織し、2045年の“シンギュラリティ”に到達し不死になるまでを支え

May 27 [Tue], 2014, 23:47
『ダークナイト』(08)『インセプション』(10)のクリストファー・ノーランが製作総指揮を務め、ジョニー・デップが主演することで話題のSF超大作『トランセンデンス』(6月28日公開)。この度、本作の特別映像「人工知能がもたらすもの」をMovie Walker先行で解禁!

【写真を見る】2045年まであと約30年。エルメス携帯ケースシンギュラリティを好意的に捉えるか、はたまた…

本作は、ジョニー・デップ演じる科学者ウィルの頭脳がコンピュータにインストールされ、オンラインにつながることで、超高速の処理能力で化学反応を引き起こし、想像できない進化を始めていく…というストーリー。実はこの現象は一般に“シンギュラリティ”と呼ばれ、テクノロジーが高度に進化した現代においては、遅くとも40年以内に実現すると言われ、「2045年問題」として注目を集めているのだ。iPhone 5c ケース

自ら考える能力と意識を持ったAI(人工知能)が、生物学の限界を超えた性能を持ってしまった後に待つのは、人類の進化によるバラ色の未来か、それとも暗黒の終焉か…?まもなく世界が直面するであろう脅威を本作は洗練されたタッチで描いているが、今回公開された特別映像では、そんな映画のテーマであるテクノロジーの高度な進化の是非について、キャストやスタッフはどのように考え撮影に臨んだのかを語っている。また、映画に技術顧問として参加した人
小泉進次郎氏「美味しんぼ」描写に反論 「あれだけ行ってるのに鼻血流したことない」「行くたびに元気に」
J-CASTニュース 5月14日(水)15時28分配信
小泉進次郎氏「美味しんぼ」描写に反論 「あれだけ行ってるのに鼻血流したことない」「行くたびに元気に」
健康被害を受けていないと主張(画像は小泉進次郎氏公式サイト)
 漫画「美味しんぼ」で東京電力福島第一原発を訪れた主人公らが鼻血を出すなどの描写が波紋を広げる中、小泉進次郎復興大臣政務官(33)が内容に反論した。シャネル 携帯ケース

 小泉氏は何度も被災地を訪問しているが健康被害は出ておらず、「到底信じられません」と主張した。

■「私、到底信じられません」

 小泉氏は2014年5月13日、東京青年会議所の例会に出席して講演を行った。シャネルその中で「震災から3年を超えた今の段階で、風化が心配だなと思っていたところ、いちばん話題になっているのが『美味しんぼ』だ」と、作品に言及した。

 2011年3月当時、自民党青年局長だった小泉氏は、毎月11日に被災地に足を運び続ける活動を開始。iphone 4G カバー復興大臣政務官となった今も度々訪問し、復興のために力を注いでいる。その上で、

  「私、不思議なことがあるんですよね。klogi携帯ケースあの『美味しんぼ』の中には福島に行った人が鼻血は出るし、疲労感が襲ってくると書いてある。私あれだけ行ってるのにね、鼻血流したこともないし、毎回行くたびに元気になって帰ってくるんですよ」

と、これまでに健康被害を受けたことがないことを強調した。iphone 4G/4s ケース

 先日も福島を訪れた小泉氏は、少しの時間立ち寄った郡山駅近くのイタリアンチェーン「サイゼリヤ」でたくさんの中高生らと交流し、「元気をもらった」という。小泉氏の後に登壇する福島の人々も「元気」で、自身が見聞きした経験から考えても問題となっている描写には納得がいかないようだ。klogi携帯ケース「私、到底信じられません」と主張した。その上で、「むしろ『美味しんぼ』の件をきっかけに、ますます頑張ろうという気が沸いてきました」として、今後も福島の復興のために力を尽くしていくと宣言した。iphone 5Sケース

「科学的な見地に基づいて」閣僚も続々コメント
 「週刊ビッグコミックスピリッツ」5月12日発売号に掲載された最新話には、井戸川克隆・前双葉町長が「私が思うに、福島に鼻血が出たり、ひどい疲労感で苦しむ人が大勢いるのは、被ばくしたからですよ」と語ったり、福島大学行政政策学科類准教授の荒木田岳氏が「福島を広域に除染して人が住めるようにするなんて、できないと私は思います」と語ったりする様子が描かれている。

 こうした内容について原作者の雁屋哲氏は、2年間の取材ですくい取った「真実」だとブログで主張しているが、閣僚からは批判が相次いでいる。携帯ケース コピー菅義偉官房長官が12日に「科学的な見地に基づいて正確な知識をしっかりと伝えていくことが大事だ」と述べたのをはじめ、報道によると、根本匠復興相、森雅子消費者相、太田昭宏国土交通相、下村博文文部科学相、石原伸晃環境相らもコメント。風評被害への懸念を示すなど、これを問題視した。
グッチiPhone 5 携帯ケース

【関連記事】
元双葉町長、血つき「鼻血写真」を公開 Facebookにはなぜか応援コメント続々
「美味しんぼ」叩きに「疑問」の声 茂木健一郎「特別視する理由がわからない」松本人志「漫画家さんが神」
福岡の子供、福島の8倍も鼻血を出す? 小児科医が調査、理由は「わからない」カリフォルニア大学バークレー校の電気工学と神経科学の准教授ホセ・カルメナ博士、電気工学の准教授マイケル・マハルビッツ博士をはじめ、「2045 イニシアティブ」を組織し、2045年の“シンギュラリティ”に到達し不死になるまでを支えるために積極的に活動しているロシアの富豪、ドミトリー・イツコフもコメントを寄せている。

ジョニー・デップは、そんなセンセーショナルなテーマを持った本作の意義を「21世紀に入って、人間がテクノロジーを崇拝する姿と、それが人間の未来にもたらす意味を検証するのは重要なことだと思う。iphone 4G カバーテクノロジーか生態系か、平和主義者か過激主義者か。今ここで自分たちのコンピュータ依存をどこまで許すべきかという問い掛けが必要なのだと思う」と語っている。iPhone 5 ケースコピー

『トランセンデンス』で描かれる人工知能は、好むと好まざるとにかかわらず、じきに登場するという専門家もいる。ウォーリー・フィスター監督が「これからの数十年で我々の世界が向かう一つの方向を人々に覗き込んでもらい、思考を刺激するとともに楽しめる、非常にタイムリーな話題について、感情論、道徳論、知的論議を大いに交わしてもらいたい」という思いを込めて映像化に挑戦した超進化=トランセンデンスの世界。シャネル 携帯ケースまずはこの特別映像をチェックし、遠くない未来の世界について思いを巡らせてみてほしい。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gjiew/index1_0.rdf