がったという認識だ。目をつけて

March 14 [Sat], 2015, 21:18

 【商品名】:MCM超人気iPhone6ケース 一流の品質新作 MCMiPhone6ケース


 

【対応機種】: iphone6 iphone6 plus

 

【ご注意】:

 

●新品未使用商品ですが、海外工場での大量生産品となりますので、製品や箱の細かい傷や汚れなどがある場合がございますがクレーム対象外とさせていただきます。 気にされる方は、トラブル防止のためご入札をご遠慮ください。

 

●製品の仕様、付属品等は予告なく変更する場合がございます。

 

●在庫は常に変動してますので落札のタイミングにより商品が在庫切れの為ご注文をお受けできない場合もありますので予めご了承ください。

 

●お客様のご覧になられますパソコン機器及びモニタなどの違い、また室内、室外での撮影により 実際の商品素材の色と相違する場合もありますのでご了承下さい。

 MCMiphone6カバー


 MCMiphone6カバー


 シェリーは、1月14日にiPhone 6向け薄型ICカードケース「iPhone6 IC CASE」を発売した。希望小売価格は2480円(税別)。

 本製品は約10ミリという薄型カバーの外側に、スライドオープン式のカード収納部を搭載。ICカードのスムーズな出し入れを可能としたほか、高性能な電波吸収シート内蔵で読み取りエラーを防ぐ。なお、ケースには同社が特許を取得しているIC乗車券専用パスケース「タッチアンドゴー」と「シェリーパス」の技術を応用し、スキミング防止機能も備えている。 プレアデスシステムデザインは、1月14日にKENZOブランドのiPhone 6用ケース2種を発売した。

グッチ iPhone6 ケース
 「KENZO Glossy Hard Case for iPhone 6」は、ファッショナブルなレオパードパターンをあしらったハードケース。表面は光沢のあるグロスフィニッシュで、アンチスクラッチや耐衝撃加工を施している。予想実売価格は3800円(税別)。

 「KENZO CROCO Folio Case for iPhone 6」はクロコダイル調パターンと、表面にメタリックなKENZOロゴをデザインしたフォリオケースだ。カバーの開閉はマグネットロックタイプで、2製品ともケースを装着したまま各種操作が可能だ。SIMフリーのiPhone 6、6 Plusは突如発売中止に、総務省はSIMロック解除の義務化を発表

 DMM mobileの新規参入や各社のサービス拡充などが相次ぐ一方、AppleのSIMロックフリー版のiPhone 6とiPhone 6 Plusが12月上旬に突如発売中止となった。発売中止に至った理由や発売再開のめどについての正式なアナウンスがく、今後国内向けのSIMフリー版iPhone 6/6 Plusの発売は不透明な状況になっている。

 iPhone 6/6 Plusは従来のiPhoneと比べて、対応しているLTEの周波数が追加されていることもあり、端末はSIMフリー版を購入して、好きな携帯電話事業者のSIMカードで使うという使い方がしやすい。それだけに、SIMフリー版の発売中止は残念で、早期の再開を望むユーザも多いだろう。

 SIMフリー関連の話題としては、総務省がSIMロック解除に関するガイドラインを正式発表。2015年5月以降に発売される機種は“利用者の求めに応じて迅速、容易かつ利用者の負担なく応じることが適当”とされ、携帯電話事業者が販売する機種に関してSIMロックの無償対応が義務化される。

 「SIMロック解除に関するガイドライン」では、従来「事業者の自主的な取組によるSIMロック解除の実施」を求めていたが、実態としてはドコモおよび旧イー?アクセスから発売された端末を除いてSIMロック解除対応が進まなかったことから、SIMロック解除対応が義務付けられる形となった。
新品gucci iphone6 ケース
 SIMロック解除に関しては、スマートフォンやタブレットだけでなくモバイルWi-Fiルーターやデータ通信端末についても対象となっているため、2015年5月以降に発売されるモバイルWi-FiルーターなどについてもSIMロック解除が可能となることが期待できる。

 一方で、端末側がSIMロック解除が可能となり、好きな通信事業者のSIMカードで利用することが可能となっても、対応する周波数や通信方式が一致しなければ利用することができなかったり、通信が利用できるエリアが狭くなったりする点については注意が必要で、新ガイドラインでも利用者に対して十分説明すること。と注意書きがされている。

●ドコモ、Xi契約者向けに「直近3日間で1Gバイト」での速度制限を撤廃へ

 MNO関連では、ドコモがXi契約者向けに「直近3日間の通信量が1Gバイトを超えた場合」に制限する場合があるとしていた速度制限を撤廃した。本件に関してはドコモから報道発表などは行われていないが、Webサイト上の表記が変更されていることが確認できる。
 特集「PC USERアワード 2014年下半期」では、ITmedia PC USER編集部がジャンル別におすすめ製品を格付しながら紹介していく。今回のテーマは「タブレット」だ。対象となる製品は、2014年下半期(7月〜12月)に登場した新モデルとしている。

 上半期と同様、今回のタブレット製品を選出するにあたっては、Intel Coreプロセッサ搭載のWindowsモデルは省いた。見た目は大型のタブレットだが、中身は高性能なCPUを搭載したWindowsのモバイルPCであり、冷却ファンを内蔵するなど、サイズ感や使用感がiPadやAndroidタブレットと大きく違うからだ。こうした製品は本特集の別の回で取り上げる。
iPhone 6ケース
 また、通話できるスマートフォンとして使うことも想定された「ファブレット」(主に5〜7型)についても、スマートフォン製品との境界が曖昧になるため、今回は選外 2014年を個人的に振り返ってみると、スマートフォンに興味を失ってしまったのかと不安になるくらい端末や周辺機器を購入しなかった1年間だった。2013年までは商戦期に必ず1台は購入してきたが、2014年の冬モデルは購入を見送りそうだ。



