如水うどん タモリコスメ使ってます
2007.10.20 [Sat] 07:40

タモリ
1977年に発売されたタモリのデビュー・アルバム。もちろん今や知らない人はいないタモさんですが、このアルバムが発売された当時は「密室芸人」と呼ばれ、数々の画期的な芸で、グイグイその知名度をあげてきた時期の作品です。今やなかなか聴くことの ...(続きを読む)

タモリ wikipedia
サンケイスポーツタレント、タモリ(62)が12月19日に、デビュー直後に発売した「タモリ」「ラジカル・ヒステリー・ツアー」など3作品を、30年の時を経てcd復刻させることが16日、分かった。伝説の「ハナモゲラ語」を駆使した「4カ国語マージャン」「中洲 ...(続きを読む)

タモリ伝説の一曲「ソバヤ」
昔タモリさんはCDを出していたそうなんです。 その中に収録されていたという幻の曲、アフリカ民族音楽ソバヤ。 どうやら20年以上前のものだそうですが、なんか聞いたことある気がする。たまにネタでやってたかな。。それを何故か苺ましまろにのせて。。(続きを読む)

あの「タモリ」が、レコードを出していたって!?
タモリが、デビュー直後に発売した「タモリ」「ラジカル・ヒステリー・ツアー」「タモリ2」の3作品をCDで復刻することになりました。レコードデビュー30周年だそうです。 via: 「タモリ」レコードをCDで復刻. どんな作品なんだろうー。 ...(続きを読む)

「タモリ」レコードをCDで復刻
タモリのレコード3作品がCDで復刻という記事より。 タレント、タモリ(62)が12月19日に、デビュー直後に発売した「タモリ」「ラジカル・ヒステリー・ツアー」など3作品を、30年の時を経てCD復刻させることが16日、分かった。(続きを読む)


 

野村證券 マイストーリーコスメ使ってます
2007.10.18 [Thu] 06:15

野村證券のほっとダイレクト
今日、野村證券から書類がとどき、封を空けて読んで見ると、 「このたびは、私ども「ほっとダイレクト部」に口座開設のお申し込みをいただき誠にありがとうございます。」 とあり、口座番号、お客様コード、オリジナルパスワードが記載れており、ハード ...(続きを読む)

野村證券
野村證券: (2005年1月1日現在) 野村證券株式会社(のむらしょうけん、英文名 Nomura Securities Co. Ltd.)は、日本最大の証券会社であり、東京都中央区 (東京都) 中央区日本橋一丁目9番1号(日本橋本社・本店)に本拠を構える。 ...(続きを読む)

フィスコ 新規公開株関連
私は、野村證券の口座しか開設していないので、他社のオンライントレードのことは分かりません。野村證券(オンラインの場合)では、新規公開株の抽選参加は野村證券が主幹事になっているものしか取り扱っていませんが、他社のオンライントレードでは ...(続きを読む)

外国為替の情報
上海最新ビジネス研究会の特別セミナーとして、海外展開や海外企業との取引にあたり、必ず直面する「為替」の問題について、セミナーを開催いたします。 今回は野村證券株式会社のご協力をいただき、為替とはど...(続きを読む). 10/16pm5-FX為替トレード ...(続きを読む)

CDOの恐怖・・・再度問う
昨日野村證券が米国事業でのサブプライムに関連した追加損失が730億円になり、連結で赤字になることを発表した。 これはまさにCDOの恐怖を体現したような話で、日本の金融機関が無事である、といっていた専門家たちの見通しを完全に裏切っている ...(続きを読む)


 

くだものについて
2007.10.03 [Wed] 12:09

下手な写真よりもきれいな絵です。 いろいろなくだものの原型と、洗って皿に入ったり皮がむかれたりしたものが 並んで登場します。 子供が10ヶ月の頃購入しましたが、 最初は、自分が好きなくだもの(ちなみにぶどうといちご)にだけ反応していたのが、 1歳を過ぎた今では、本物を見たことのないスイカや栗にまで興味を示し、 「ジュルジュルッ」(スイカを食べる音)、 「あいたたたっ」(栗のイガを触って) と、読む側のリアクションそのままをマネして楽しいです。 この先まだまだ読める絵本だと思います。
 

おひさま あははについて
2007.10.03 [Wed] 12:07

表紙の太陽が、とびっきりの笑顔で絵本の世界へ案内してくれます。 おひさまが「あはは」と元気に笑っているのを見ると、 不思議と私も「あはは」と笑ってみたり、パワーをもらったりした気分になります。 子どもたちとともに「あはは」と笑う場面も適宜入れると読み聞かせのときに うけることまちがいないでしょう。 「おひさまが あはは」 「おおきな きが あはは」 「ことりが あはは」 「○○さんが あはは」 このような感じで子どもを巻き込んで楽しく読み進めることも可能です。 繰り返し「あはは」がでてきます。 先を予想することができ、見通しをもつことができます。 さらに、テンポよく読み進めやすい絵本だと思います。
 

はらぺこあおむしについて
2007.10.03 [Wed] 12:04

1歳0ヶ月の娘には、ちょっと難しかったのかしら? 大人が見る分には、とてもきれいな絵なのですが、 他の絵本に比べるとりんごやオレンジ等、 ちょっと地味な感じが。 もうちょっと大きくなってからいい反応がくることに期待して ☆3つです。
 

よるくまについて
2007.10.03 [Wed] 11:59

優しい少年と「よるくま」との、真夜中の大冒険、といった印象を受けました。 さらに、そのちびっ子二人の大冒険を、優しく見守っている「母性」に、 母親としてとても共感できる作品です。 ストーリーの運び方や絵が、まるで小さな映画のようで、読んでいて心が 温まります。 我が家では3歳の息子が、この「よるくま」シリーズが大好きで 毎晩読んでとせがまれます。 忙しい一日を過ごして、子供達を怒ることもありますが 最後はこの「よるくま」シリーズで親子ともに癒されています。
 

ぐりとぐら について
2007.10.03 [Wed] 11:56

ぐりとぐらの、のほほんとした優しい時間の中で、楽しいお話が展開していくのに、 大人も子供もくぎ付けです。子供が3歳の時からよんだ本ですが、暗記するほど何回も よみました。本が大好きになるきっかけの1冊だったとお思います! 卵をはっけんする!なにを作るか話し合う、準備をする、良い匂いと仲間が集まってくる そして、みんなでたべる。ぐりとぐらのこのお話で幸せな気持ちまで匂いと一緒に運んで きてくれるそんなお話ですね。冒険心もくすぐられるみたいです。 心の栄養になる良い本です。手に取ると、長く愛されている理由がよくわかります。 親子でぐりとぐらの大ファンになってしまいました♪