GI値が低い食べ物 太らないおやつで低インシュリンダイエット
2014.04.29 [Tue] 14:31


■GI値の低い食品は、脂肪になりにくい 太りにくい


食べたものは、体内で糖になり、血液中を流れます。
ですので、食事をすると、血糖値が上昇します。

血糖値が急に上昇にすると、血糖値を下げるために、
インスリンがでてきます。

そして、インシュリンは、糖を脂肪に変えていきます。


ですので、血糖値が急激に上昇する食べ物は、
太りやすい食べ物、太る食品になります。


食べ物が体内で糖に変わり、
血糖値の上昇のスピードをあらわしたものが
GI値です。

GI値の低い食品ほど、血糖値の上昇が緩やかで、
脂肪になりにくく、太らない食べ物です。


■低インシュリンダイエットは、GI値が60以下の食品

低インシュリンダイエットは、
GI値が60以下の食べ物(GI値が低い食べ物)を
食べて、糖が脂肪になるのを防ぎ、ダイエットする方法です。


カロリーが同じでも、GI値が高い食べ物だと、
脂肪になって、太りやすいです。

そして、GI値が低い食品は、消化が緩やかなので、
腹持ちがよい、おなか持ちがよい、食べても太らない
食べ物です。

高カロリーだけど太りにくい食品も、
GI値が低い食べ物なのです。


■全粒大麦シリアル・グッドネススーパーフーズはGI値が低い


全粒大麦シリアル・グッドネススーパーフーズは、
バーリーマックス(大麦)を原料にしていてます。

通常の大麦は、GI値が77ですが、
バーリーマックスのGI値が50です。

食パンのGI値は、91で、白米のGI値は、84です。

ですので、グッドネススーパーフーズのGI値は、
食パンやご飯よりも低い、低インシュリン食品です。


最近、ちょっと、脂肪がついてお腹が出てきた。
食べる量を減らしても体重が減らない。

そんな、悩みを抱えている、あなたにおすすめです。


■食物繊維もたっぷりのグッドネススーパーフーズ


全粒大麦シリアル・グッドネススーパーフーズは、
通常の大麦の食物繊維もたっぷりです。


食物繊維が多い食べ物は、
一緒に食べたほかのものをGI値を下げる効果があります。

食物繊維が消化を緩やかにしてくれるのです。

また、食物繊維は、便秘で悩んでいる、あなたにもおすすめです。

全粒大麦シリアル・グッドネススーパーフーズは、
一食が140円と、とてもリーズナブルです。


調理をする必要もないシリアルで食べやすい、
すぐに食べることができるので、
忙しい朝食や、お腹が空いたときのおやつにおすすめです。

気になる方は、下記の画像をクリックして、
公式サイトで、口コミなどの詳しい情報を見てみてください。