税理士のつぶやき、アウトソーシングとは

April 24 [Wed], 2013, 20:50
事業を行う上でも、また、新たに事業を展開するうえでも、自分たちよりも得意とする分野を得ている人達がいますが、その人たちの頭脳を借りることで、今までと違ったペースや発想などを得る事が出来ます。

“この人たち”、つまり外部の人に知恵や能力を借りて仕事をすることを、“アウトソーシング”と言います。

例えば、大手企業が、新規に事業を始めようとしても、大手ゆえに、会議や役員会で承認を得なければ、事業を始めたり進めたりすることはできませんが、外部に委託することで、本業とは別に、新規事業を展開する事が出来ます。

いわば、大手企業を“船”に例えると、“巨大な船”なので、小回りが利かず、何をするにも時間がかかりますが、外部の“小型の船”に頼むことで、フットワークが良く、短時間で済ませてくれるのです。

また、立ち上げたばかりの仕事が軌道に乗るまで、仕事の一部を任せてしまえば、常時、雇用することなく、仕事を進める事が出来ます。

常時雇用する必要が無い部門を、外部に頼むことで、“かゆい時に手を貸して欲しい”と、言うように、必要な時に“大きな手”を借りる事が出来るのです。

今まで、自分の子会社などの関連会社へ、仕事を丸投げすることで、成り立ってきた部分がありますが、関連性の無い企業と手を組むことで、新たな知識の導入にも繋がりますし、自分たちとは別の考え方で進めるので、新たな発想が期待できます。

そして、本業は、そのまま進めることで、“王道”を確保したまま、“新たなルート”を開拓することは、マンネリ化した大手企業には必要なのかもしれません。

“アウトソーシング”を利用することで、何といっても、人件費などのコストが大幅に軽減されるほか、自分たちの頭脳だけではなく、他人の頭脳を借りることで、時間短縮効果があります。

世田谷区の税理士のことなら世田谷区税理士.com
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gjgigzszsw
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gjgigzszsw/index1_0.rdf