あなたのいないひとりの庭で

May 24 [Sun], 2009, 2:43
久し振りにキレて物に当たった
虚しくなった

友達に会った
空元気
上手く笑えない子供は、もうあの頃に捨てた
今は上手に笑える大人

自分が笑えないのなら
他人を笑わせれば良い



甘やかしてくれる人
声をかけてくれる人
ちゃんといるんだから
このままじゃいけない



我慢ばかりの大人は
やっぱり大変だな、と、思う



あの頃望んだ【大人の私】は
今の姿と被るのだろうか



可愛く可憐な王女様

March 16 [Mon], 2009, 18:30
頭のなかがごちゃごちゃしてて

悪いのは私だから
余計にどうしようもなくて

泣きたいとかそういうのじゃなくて
ただごちゃごちゃで

やらなくちゃいけないこと、たまってるのに
結局何一つできないままで





高校生のころ
望んでいたのは
こんな未来だったのかな



わからなくて、
わからなくて、
道に迷ってしまう


好きな人がいる
好きと言ってくれた人がいる
好きだった人がいる
見捨てられない人がいる
頼ってくれる人がいる
好きだと言ってくれる



もう、自分の気持ちもわからなくて
頭がパンクしそう



ひとりでいたいたのに
ひとりでいると、つい、携帯を手にとってしまう。




矛盾だらけ。

だめだ

February 07 [Thu], 2008, 23:24
吐く場所がない
本音がない
つかれる。


心配ごとを増やしたくない。
人と関わりたくない。



うおおおおお。









誰にも見つからない場所で
ひっそりと、泣いていたい。

つかれてるー。

October 20 [Sat], 2007, 22:16
仕事がああああ無いいいいいい!
会社にいっても、できることが無くて、役立たず感が否めない(´・ω・`)
ダイエットのせいで、ネガティブになってて、ちょっとのことで凹む。


もうすぐ19歳。
誕生日、去年は親に忘れられてたから

今年こそは!
って思って、猛烈アピールしたら

うざがられた(´・ω・`)


おいおい。




そんなあれで
親から最近冷たい仕打ちをうけているので


「ママ最近あたしに冷たくない??」
って聞いたら
ママん機嫌わるくなったよ_| ̄|○|||


いい加減いらついたので
いらいらしてたら
「あんただってつめたいじゃん」って。


いやいや、あーたが私に冷たいからいじけてんのよ。







はやいとこ一人暮らししたい。

そもそも

October 19 [Fri], 2007, 10:15
弱い自分を
ネガティブな自分を
嘘で塗り固めたような私なんだから
上手く言葉がつむげなくて当たり前。

相変わらず強い人間だと
相変わらず弱い人間だと
相変わらず優しい人間だと
相変わらず泣き虫なやつだと

そう思ってる人もいるだろうけど

私は確実に変化してるし
その事実に満足してる。

高校生の頃よりは、遥かに色々なことに対応できるようになったし
凹んでもちゃんと立ち直ってる。

変わった。
それが嬉しい。

だから昔の私を追い求める人が邪魔。
もうそれは私じゃない。

どうしたら

September 19 [Wed], 2007, 0:04
どうしたら
上手くいくのか

考えてる私は
きっと過去に縛られたまま。

彼とはもう半年話してない。
きっと、これでいい筈なのに
どうしてか、話したくなる。

彼の「好き」という言葉に「愛してる」という言葉に
救われているのは事実で

でもそれは、甘えでしかなくて
もしかしたら、彼を未だそうさせてしまっているのは、私なのかもしれない。

強い何かで
誰かが私を夢中にさせてくれたら
上手にまた彼と友人として付き合えるのに

私と話せることが嬉しいと思ってしまう彼に
申し訳なくて
何もいえなくなる。

私が中途半端なせいで
彼を傷つけてる。

どうしたらいい。
どうすれば頑張れる。
どうしたら、彼のことを忘れられる。


幸せな記憶が大きすぎて
愛しさの記憶が優しすぎて
痛い。

ひさしぶり。

August 23 [Thu], 2007, 22:57
鞠珠です。
このブログの存在をすっかり忘れてました。

結局、彼が目覚めてからも
彼とは、別れました。

理由は、彼が私を好きすぎるから。



彼には幸せになってほしい。
だから、別れた。


苦しかったけど
1年経てば、もう、大丈夫。



私しか見えない世界なんか捨ててしまって
2人で生きていけたら、幸せだったのにね。


どうして、上手くいかないんだろうね。





悲しいね。

おかえりなさい。

July 19 [Wed], 2006, 11:42
逢いたい
逢えない
逢いに行けない。


けれど
おかえりなさい。

1年、長かったんだよ。
すごく、怖かったんだよ。

記憶を思い出にしたくなんてないのに
貴方のことは、絶対に「良い思い出」になんてしたくないのに
貴方が消えてしまったことを思う度
愛しい記憶が思い出に変わっていった。
考えないようにすればする程
考えてしまって

嗚呼、あたしこのまま
このまま、ずっと貴方には逢えないのかな
って、泣き言ばかり。

他のことで頭をいっぱいにしていても
偶にフ、と、貴方のことを考えてしまう。
そしてまた、哀しくなる寂しくなる。

そんな、1年だった。

7月6日で、あたしは貴方の恋人であるということを
辞退したつもりだったけれど
でも
15日に貴方から連絡が来たときに

やっぱり嬉しかったんだ。

後輩と喋っていたのに
頭は完璧に貴方のことでいっぱりになってた。



おかえりなさい。



ねぇ…
伝えたいことが、沢山あるの。
待ってるよ。
あたしからなんて、言ってあげないんだから。

ね、
久しぶりに甘えたって、いいでしょ?(笑)



こんなに嬉しいの、久しぶりなんだから。

創作意欲

June 19 [Mon], 2006, 23:45
少女の涙を仮閉鎖して
復活して

それでも創作意欲は湧かなかったのに
今日、ちょっとだけ湧いてきた。
でも、それを上手く文章にすることができなくてイライラ。



昨日、文化祭が終わって
あたしは、生徒会を引退。
って言っても一応9月までは会長だけどね。
ちょっぴり心配なことが残っていて
後ろ髪引かれる感じ。
寂しいね。




逢いたい人
逢えない人
話したい人
話せない人
全てが重なる人がいて
かなしい。



なんていうか…鬱再来?
そんな気がしてたんだ。
この間カッターを握った日にね。
でも気づかないフリをしてたんだ。
気づいたら周りに迷惑をかけるから。
でもね、気づいちゃったよ。
もう、もどれない。
どうしよう。




手遅れかな・・・?



じゃあどうすればいい?


わかんない。
答えが、出ない。
苦しい。



これが、鬱?


それすらも、わかんないよ。

全てがストレスに成る日

April 24 [Mon], 2006, 20:58
タイトルの通り
ストレスに成らないのは心地いい風が吹く授業だけ。

なんで毎年こんなんなんだろね。
なんでそんなに頭固いん?
自分がしたいようにできないだけでキレないでよ。
疲れる。
なんであたしが気を使わなくちゃいけないんかな、
そう考えたらすぐに答えが出た。
『あたしが会長だから』
嗚呼、そうか。
それがあたしのストレスの原因か。

なんでなんで
相手のことを考えられないの?
いきなりそんなこと言われたら、此処が居づらい場所みたいじゃない。
ねぇ、あんた1年のときどんな雰囲気だった?
もっと丸かったでしょ?もっと楽しそうだったでしょ?
壊してるのは自分なんだよ。
理想通りにできないのは、あんたが皆を縛ってるからなんだよ。
なんて、思っていても口にできない自分に一番腹が立つ。

なんであたしはこんなに上手く言葉を喋れないんだろう。
なんであたしは上手く相手の思いを察せないんだろう。
なんで察せても相手の納得いく話し方ができないんだろう。
全てはあたしの無力さがゆえに招いた結果。

去年の先輩は、こんなにストレスを溜めていたのだろうか。
こんなにも後輩達がストレスだったのだろうか。
こんなにも迷惑をかけていたのだろうか。
嫌になったのだろうか。
P R
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:鞠珠
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:11月1日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
最近上手く笑えない 久し振りに人ごみにいると気分が悪くなるようになってしまった そんな私の 一歩進んでは一歩下がってしまう それでも前を見続ける雑記