別れ方で男の価値がわかる?

June 06 [Fri], 2014, 15:06
シアリスシアリス




俳優の寺田農【画像拡大】


 最近、TVのワイドショーで世間を騒がせている俳優の寺田農(69)。
 芸能界でも有名なAV好きとして知られ、過去には自身でメガホンを取ったこともあるほどです。

 報道などで知っている人も多いかもしれませんが、事実婚の関係にあったとされる尾台あけみさん(55)から、慰謝料を求めて訴えられました。

 とかく、男女が別れるときに揉める理由で『お金絡み』というのは、昔からよくある話ですが・・・。

『別れ方で男の価値がわかる』なんて言う人もいるようです。

 そこで今回は、『別れるときのお金』について調べてみました。



関連記事


100万円なら払うよ 寺田農の手切れ金(サイゾーウーマン)

寺田農、事実婚女性が提訴へ(サンスポ)

寺田農の「性活」はアナーキーそのもの?(リアルライブ)

養育費トラブル急増 不況、離婚夫婦にも影響(朝日新聞厚生文化事業団)

離婚母子世帯における父親からの養育費の状況(厚生労働省)

養育費不払い取立てマニュアル(オールアバウト)





【100万円なら払うよ!・・・相手の女性が激怒】






寺田氏と10年間・・・事実婚の関係にあったという尾台あけみさん(55)



 寺田氏は昨年、35歳年下の女性(Bさん)と再婚したとの報道があった。
 しかし、その直後に、再婚女性とは別に10年間、事実婚の関係にあった女性の存在が分かったという。

 これをスクープした、週刊誌の直撃取材に、寺田氏は経緯を語ったらしい。
 ところが、これに怒ったのが、当事者の尾台あけみさんである。
 
 2人の交際が始まった10年前は、寺田氏は前妻(Aさん)と婚姻関係にあったらしい。
『(今の妻Aと)離婚するまで待って欲しい』という寺田氏の言葉を信じて、約10年間。

 尾台さんからすれば、寺田氏がAさんと別れるまで待っていた。
 だが、Aさんとの離婚後、寺田氏は自分ではないBさんと結婚してしまったのだ。
 
 この時、寺田氏は、
『(事実婚を認め、慰謝料として)100万円なら払うよ!』
 と言ったらしい。
『私の10年間は100万円ですか?』
 と、尾台さんは涙ながらにTVで訴えていた。

 離婚問題に詳しい専門家(弁護士)によると、
『こうしたケースの慰謝料は、
 一般的には数十万円から100万円程度でしょうか。
 しかし、今回のケースでは、寺田さんが有名人ということもあるので、
 200万〜300円くらいが、認められるようなケースかもしれません』

 また、専門家(弁護士)によっても、慰謝料の金額には意見が分かれるようだ。
 このケースでは、2人の交際当初が不倫の紅蜘蛛関係だったため、『婚約』の時期も争点になるという。

 一般的に、一方が婚姻期間中の婚約は、原則として認められない。
 つまり、不倫の媚薬関係にある相手に求婚されても、『結婚しよう』イコール『婚約』とはならないのだ。

 この慰謝料の他にも、金銭面で争点があるようで、文字通り、『ドロ沼の様相』である。

 いずれにしても、俳優・寺田農にとって、今回のトラブルによるイメージダウンは避けられないだろう。




【交際していた女性からの要求金額をポン!と渡した男】






指1本出すから100万円だっと思ったら・・・



 コメディアンの志村けん(61)は、過去に交際していた女性に1000万円の慰謝料を渡したという話がある。
 これは、本人が述べていたものだ。

『以前、付き合っていた女の人と別れ話をしているときに、相手が泣いているんだよ。
 参ったな〜と思っていたら、やがて泣き止んで』
『別れるのはいいの。分かったわ・・・。
 でも、結婚すると思っていたから、働いてないでしょ。
 だから、しばらく生活の面倒を見て欲しいの』

『ああ、分かった。いいよ、いくら?』
『・・・(無言で指1本を出す)』

『(100万か?)100万円ならいいよ。分かった』
『ちょっと、ケタが1つ違うんじゃない?』

 それで、周囲からお金を渡したのかを聞かれると、
『まあ、自分でしたことだからね。お金で済めばと思って・・・。
 身の回りの世話も、してくれていたしね』




その額・・・1000万円!



 
 女性との婚約の有無や、同棲していたかどうかは不明だが、やはり、お笑い界の重鎮は、太っ腹なのだろうか。




【離婚後に10年以上 養育費を払う男は11.0%?!】






離婚直後の数年は26.0%だが・・・



 一方、慰謝料とは違って、分割で払う養育費は未払いが多いらしい。
 一般的なケースでは、特別な取り決めが無い場合は、慰謝料は原則として一括払いである。

 例えば離婚などの際に、主に精神的な苦痛に対して支払われるのが慰謝料で、子供がいる場合には養育費も必要だ。
 ところが、離婚した夫婦に子供がいる場合、離婚後の養育費となると、通常は毎月の分割払いだ。

 この養育費がクセ者で、払わない男性は多いらしい。

 少し前のデータになるが、
厚生労働省の調査(平成15年)によると、離婚した父親からの養育費の受給状況は、『離婚後0〜2年』の母子世帯で、『現在も受けている』は26.0 %。

『過去に受けたことがある』が8.3%で、65.7%は、『受けたことがない』とのことだ。

 これが、『離婚後10年以上』になると、『現在も受けている』は11.0 %に下がる。

『過去に受けたことがある』が23.6%で増えているが、残り65.4%は、『受けたことがない』で、ほぼ横ばいである。

 調査によれば、『調停離婚』の方が、『協議離婚』よりも、養育費を現在も受けている割合が高くなっている、というが。

 やはり、『時間が経てば払いたくなくなる?』のだろうか・・・。

 参考までに、養育費の金額は、一世帯あたりの平均月額で、44,600円(子供1人につき)だという。



 以上の事から、今回は、『別れるときのお金』について調べてみました。
 
 そういえば昔から、『金の切れ目が縁の切れ目』と言います。

 しかし、古くから商人の心得のひとつに、『損(そん)して得(とく)取れ』という言葉もあります。
 これは、『初めは損をしても、それを元に大きな利益を得るように・・・』という意味だとか。

 今回のスキャンダルによって、結果的にイメージダウンになった寺田氏。
 一方で、お笑い界の重鎮である志村けんは、1000万円を渡してキレイに?女性と別れました。

『お金で済めば・・・』とは、決して良い解決方法では無いかもしれません。
 しかし、それなりの年齢の人が、それすらしないと、『ドロ沼』になるケースもあるようです。


 <すすきタルン>
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jghjhgj
読者になる
2014年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/gjhgkiuoy/index1_0.rdf