 2005“WHITE ROAD”in TOKYO DOME
・Re-birth 〜ROCK'N' ROLL SWINDLE at NIPPONBUDOUKAN〜
・GLAY ARENA TOUR 2007“LOVE IS BEAUTIFUL”-COMPLETE EDITION-

◆ドキュメント

・The Complete of THE FRUSTRATED-RECOEDING DOCUMENT&LIVE
・日中国交正常化三十周年特別記念コンサート GLAY ONE LOVE in 北京 LIVE&DOCUMENT

◆BOX

・LIVE DVD BOX vol.1(includes LIVE DVD 3 Titles & GLAY Perfect Data 1994-2004)

Discography - Albums

March 11 [Wed], 2009, 13:11
◆インディーズ

灰とダイヤモンド

◆オリジナルアルバム

1st SPEED POP
2nd BEAT out!
3rd BELOVED
4th pure soul
5th HEAVY GAUGE
6th ONE LOVE
7th UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY
8th THE FRUSTRATED
9th LOVE IS BEAUTIFUL


◆ベストアルバム

ベストアルバム    REVIEW-BEST OF GLAY
ベストアルバム    DRIVE-GLAY complete BEST
裏ベストアルバム  rare collectives vol.1
裏ベストアルバム  rare collectives vol.2
バラードベスト    -Ballad Best Singles- WHITE ROAD


◆サウンドトラック

GLAY SONG BOOK 〜「略奪愛・アブない女」オリジナル・サウンドトラック
映画版「未来日記」 オリジナル・サウンドトラック
Flow of Soul vol.1 〜TAKURO meets Vanessa-Mae〜
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:MARRY
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-  GLAY
    ・旅行-  函館、幕張、LA
    ・語学-  TERU語録
読者になる

GLAY大好き!

Beautiful Dreamer
- マリのStreet Life♪

◆REVIEW
〜 GLAY軌跡 〜

 と

◆ここではない、どこかへ
〜GLAYのこれから、
        最新情報〜

をつづるBlog♪

Since 2009.3.4
カテゴリアーカイブ
P R
2009年03月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる