で既述のiWatchなども想定しているという発

June 21 [Wed], 2017, 22:12
9月11日、「iPhone5S/5C」の発売が正式に発表されました。ネット上では、5Sと5Cとの比較や、新たにdocomoが参画することについてなど、様々な記事が賑わい、改めてApple社のプロダクトの力強さを感じました。
ルイヴィトンiphone7ケース

画像
そんな中、当社メディアmovieTIMESでも取り上げましたが、9月18日に「Xperia feat. HATSUNE MIKU」というスマートフォンが発売されます。

iPhoneを始め、比較的大衆向けに企画された商品が大半を占める昨今、明確に「初音ミクファン」にターゲットを絞った「Xperia feat. HATSUNE MIKU」は、希有な存在です。
シャネルiphone7ケースしかし、それでも、特設サイトや新聞広告、更にはリアルの告知イベントが行われるなど、プロモーションに非常に力が入れられています。

この商品の様々なプロモーション施策を見ていて、私が興味を惹かれたのは「動画の使われ方」と「動画テクノロジーの進化」への期待です。
ヴィトン iphone7ケース

プロモーションの中のスペシャルムービーとして使われている動画はストーリー仕立てになっていて、単に機能やデザインを訴求するのではなく、その商品を使っている生活を映し出すという表現がとられています。

「初音ミク」という特別な存在を囲む、特別な人たちがターゲットだからこそ、彼らの”想い”と、この端末が生み出す”体験”をシンクロさせたい。
シャネルiphone7ケースそんな意図を実現させたのがこの動画であるのだと思います。


また、東京六本木ヒルズでは、SmartAR技術を活用した初音ミクのバーチャルステージが行われました。
グッチiPhone7ケースこれはスマホやタブレット、携帯ゲーム端末を建物にかざすことで、初音ミクが建物の上や空中で歌い踊る3D映像が楽しめるというものです。

デバイスをかざして建物を取り囲むファンの驚きや喜びの表情を見ていると、技術レベルの高さや表現の幅もさることながら、「面白い仕掛け」や「テクノロジー」がもつ「人の心を動かす力」を強く感じました。
マイケルコースiphone7ケース


更に、今回の「初音ミク」バーチャルステージでは、それまでネット上のみに存在していた「初音ミク」が私たちの生活する世界・街に出現しているかのようなリアリティが、動画とARを組み合わせることにより生み出され、これまでにない「存在の身近さ」を、ファンに提供できたのではないでしょうか。私自身も動画とそれを活かす技術の掛けあわせに更なる可能性を感じ、期待が膨らみました。
ヴィトン iphone7ケース

このように動画の使われ方と、動画を更に魅力的に見せるテクノロジーから思うことも色々ありましたが、実は、一番興味を引かれたのは、同機種の広告に掲載されていた以下の表現でした。

今、みんなをスマホに夢中にさせているのは、
どこかの誰かが開発したSNS、アプリ、コンテンツだ。
エルメス iphone7ケース
その新しさや面白さがスマホを単なる通信デバイスを超えて、
さまざまな人と想いが集まりつながっていく「場」へと進化させた。
誰かの「つくる」が、みんなの「つながる」を支えている。
Kate Spade iPhone7ケース
その流れはこれからますます加速していくだろう。

だからこそ、この国にはチャンスがある、と思う。
iPhone7ケース シャネル風
ずば抜けた一人の才能に頼るのではなく、みんなでつくって、みんなで楽しむことを
得意とする私たちだからこそ辿り着ける、スマホの未来がきっとある。

Xperia feat. HATSUNE MIKUは、そのためのフラッグシップ。
coachコーチiPhone7ケース
クリエイターたちをより良くクローズアップするために、一役買っていく。
初音ミクカルチャーが、多くの人に新たな自己表現の機会を提供したように、
そんなスマートフォンが、この先どんどん生まれるはずだ。
シャネルiphone7ケース

「つくる人」と「見る人」を、限りなく近づけて。
それは一体、どんな未来につながっていくだろうか。
ヴィトン iphone7ケース

出展:Xperia feat. HATSUNE MIKU

画像
実は私が代表を務める株式会社LOCUSでは、“映像をもっと手軽に。映像クリエイターをもっと身近に”をビジョンに掲げていています。
ルイヴィトンiphone7ケース

それは、まだまだ「取り入れるのが難しい」「制作にお金がかかる」と思われている映像が『もっと手軽』になり、映像を作るクリエイターが『もっと身近』になれば、誰でも気軽に映像を使ってメッセージを発信することができるようになり、いつか世界中の人々のコミュニケーションのあり方自体を大きく変える可能性があるのではと考えているからです。

しかし、初音ミクカルチャーが生み出したものは、これまで受信者であった人が発信者にもなり、視聴者であった人が作り手にもなることができるという世界です。
ルイヴィトンiphone7ケース
これは私たちが掲げている「身近」という言葉で表現される『距離』の概念すら存在せず、送り手も受け手も誰もが自由に、押し付けることも押し付けられることもなくコミュニケーションが流れていく、そんな世界なのだと思います。
AppleがiPhone、iPad向けに提供するiOSの最新バージョンであるiOS7のアップデートの提供を開始した。
ルイヴィトンiphone7ケースアップデートは設定のソフトウェアアップデートから行える。

このiOS7はこれまでのアップデートとは比べ物にならないほど印象が変わっている。
サンローランiPhone7ケース一番の変化は「フラットデザイン」化である。フラットデザインとはリッチデザインやスキューモフィズムという言葉の対義語に使われている。
半袖Tシャツコピースキューモフィズムとは現実の比喩としてインターフェイスを作ることだ。例えばパソコン上のファイルは紙のようなアイコン、フォルダは箱っぽいアイコンで、その紙(ファイル)を箱(フォルダ)に入れるというように、現実的な比喩が使われている。
ルイヴィトンiphone8ケース

一方でフラットデザインは平べったく、シンプルなデザインだ。機能性や統一性などのメリットがあげられている。
シャネルiphone7ケースこの変の一般的な利点については下記の記事などを参考にしていただきたい。

「iOS 7」における、デザイン哲学のせめぎ合い
iOS 7がフラットデザインを採用した理由

さて、そのフラットデザイン化したiOS7なのだが、なぜそのようなデザインにしたのか。
シャネルiphone8ケースそれはズバリ、今後発売されると噂されているiWatch(時計型のデバイス)といった他の形態のデバイスも想定していると思うのだ。

というのも、実際にiOS7を使ってみればわかると思うが、Apple純正のアプリたちはほとんどボタンなど存在せず全ての操作がスワイプ(横とか縦にシュッってする動作)で可能になっているのだ。
半袖Tシャツコピー

※下記画像はマルチタスキング機能、使用中のアプリを一覧で見れるのだがこれらを消すためのボタンはなく、スワイプだけになっている。
画像
iPhone 5をお持ちで、私と同じく手が小さい方ならおわかりいただけると思うがサイズが大きくなったiPhone 5では左上の「戻る」ボタンや右上の「消す」ボタンに指が届きにくかったり、戻るボタンを押した後に下のボタンを押すという作業は苦痛なのだ。
エルメス iphone7ケース特に女性や子供にとっては画面サイズが大きくなった唯一のデメリットはこれであろう。その一方でスワイプならば画面の端っこからシュッとするだけで「戻る」や「削除」といった動作ができるため手の大きさにはあまり左右されない。
ルイヴィトンiphone8ケース

また、フラットデザイン化したと同時にAppleはiOS7内にレイヤー(層)化という仕組みを導入している。アプリと背景、前ページと現在のページなどを層にして表示し、このOSがレイヤーになっていることがすぐにわかるデザインとなっている(例えばメール一覧から個々のメールを開く際には右から1枚の紙がかぶさるようなインタラクションで再現されている)。
シャネルiphone8ケース層になっていれば、シュッ(スワイプ)とすればそれが消えるというのは直感的にわかりやすい。

ここで既述のiWatchなども想定しているという発想に結びつく。
ケイトスペード iPhone7ケース今後、時計や洋服などタッチスクリーン型の機器は当然出てくるだろう。その時にデバイスの大きさや形状によって、変わらない普遍的なものとは何かを考えると基本的には指で操作するということだ(声というものもあるが、まだ数年は指が中心だろうし、Siriを使ってる日本人を街で見ないことを考えると指の操作は残っていくと思う)。
グッチiPhone7ケースとなるとiPadのような大きさであれ、時計のような小ささであれ、サイズに関わらず統一されたインターフェイスを提供することが重要になってくる。
初音ミクカルチャーが生み出したものはまだまだ限られた領域の中かもしれませんが、様々なデバイスやソフトウェアが手頃になってきている今、コミュニケーションはより自由に、より密に変化を遂げることでしょう。
ヴィトン iphone7ケース

私たちが掲げる「もっと身近に」の先に待つコミュニケーションの無限の可能性にさらなる挑戦をしていきたいと考えさせられたテーマでした。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gjkjui
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる