人生を変えた旅行

February 25 [Thu], 2016, 14:05
それまで全くマリンスポーツとは無縁だった私が、ダイビングにはまったのは大学時代でした。
気の合う仲間達と旅行した沖縄で、ふらっと決めた体験ダイビングが私の人生を変えたのです。
特に前もってダイビングショップに予約をしたり、ツアーに組み込まれていたわけではなく、
たまたまホテルまでのバスのなかで現地のガイドの人にすすめられたのが体験ダイビングだったのです。

沖縄といえば青い空と透き通るような美しい海がなんといっても最大の魅力だと思いますが、
シュノーケルくらいしかやったことがなかった私には、ダイビングはちょっとハードルが高く感じていたのです。
ですが、せっかく沖縄に来たのだからと、早速予約をすることに決めました。

あれよあれよという間にダイビングをすることになった私達。
何の心構えもなかったのがかえっていい感じに緊張をといたのか、意外とスムーズに進みましたね。
ダイビングショップのインストラクターの方も、とても丁寧でわかりやすい指導だったので、
安心して海に潜ることができたと思いいます。
ただ、そのときはなにもかもが初めての経験だったので、
正直海の中の様子はあまり覚えていないというのが本当のところで・・・。
水中姿勢を何度か崩して、なんとかして元の体勢に戻ろうと必死だった記憶だけがあります。

そんなこんなでバタバタの初ダイビングとなったのですが、結果的にはとても満足のいくものでした。
そしてもっともっと海の世界を知りたいと思うきっかけになったのです。

それからしばらくはなかなかまとまった時間がとれず、次のダイビングまでブランクがあいてしまいました。
二度目の沖縄は、友人と二人で行ったのですが、リフレッシュ・ダイビングを予約し、
みっちりとマンツーマンで指導を受けたので、とてもリラックスしてダイビングができましたね。
あれからもう20年近くがすぎましたが、今ではダイビングのインストラクターとして、
多くの人にダイビングの楽しさを伝える仕事をしています。
あの時沖縄でダイビングをしていなければ、今の私はなかったと思います。
人生って本当に何が起こるかわからないものですね。

高齢出産と不妊

April 25 [Fri], 2014, 14:20
もっと早くに結婚すればよかった・・・今そんなことを嘆いてもしかたないんですけど、
不妊症治療をしている今、そんな気持ちがどうしてもでてきてしまいます。

現在37歳。
今治療をしているクリニックの先生からも、37歳を過ぎると妊娠は
どんどん難しくなると言われていますので正直焦る気持ちでいっぱいです。

結婚したのは昨年。36歳のときでした。
1年間、自然妊娠を期待して子作りに励んでみましたが、妊娠の気配はなく。

すでに35歳を超えているということで、今後子供をつくるかどうか、
主人とも時間をかけて話し合いをしましたけど、何もしない段階で望みを捨てるのはもったいない、
一緒に出来る限りがんばろうと言われ、私も治療にふみきる決意をしたのです。

タイミングをはかって子作りに励むものの、仕事も忙しい主人ですので、
なかなか思うようにいかない月も多く、私も知らず知らずのうちに、ストレスをためていた気がします。

この日に子作りしなきゃいけない、みたいな変な義務感にも襲われるようになって、
主人との関係もだんだんと微妙な距離があいていたような気がします。

私のいらだちは主人ももちろんわかっていて、寛容な人なので、
私に対して文句を言うことはありませんでしたが、我慢させているんだなと
私もひしひしと感じる部分もあったので、精神的にも辛かったです。

まわりには40代で第二子を産んだなんて人もいますから、
決して諦めることではないとわかってはいるんですけど、なかなか平常心を保つのは難しいですね。

人工授精などの相談を受付けている、あるクリニックのホームページには、
患者さまの声からというコーナーで体験談が書かれてありました。
みなさんそれぞれに、悩みがあるのですよね。


タイミング法に限界を感じた私は、次回、ステップアップして人工授精することに決めました。
主人も賛成してくれましたし、私もそのほうが自分達のためだと思いました。
このままだと、子作り自体が苦痛に感じることになりかねない、と思ったからです。
それじゃ本末転倒ですよね。

不妊症に関するよくある質問で、不妊症ってどのくらいの期間妊娠しなければ不妊というのか?
ということがあると思います。一般的には2年と言われています。

私達夫婦の場合、高齢というのもあるので、また少し違うかもしれませんけど、
まだ2年未満と考えれば気持ちは違う。できるかぎりのことをしようと思っています!

