輝きの向こう側へ ※劇マス感想含なので未視聴者バイバイ

January 29 [Wed], 2014, 17:31
久々にブログを書くことにしました。だんじて「モバマスのイベントが暇だから時間つぶしがしたい」とかいう理由ではなく、アイドルマスターの記念すべき劇場版ということで、少ないなりにもこの作品に関わったプロデューサーのひとりとして自分の思いをカタチにしておこうというこの意識の高い。



最速上映を含めた土日はおしごととかリスアニとかがあって、結局月曜日に見に行くことになりました。バルログできないリスアニは推せません。クリアファイルガチャは春香美希亜美の三人が映っているものだったので、だれかやよいが映ってる奴と交換して下さい。

それはさておき早速感想なのですが、とても素晴らしかったですね。特にラストのライブシーンは3DCGをふんだんに使っていて…あれ?
冗談です。 ラ!のアニメでも思っていたのですが私はどうにもこの手のCGが苦手で、まだぱっと見で手描きと合わせてみても違和感を感じないレベルというのにはきびしいのかな…と思いました。贅沢でしょうか。特に手前と奥の子でそれぞれ使っている時についつい奥の方を見て「うーん」となってしまったり、いやさすがに1曲分を劇場クオリティで全部描けとか言うのもなんなんですけど。



肝心の内容ですがまだ一回しか観ていないので個人的に気になったところだけ書いておこうと思います。
とりあえず今はソシャゲ勢なので、そういう話にします。

今作ではアニメ版の続きの話ということで765プロと、アニメでは特に出番なかったけど(サービス始まる前なんだから当たり前だ)GREEで展開中のアイドルマスターミリオンライブ(以下グリマス)の子たちが一部登場しています。
やれグリのテコ入れだの言われてしまうのは少し悲しかったですが、まあそう見えてしまうのもやむなし。

特にアイドルマスターのメインヒロインであるわた、天海春香ちゃんと共通点の多い矢吹可奈ちゃんを中心にお話が展開していくわけですが、このグリマスの子たちの扱いが少し残念な気がしました。
個人的にもこの劇場版であまり出しゃばってほしくないという気持ちもあり、上映前まではそこまで大した出番もないだろうと思いましたが、事前に彼女たちのことを知らなかった人たちにとって彼女たちのことがどう映ったのかは気になります。志保とか完全にいけ好かないやつみたいでしたもん。辛みあります。
杏奈ちゃんも終始ずっとしょんぼりモードだったのも不満といえば不満でしたが…。



劇場版を見て、グリマスの子とか全然知らなかったけど彼女たちに興味を持ってくれるプロデューサーがどれだけ居るのかなあという。課金しろとかそういう話ではないですよ…。
ゲームの方では別にレアなカードとかなくても殆ど描かれなかった彼女たちの素の部分などにも触れることが出来るので、興味があったら触ってみるのもおすすめします。
GREEに個人情報渡したくない人は適当なフリメで捨て垢作って下さい(電話番号認証していないと不便ですが)。



涼ちんなんであんな徹底的に見切れとるn…



劇場版はアニメにとどまらず、アイドルマスターという作品自体に対して今まで積み重ねてきた思い出補正を全開にして見るものだと思うので細かい部分をどうこういうのも僕の感想らしくないなあと思います。
初めてこの作品に触れたのがアーケード稼働直後の秋葉原heyで、「時代が追いついてないすぎる…」と思ってそれ以降特に関わることも無かったのですが、SPで戻ってきました。それからというものずっとアイマスアイマスアイマス…。

私にとっては実質たった4年間そこそこでしたが、その間だけでもとてもたくさんのことがありました。書ききれません。

アーケードゲームから始まり、XBOX版とニコニコ動画などでのあれやそれやで一気に火が付いて、PSP版でさらに多くの人に触れる機会が訪れ、ディアリースターズで今までとは全く違ったアイマスの世界を描き、アイマス2…?ああそんなものもあったね…その他漫画などのメディアミックス展開、そうした積み重ねの上でのアニメ版、そしてついに約9年の歳月を経てついに劇場版というカタチになった。というだけで劇場版に関しては正直満足です。ごちそうさまでした。っていう話です。



しぶりんだあああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ちょっと涙吐いた。なんでしょう、モバマスに関しては完全に別路線でやってると思っていたし、全然こういう絡みを期待していなかったんですけどね。
止め絵だしおんなじような格好している似たような子みたいなひねた思考もいいですがあれは渋谷の凛ちゃんでしょう。
あれをスクランブル交差点を見たまだアイドルでもなんでもなかった一般人の凛ちゃんも後々に「あんたがプロデューサー?」とか言っちゃうのアリだと思います。はい。
私的にアニマスは好きな作品では無いのですが(理由は面倒なので省略)、展開自体は全然歓迎ですし、グリマスもモバマスもアイマスの可能性が広がって楽しいなって思いますし。

だいたいゲーム的にダメだなんていう理由でソシャゲ勢批判するなら2とかいうクソゲーは一体なんなんだって話です。



劇場版というひとつの大きなあれを迎えてしまったわけですが、私もまだまだこれからもぷろでぅーさーでありたいと思っています。ただ、今だけは少し感慨に浸っていてもいいかもしれませんね。

(飽きたのでもう終わりにします)
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:グラッセ
読者になる
2014年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる