緑内障の治療
2009.01.10 [Sat] 23:31

レーシックを受けたいと思っているのに緑内障であるからレーシックが受けられないという人も中にはいると思います。レーシックを受けたいなら緑内障の予防をしなければいけません。
そのためにはレーシックを受けられなくなるような緑内障の症状や原因が思い当たる場合には早めに病院へ行って検査をしてもらう必要があるのではないでしょうか。
レーシックが受けられなくなってしまう緑内障は手術をすれば治療可能ですし、早期発見ならまだ間に合います。レーシックを受けることができない緑内障は眼圧が高いことが原因で視界が狭まってしまう症状が現れますが、手術や治療をしていけば大丈夫です。そのまま放っておくと失明する危険性も高いといわれている緑内障ですから早めの予防や対策が必要ですね。
レーシックの治療を受ける条件として緑内障でないことが挙げられているくらいですから、レーシックを受けたいと思っている人は特に検診などを受けて緑内障予防に努める必要があります。


参考サイト
眼球の運動なら川村式視力回復法
ニンテンドーDSの川村博士の視力回復トレーニング
視力回復トレーニングのジニアスeye 効果なしとの評判
 

レーシックとの関係
2009.01.10 [Sat] 23:30

レーシックは緑内障の人には施すことができませんが、
レーシックが受けたいと思っている人は緑内障予防に常日頃から
努めなければなりません。


まずレーシックが受けられない緑内障の原因というのは、目の内側の眼球の圧力が高くなってしまったことから緑内障になってしまいます。
しかもほとんどの緑内障にかかった人は原因がわからないまま緑内障になることが多いので、レーシックを受けたいと思っているのであれば、緑内障にかかっていないか検診を受けて緑内障予防に努めなければいけません。
レーシックが不可能だといわれている緑内障は血縁者の中に緑内障の人がいる場合や、近視の強い人、低血圧の人や頭痛がある人、冷え性の人などがかかりやすいといわれていますから、レーシックが不可能な緑内障にならないためにも緑内障の症状が現れたら早めに緑内障の治療や緑内障の手術を受けることをお勧めします。
レーシックを行っている病院の中には緑内障の名医と呼ばれている人もいますから探してみてはいかがでしょうか。

参考サイト
視力回復ゲームで眼筋トレーニング
外眼筋で眼筋のストレッチ






 

緑内障とは
2009.01.10 [Sat] 23:28

レーシック手術を受けたい人の中で緑内障にかかっているという人はレーシックの手術を受けることができないことになっています。
レーシックが受けれない緑内障症状というのは、どのような症状なのかというと、視神経が目の眼圧が高いことから障害されて、視野が狭くなってくるというのが緑内障の症状です。
レーシックが受けられない緑内障は一度かかってしまったらもう治りませんから、緑内障は失明するともいわれていてとても怖い目の病気です。
レーシックを受けたいけど緑内障だという人は、残念ですが、レーシックよりの緑内障の治療を優先した方がいいと思います。今緑内障は40歳以上で17人に1人がかかってしまうといわれていますし、年々若年化も進んでいるといわれています。
レーシックが受けれない緑内障は早期発見すれば緑内障を予防することも十分に可能ですし、緑内障の早期治療が重要ですからレーシックが受けられない緑内障になる前に、眼科へ行って検査をしてもらうようにおすすめします。



14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"