個人民事再生のススメ

December 20 [Fri], 2013, 11:17
自分ほど楽天家の人間はいないと思います。
多少のことがあっても動じませんし、他人が驚くようなことでも別にどうっていうことはありません。
成るように成る、成るようにしかならない・・・そんなことばだけが身体中で共鳴しているのです。
なんでしょうかね、この超ポジティブ思考は!
こんな思考に生んでくれたお母さんに感謝しなければならないと思います。
お母さん、本当にありがとうございました。
・・・なんの話?(^_^;)

こんなわたしでも、唯一心がムズムズしてくるのが、金の問題です、借金です。
金を借りている状況に、冷静を保つことが出来ないのです。
なんとなくいやじゃないですか?あと幾ら借金が残っているかと考えることそのものが。
どうしてこんなに過敏になっているかと言いますと、自分自身の体験が大きく影響しています。

まだ20代のころ、消費者金融で借金をして返済が出来なくなったことがあるのです。
金を借りることは簡単ですよね、コンビニATMですぐに引き出せますし。
しかし返済することは、借りることの1万倍くらい難しいと思います。
その理由は、間違いなく「金利」ですよね。

金を貸すがわも商売ですからね、金利を取らないと儲けになりません。
しかしその分、債務者には負担が大きくなるのです。

どうしても借金が返済出来ない場合、弁護士などに相談するほかないと思います。
「借金返済できないー」などと嘆いても、状況は何も変わらないのです。
返済に困っている方、借金相談,任意整理を知りたい方は、まずは弁護士へ相談してみてください。
続きはWEBで、などと言わせないですよ(^_^;)

いやいや、冗談はそれくらいにして、本気で真剣に考えてみましょうね。

金の切れ目は縁の切れ目?

November 14 [Thu], 2013, 9:52
金の切れ目は縁の切れ目という言葉があるように、私も主人も人にお金を貸すのが嫌いです。
ほとんどの方がそうかと思いますが、貸すのが嫌いでも断れなくて貸してしまう方は結構いるのではないでしょうか?

夫の会社は若い社員ばかりでいつも和気あいあいしています。
休日にはみんなで草野球やったりバーベキューしたり、先輩でも友達みたいな感じでおつき合いしています。

その中の一人が最初は仲良く遊んでいたのですが、タバコ一本ちょうだいから始まって、
ジュース買いたいから100円貸して・タバコ買うに財布忘れたから500円貸してくれない?
と「貸して」が多くなってきたそうです。

男はタバコ一本・ジュース100円ケチるのはカッコ悪いと思っている主人は、
最初は何とも思わず貸していましたが、全然お金が返ってこないのでだんだん嫌になってきて
「返してくださいよ」と強く言うと主人の所へは借りにこなくなったそうです。

他の同僚には借りていたみたいで、3万円貸していたけれど先輩が退職してしまったので
結局返してもらえないままの人もいたそうですよ。

同僚から借金してそのまま借り逃げなんて最低ですよね。

でもありがちな話なのではないでしょうか?
それももっと大きい額の方もいるのではないですか?

借り逃げなんて犯罪ですよ!
弁護士を頼ってくださいね。
返してもらうまで縁は切れませんから、諦めないでまずは相談してみてくださいね。

為す術もなくまた借金

November 13 [Wed], 2013, 10:01
某お笑い芸人のBLOGを読むのが好きなのですけど、笑えないときもあります。
あまりにもリアルすぎて、あまりにも過酷すぎてとても笑えません。
というか、いまはお笑い芸人ではないのでしょうか、詳しいことは分かりませんけど。

とにかく金が無い生活らしく、日々の暮らしが大変そうなのです。
もう借金も相当額あるようでして、返済については困難を極めているそうです。
収入もほとんど無い状態で、どうやって生活をしてどうやって返済をしているのでしょうか。

このような状態で相談してどうなるかは分かりませんけど、
一度でも弁護士の方に話を聞いてもらう方がいいと思うのですよね。
自分一人で考えてみても、どうにもならない問題ってあるじゃないですか。
借金の問題だってその一つだと思うのです、ある日突然金が出てくるわけではありませんし。
これまでの返済状況をみても、債権者だって期待していないでしょう。

それよりも、法律家の判斷で法的に債務整理をする方が現実的ではないでしょうか。
そうすることで、生活を再建することが出来ると思うのです。

仮に破産手続きをするにしても、自己破産をすることのデメリットも確かにありますが、
前に進むために必要で重要なことなのです。
とにかく、借金を返すための借金はやめて、プロに相談してみましょう。

