【 更新情報 】

スポンサード リンク

義肢装具士の資格取得

義肢装具士とは、

医師の指示のもとで、義手、義足、コルセットなどの

装具や採型や製作していく技師の事です。

身体への適合などを行う厚生労働省認定の国家資格を必要とします。

義肢装具士の試験は3月上旬に実施されています。

義肢装具士の受験資格は大学受験資格が有り、文部科学大臣指定の学校か、

または厚生労働大臣指定の養成所で3年間以上の、必要な知識や、技能を修得した者だけが受験対象者に成ります。

合格率は95%以上と非常に高い事は言うまでも有りません。

義肢装具士とは、患者の方々に合った義手や義足、コルセットなどを製作するほかに、

患者の機能回復を目的とする、アフターケアも非常に大切な仕事に、成るのです。

その為に、義肢装具士に必然的に、リハビリテーションの知識と技能も高く要求されるのです。

活躍の場は民間の義肢製作施設が中心と成ります。

最近では、スポーツ参加などにも、多くのニーズに応えた義肢・装具の開発や研究も進んいます。

義肢・装具の使用目的の多様化とともに、多くの有資格者の増加が期待されているのです。


義肢機能の重要性

義足(ぎそく)とは、下肢切断者が装着する人工の足を言います。

病院で医師の処方・リハビリ計画に基づいて、義肢装具士が製作するのです。

下肢の切断後、機能の再現を目的に装着する義肢です。

目的によっては、訓練用・常用・作業用に分類されるのです。

費用については健康保険や身体障害者福祉法による補装具、または労働災害補償が受けられます。

歩行能力を得るための「機能的義足」と、外観を取り戻すための「装飾用義足」とに大別できますが、

装飾用は歩行機能がないための、助成対象にはならないのです。

希望者は自費により作成することがあります。

機能的義足には、「殻構造義足」と「骨格構造義足」の2つに分類されます。

骨格構造義足には、ピラミッドアダプターと呼ばれる世界共通の規格があります。

交換が容易になっており、高機能なパーツが多数存在することから、近年主流になって来ています。






スポーツ専用義肢はなぜ保険が効かないの!!

義足を着けスポーツをする人や、選手が増えているが、

スポーツ専用の義足では、保険が効かないと云う!

義足の機能がスポーツ専用になると、義足に保険を適用するのが難しいと云うのです。

市役所と役場に問い合わせてみると・・・

通常の生活に使う義足なら対応はできますが、スポーツ専用には対応していませんとの返事でした。

何故スポーツ専用には対応出来ないのか?

通常に生活する上で、私たちも運動したり、本格的にスポーツするではないですか。

制度を変える必要が必ず有ると実感したのは、私だけなのだろうか?


義手・義足(技師装具士)に成る為に!!

義手・義足の職業に就くために、学校へ入学するのですが、その職業は「義肢装具士」といいます。

義手・義足・半身不随の方達が動ける手助けに成る様ような装具、

また広くは車椅子などの手助けに成るような職業です。

これから、義手・義足の職業を学んで行く途中で有りますので、

まだまだやりがいなどと言う、難しい事は良く解かりませんが、

義手・義足を製作する職人にとどまらず、実際に病院を巡回し、義手・義足の採型を行ったり

患者の方々の悩みをお聞きしたり、営業やカウンセラーを兼ねた特殊な職業だと思います。

ちなみに学校は全国に5校しかなく

埼玉x2(だと思います?)

名古屋

神戸

熊本

期間は3年間です。

その後国家試験を受け、はれて義手・義足を製作する義肢装具士として働く事になります。

合格率はよく解かりませんが、就職率はほぼ100%みたいですよ。

私も色々有りその道へ進むのでが、実際に義肢装具士の方々を見ていると、忙しそうですが、

お話すると熱く語ってくださる方々人ばかりで、触発される事ばかりです。

学校は大変みたいですが、実際に働いている方々を見ると働くのが今から楽しみです。

とにかく頑張るだけです。





義肢機能の重要性

「義手・義足」は、事故や病気、戦争などで失ってしまった手や足を補う為に装着する代替物のことである。

機能を回復させる「義手・義足」と、外見を回復させる「義手・義足」とがあります。

上肢・手腕の義肢を「義手」、下肢・足部の義肢を「義足」と呼びます。

失われた肉体の一部を人工物で代替することにより、

患者自身の機能的・精神的なメンタルな部分の問題を軽減させるために用いられるのが義肢「義手・義足」なのです。

その為にも義肢の機能が重要になってくるのです。

部品としての機能はもちろん、装着感や重量にも注意が払われるのです。

たとえば欠損率の大きい四肢を補う場合のは、多機能化で複雑なパーツを使用せずに、単純な構造とすることがあります。

「義足」の場合では一般に、膝関節の有無で活動レベルに大きな違いが出るのです。

膝関節が残っていると屈伸運動が可能になり、脛より下は単純な棒で代用されることもあるのです。