失礼ながら同情する仕事

2005年11月17日(木) 18時51分
みんな肩をすくめて足早に歩きます。
もちろん私も足早。
この季節のキャッチ、スカウト、
ティッシュ配りをしている方達を、心から同情します。
こうやって眺めてても、誰ひとりとして足を止めないもの。

目の前から歩み寄ってくる兄さん。
『ちょっとすみません!』
無視して進もうとする私。
『あの、お勤めしてる方ですよね?』
『は??』
聞き取れなくて聞き直す&最高に嫌な顔。爆
『お勤めしている方ですよね?』
『いいえ』
『学生ですか??可愛いですよね!☆』
『ありがとうございます』
思いっきし無表情でそのまま去る私…。
我ながら酷いなと思ったけど、きっとみんなそうなんでしょう。。
ホントキツイでしょうね。。
やりたくないですね。。
  • URL:http://yaplog.jp/girl2/archive/10
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:girl2
読者になる
Yapme!一覧
読者になる