借金で一気に傾く生活

November 12 [Tue], 2013, 10:12
金に困っている知人がおりまして、わたしも10万円ほど貸しました。
しかしその10万円も、一時の生活費となっただけで、焼け石に水だったようです。
それでも10万円あったことで生き延びることが出来たと感謝されました。

感謝されましたけど、おそらく10万円を返してもらうことは難しいでしょうね。
そのような状況ですし、わたしも状況を詳しく知っていながら貸したのですからね。
返ってこないことが想定出来た、と言われても仕方がないと思います。
わたしだって10万円は惜しいですが、知人を助けたならそれで納得できます。

それよりも心配なのは、その知人の今後ですよね。
このままでは、おそらくアパートも追い出されることでしょうし、食べるものにも不自由に。
うーん、こうなる前にどうにか出来なかったのでしょうかね。
ちょっと対応が遅すぎると思うのです。
借金をして、これほどまでに生活を破綻させてしまうとは、残念で仕方がありません。

まだ弁護士に借金 相談に行っていないそうで、知り合いの弁護士事務所の
連絡先を渡しておきました。
当面の弁護士との相談費用は、わたしが肩代わりすることにしました。
わたしが協力できるのはここまで、あとは自分のチカラでなんとかしてほしいですね。
まずは、借金を整理して人並みの生活に戻すことですよね。

帰省する度に借金をしてしまう

November 11 [Mon], 2013, 13:26
お盆が終わって、さあ東京に戻って頑張ろうかと思いましたら、
なんともう11月も中盤にさしかかりますか、はぁ・・・早いですね。
もうすぐ年末で年越しですか、また大変ですね。

いや、わたしの実家は長崎県の壱岐というところなのですけど、
帰省するときは飛行機を乗り継いで帰るのです、非常に金がかかるのです。
お盆の時期はまだ良いのですが、年末年始は異常に高いじゃないですか、困るのです。
その度に借金をしてしまうのです。

往復で7万円くらいかかるのです。
借金をしないと帰れないレベルですよね、いやわたしにとってはそうなのです。
貯金をすればいいじゃないかという人がいますけど、もともと収入が少ないので、
普通に生活していくことで精一杯なのです。

本当に贅沢などしていません、車も持っていませんし、良い服を来ているわけではありません。
帰省の時に出来た借金を、半年間かけて返済しているのです。

帰省するための航空券を予約しようと、今インターネットで見ているのですが、
なんかいつもの年よりも高くなっているような気がします・・・。
予約確認をクリックする指が震えているではないですか(>_<)

みなさんはどうなのでしょうか、帰省する時お金がかかりませんか?
わたしと同じように借金で帰る人はいないのでしょうか。

熱を入れあげて借金問題へ

November 09 [Sat], 2013, 11:09
放っておけないのです、わたしの友人ですからね。
友人のK君は、本当に優しくて良いやつなのです。
誰からも恨まれることがありません、むしろみんなから愛される素晴らしい人間です。
ところが、そのK君が相当額の借金を作り、返済が困難な状況らしいのです。

なんで親友であるわたしに相談してくれなかったのでしょうか、寂しいです。
わたしにも相談できないくらい困窮していたのでしょう、何か理由があったのでしょう。

詳しく話を聞いてみたのですが、どうも匂いますね。
結婚詐欺ともデート商法詐欺とも言えるかもしれません。
要する、ある女性に金を貢いでいたらしいのです、借金をしてまで。
3つの消費者金融での借り入れ、ローン契約を合わせますと、250万円の借金だそうです。
冗談じゃありません、そんな金額の借金が返せるわけがありません。
ローンだって支払えるわけがありませんよね、実際問題。

わたしは、弁護士に相談して任意整理や自己破産の手続きを手伝ってもらうことを提案しました。
弁護士費用だったら、みんなでカンパすると言いました。
いや大丈夫ですって、そんなことで借金を抱えて苦しんでいるK君を見ている方が辛いです。
しかも250万円って、金利だけでも幾ら払うのか・・・。

わたしも素人なりに色々調べましたよ、借金問題の対応方法については。
本当に困っている人を救済する方法はあるものです。
唯一K君が反省しなければならないところは、色仕掛けにやられたという点でしょうか。

つくし総合法律事務所という事務所で、借金問題を相談できることが分かりました。

早速、明日にでもK君と一緒に相談に行きたいと思います。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:girishin88
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる