ルが現在取り組んでいるキーワードからの分析

September 07 [Mon], 2015, 19:15
アップルから、プレスイベントの招待状が届いた。キャッチフレーズには「Hey Siri, give us a hint.」と書かれていた。
グッチ iphone6sカバー「Hey Siri」はiPhoneの充電中やApple Watchで、アップルの音声アシスタントのSiriを起動するための言葉だ。ちなみに、実際にSiriに上記の質問をしてみると、9月9日に大きな発表がある、と教えてくれる。
シャネルiphone6sケース

【詳細画像または表】

■ サンフランシスコのシビックセンターで開催

 米国西海岸夏時間9月9日10時から、サンフランシスコの官庁街に当たるシビックセンターでの開催となる今回のイベントで登場されると目されているのが、新型iPhoneだ。

 2014年のiPhone発表イベントは、アップルが本社を置くシリコンバレーの都市クパティーノ市内で行われた。
新品ルイヴィトンiphone6 ケース会場となったフリントセンターの目の前には、iPhone 6の箱を並べたような真っ白で四角い建造物が建てられ、iPhone 6、iPhone 6 Plus、そして同時に発表されたApple Watch、Apple Payの展示とデモが行われた。

 今年も、アップルは本社キャンパス内のホールよりも収容人数が多い場所を選んでおり、米国外のメディア、特に中国から精力的にプレスを招待するものとみられている。
シャネル iPhone6sケース

 アップルは毎年、9月第2週前後に新型iPhoneを発表し、9月中に発売するスケジュールで展開してきた。そのことからも、iPhoneを発表するイベントであることは間違いないだろう。
iPhone6ケースグッチ

 今回アップルが発表するであろうiPhoneは、これまでのルールを守るのであれば、昨年のモデルのマイナーチェンジに当たる年だ。おそらく端末デザインは現在のiPhone 6・iPhone 6 Plusと同じとなり、「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」というネーミングが与えられることになるだろう。
時計 レディース

 ただ、セカンドモデルをリリースする年であっても、あるいはデザインが変わらない年だからこそ、アップルは新しいテクノロジー、特に操作性を左右する新しいインターフェイスを導入し、それまでとの違いを強調してきた。

 例えば、iPhone 4Sでは、今回の招待状にも登場している音声アシスタントのSiriが導入された。
ルイヴィトンiphone6sケースまたiPhone 5sには、指紋認証機能であるTouch IDがホームボタンに採用された。いずれも、デザインが変わらないが使い勝手が大きく向上する、そんな体験をもたらしてきた。
ルイヴィトンiphone6sケース

 今回の新型iPhoneで採用が目されているのは、「Force Touch」と呼ばれてきた感圧タッチディスプレイだ。振動フィードバックであるTapTic Engineを活用してタッチに強さや感触を与える新しいインターフェイスは、Apple Watchで始めて採用されたテクノロジーだ。
gaga 時計

 その他、他社のスマートフォンにキャッチアップする例年のアップデートにも期待している。プロセッサの高速化、通信チップの高速化、これらの組み合わせによる省電力性の向上、iSightカメラ(アウトカメラ)の画素数向上と4Kビデオ撮影対応、FaceTimeカメラ(インカメラ)の性能向上などが挙げられる。
iPhone6sケース香水風

 ハイエンドスマートフォンとしての地位を確固たるものとしたアップルは、必ずしもスペックによる訴求を行ってきたわけではない。そのため、スペック以上に、どんな体験を作り出すかを注意深く設計する戦略を採り、成功してきた。
iphone6ケース

 ふりかえれば、これまでiPhoneに導入されてきたSiriやTouch IDも、「使わなければならない」機能ではなく、使うと便利になる機能にとどめていた点も面白い。必須ではないが、使えるようになると便利、というインターフェイスの機能追加の姿勢が、iPhoneの魅力を高めている点が、絶妙といえるだろう。
シャネルiphone6 ケース
うです。対応している通信規格は、GSM、UMTS、TD-SCDMA、FDD-LTE、TD-LTEとのこと。
グッチ iphoneカバー
 
8/28 iPhone 6sの新色はローズゴールドに
 
9 to 5 Macによると、iPhone 6sで追加されると噂されている新色は、ピンクではなくローズゴールドになるそうです。当然ですが、Apple Watchに使われる18Kローズゴールドではなく、アルマイト加工されたアルミ合金を素材に使うそうです。
プラダ iPhone6ケースまた、液晶パネルをカバーするガラスは、Apple WatchのSportsモデルに採用されているIon-Xガラスになるそうです。SportsモデルのApple Watchは少しぶつけただけですぐにキズが付くので、個人的にはIon-Xガラスは嫌いです。
シャネルiphone6s ケース
 
8/28 iPhone 6cは5cと同じデザインに
 
「気になる、記になる…」によると、iPhone 6cは5cと同じデザインになるとのこと。GizmoChinaのレポートです。
iPhone 6ケースAppleはこれまで、iPhoneのボディーの基本デザインを2モデルで使うので、6cは2モデル目と考えるとあり得る話です。5cはああ見えてもプラスチックの成形などにこだわりがあるので、そのままお蔵入りというのはもったいないのかも。
シャネルiphone6 ケース
 
8/28 iPhone 6sの背面カメラは1200万画素で4K動画対応
 
9 to 5 Macによると、iPhone 6sに搭載される背面(iSight)カメラは1200万画素のイメージセンサーを採用し、4K動画の撮影が可能になるそうです。前面(FaceTime)カメラは、液晶画面を一瞬白く光らせることで、フラッシュを代用する機能が加わるとのこと。
ルイヴィトンiphone6sケース
 
8/28 Apple Musicの責任者が退社
■ アップルが取り組む2015年の重点事業

 さて、9月9日は、iPhoneのためだけなのか。つまりiPhone以外に何がリリースされるのか、にも注目が集まっている。
シャネルiphone6s ケースすべてが9月9日の発売とは限らないが、2つの軸で、登場する可能性がある製品について触れておこう。

 その1つの軸は、アップルが現在取り組んでいるキーワードからの分析だ。
アイフォン6エルメスアップル製品らしい使い勝手の良さを作り出す「広義のインターフェイス」を、製品ラインアップ横断的に搭載を進めている様子をうかがうことができる。

 例えば、今回のiPhoneが搭載しそうなForce Touch+TapTic Engineのタッチデバイスは、Apple Watchで採用され、同時に発表されたMacBook、MacBook Proに採用された。
iphone6sケース今後、iPhone、iPad、MacBook Air、Bluetooth接続のMagic TrackPad・Magic Mouseにも採用されるとなると、これらの製品のアップデートが近々行われると考える事ができる。

 また文字や画像、動画を鮮明に映し出すRetinaディスプレイは、iPhone 4から採用が始まり、iPad、iPod touch、MacBook Pro、MacBook、iMac Retina 5Kディスプレイモデル(27インチ)、Apple Watchと、採用が拡がっている。
シャネルiphone6sケース残るはMacBook Air、iMac 21.5インチの2機種だ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gjjy
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gjjy/index1_0.rdf