 経済的な影響も大きいのだが、「これは絶対に買いたい!」と思う端末があまりなかったことが理由だ。2013年も言われていたが、スマートフォン全体の性能が上がり、機能が横並びで目立つ端末がなくなった。新しい端末をわざわざ購入して体験したいと思わなくなってしまった。今、使っている端末で何ら問題ない。
人気ブランド携帯カバー
 人にスマートフォンを1台勧めなければならないとしたら、かなり悩むことになるだろう。正直、どれを選んでも大きな問題はないと思う。好きなサイズとデザインだけで選んでも、「それほど後悔はしないよ」と言ってしまいたい。一応はモバイル系専門ライターとして仕事をさせていただいているが、これでは無責任なこと極まりない。端末それぞれの魅力を伝えるべく精進していきたい。

 こんな自分が2014年に購入し、快適に使っているのが「AQUOS ZETA SH-04F」だ。フレームレスなソフトバンクの「AQUOS CRYSTAL」「AQUOS CRYSTAL X」、しゃべりかけてくるエモバーやGR Certified取得のカメラを採用した「AQUOS ZETA SH-01G」をうらやましく思う気持ちは大いにあるが、2014年の夏に発売された端末なので、もちろん現役まっただ中だ。iPhone 6 Plusと一緒に使っていると、5.4型の画面は大きいけれど、狭額縁のおかげで持ちやすいことを強く実感する。片手操作は難しい場合もあるが、手にいい具合に収まる感覚は、iPhone 6 Plusが今にも落としそうになるせいか、とてもありがたいと感じる。

 個人的な大トピックは、スマートフォンは裸で使う派の自分が、iPhone 6 Plusを使うにあたって初めてカバーを使っていることだ。大画面端末を好んで使ってきたので、大きなサイズは何も問題ないのだが、このツルッとすべって落としそうな背面デザインには、購入直後はかなり悩まされた。使っているカバーは背面にストラップがあるので、そこに指を入れて持つと非常に安心して使えるのがうれしく、カバーの楽しさと便利さも理解できた。しかし、本当は今でも裸で持ちたい。カバーのせいで、端末の薄さ、デザイン、手触りが無駄になっていると感じる。

 その点、iPhone 6は、ほどほどに画面が大きく、手に収まるサイズで持ちやすい。SIMロックフリー版を購入していたら、こちらをメイン端末として使いたいと思う。
アイフォン6シャネル
●あっという間に使わなくなったウェアラブル端末

 年初にラスベガスで開催されるCES、2月末からバルセロナで開かれるMWCでは、大量のウェアラブル端末を見た。手首に付ける活動量計やスマートフォンの着信や通知を受けるスマートウォッチはもちろん、紫外線を測るネックレスや指輪、情報を表示する眼鏡、ヘッドマウントディスプレイも注目されていた。日本では、CEATECでメガネ型端末が至るところに展示され、つい先日は、まさしく着て心拍数を測れる端末「C3fit IN-puls」の販売が始まった。きっと2015年早々のCESでも、再び大量のウェアラブル端末が展示されることだろう。
グッチ iphone6 ケース
 2014年はGoogleがスマートウォッチ用の「Android Wear」をリリースし、私も日本で最初に販売されたAndroid Wear端末「LG G Watch」を購入した。手首に通知が届くのは確かに便利で、使っている間はスマートフォンを見る回数が減ったかもしれない。しかし、1日1回必要な充電の面倒に負けて、すぐ使わなくなってしまった。今、私の手首には何もない。

 活動量計の「Fitbit zip」は、ボタン電池で長期間使えるため、かなり長いこと利用していた。しかし使っているうちにケースが傷み、取り替えなくてはと思いつつもケースだけ入手できる場所が限られており、忙しくなって購入タイミングを逃してしまったため、これも今はデスクに置きっぱなしになっている。

 活動量計については、ユーザーもサービス提供者側も集めたデータをどうしたいのか、まだ楽しい使い方が見えてきていないように思う。アプリのデータを見て生活改善ができる人にはいいものだと思うが、そもそも規則正しい生活をしようと思っていない私は、生活のデータが得られても活用できないというのが本音だ。ただ、中年女性にありがちな貧血体質がどうにか落ちついたのでランニングの再開を目指しており、今は心拍数を測れるスポーツ用ウェアラブルデバイスに興味を持っている。

 スマートウォッチに関しては、やはりバッテリー問題が少しは解消されない限り、自分にとっては難しいデバイスだ。時計をしなくなって10年以上たち、ファッションとしての時計にも必要性を感じておらず、こんな自分に必要なウェアラブル端末は何なのだろうかと考えている最中だ。ひとまず、2015年早々に登場すると予告されているApple Watchを試すことになるだろう。

●2014年後半は“格安SIM”と“格安スマホ”一色
iPhone6ケース香水風
 2014年後半は、“格安SIM”と“格安スマホ”についての仕事ばかりだった。マニア向けの製品だった格安SIMが、端末とセット販売されて格安スマホになり、一般ユーザーにも広がったという認識だ。目をつけて最初に売ったイオンはさすが商人だと思った次第。
超人気iphoneケース
 ただ、ジャーナリスト各氏が警告しているように、ターゲット層から考えて今後はサポートが大変になっていくと思う。SIMロックフリー端末を提供するメーカーやMVNOは、リテラシーの低い人たちでも使える工夫を施すことが必要だ。2015年もMVNOは増え、競争が激しくなっていくだろう。どんな施策を展開し、ユーザーに支持されるキャリアとなっていくのか注目していきたい。また、それを分かりやすく伝える努力をしていきたい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gjjky
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gjjky/index1_0.rdf