ォァ閏賣ャ難メメ顆ハ「メ

April 20 [Wed], 2011, 4:39
原子力問題に取り組んできた慶應大学の藤田祐幸先生の話です。慚愧の思いで語り直す福島原発事故藤田祐幸ふじたゆうこう理学博士。慶応大学の教員をこの月でhttp://www.anime--douga.com/退職し、長年住み慣れた三浦半島から長崎県に移住した。年からはチェルブイリ周辺の汚染地域調査を続けるなど、原子力問題に取り組んできた。映像の終わりに出てくる言葉です。炉心ではジルコン合金の鞘管がぼろぼろになって燃料ペレットが大量に原子炉の底に崩れ落ちている可柏ォがあります。ここからの破局的事態が起こる可柏ォがありますめは大きなウランの塊が出来たため冷却効果が功を奏せず熱がこもって溶融しメルトダウンに発展する可柏ォですタービン建家の想像を絶する汚染された水を考慮すればすでに始まっていることも考慮に入れなければなりませんめは再臨界の可柏ォです崩れ落ちたウラン塊はウランが密集した状態にありますので条件さえ整えば臨界状態になる可柏ォがあります再び核分裂が始まればこれを制御するシステムが崩壊しておりますので破局に突き進む可柏ォがありますこののケースは原子炉のみならず使用済み燃料プールでも起こりえることですさらに言えば、こののことは別のことではなく同時に進行することも考えねばなりません再臨界による発熱で炉心融溶が加速され圧力容器を溶かして落下する可柏ォです下には大量の水がありますので大規模な水蒸気爆発を引き起こすことが懸念されますいくもの原子炉が同じような過程を辿っておりますのでどれか一の原子炉が破局に至ればそこですべてが終わりますその場合には、核燃料が大量に環境に放出されることになりますチェルブイリで起こったことがこの国でも起こる可柏ォを否定することができません一刻も早く冷却に成功することを祈るばかりです藤田祐幸
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gk9na34tvn
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gk9na34tvn/index1_0.rdf