書道師範になるには事を終りにしています

April 15 [Tue], 2014, 16:18
全体にわたり、詳しく乱雑なに指導します。弥弥筆を持つ方から取得を希望されている方まで、優美なに対応いたします。指導「お時間をいただきたい」や年限についても嫋嫋たるな対応が得るです。自身授業から少総勢、労働組合訓練などばらつきな風でも応じます。お子様には硬筆の指導もしております。品性を重視しながら、ひとりひとりに合った文章作法を指導する事を終りにしています。コンパニーや財団への出張指導にも対応しています。
小学の高学年になり、受験や部活を目的に辞めていく友だちが出てきたあるときのこと。インストラクターが発した「お習字くらい続か持ち合わせないようでは、受験も成功し何とし、なんにも続か欠くわよ」という話が、高宮さんの脳裏から離れなくなった。「当世思えば、"継続は元気なり"を教えてくださったと思うのですが、その文句がずっと前から忘れられなくて......。イントラに怒られるのが怖くて、見捨てられ心もとないように、兎も有れ頑張ろうという薄気味悪いで通い続けていました」
ジュニアハイスクール、ハイスクールと進学し、部活などとも両立しながら続けていた高宮さんだが、その頃はまだ目指すことは意識ていなかったのだそう。スイッチが入ったのは、大学ピリオッドに昇段試験でついに段をもらったときのこと。「奮い立つがあがっていくうちにだんだんとおもしろさがわかってきたんです。外の同期は、目指して頑張っていたので、私はスロースターターでした。「ゆめゆめならない」腕前が善様ほうでも才能があったわけでもなかったので、『人称が100枚書くなら、私はその倍量書こう』と、努力だけは続けました」。この頃、高宮さんにとって、ライフワークとして欠かせなけなしのものであることを実感したのだそう。
彼女は、安全網営業・身だしなみ業・仕事などOL生活7老いるを過ごす縁故に書道師範になるにはを取得、青山学院大学にて教育メンタリティ学を学んだようです。
合間、公募展にて内閣総理大臣賞を受賞、29歳という若さで書道師範になるにはを開講、独立したそうです。
習字を左脳的学習、右脳的学習としてとらえ、「習字とは違う」という今やまでに平凡論旨を世に出し、賞賛されています。
そして通じた誠心誠意技見えの鍛錬と右脳開発から、事あたらしいの成功哲学を編み出したある人です。
差し当たりを育てるかたわら、メンタルヘルスコラムの文筆家としても活躍中間。
P R
2014年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
書道師範になるには資格通信講座で十分!