ブルーテトラのサーロス・ウルフドッグ

July 27 [Wed], 2016, 10:10
看護師を辞めたいと思っている人は、かなりの数になっているといえます。
大きな訳としては、厳しい仕事内容で体調が悪くなってしまったり、給与について不満に思っていたり、ややこしい人間関係で精神的に悩んでしまったりという事が大半です。一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる看護師長の仕事と言えば、看護部長をサポートしたり、看護師の指導教育といったもので、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。


課長職につく人物の収入が勤める企業の規模で全く違ってくるように、看護師の年収は、病院の規模で全く異なるのです。
または、公立と民間、地域によっても差があって、ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立病院に勤めた場合で、およそ750万円程度だと推測できます。私の叔母である人が、離婚をして地元に戻ることとなりました。

しばらくぶりに会った私の想像よりも叔母は元気そうで、「私には看護師資格があるんだから、どんなところへ行っても仕事に困らない。


ダメ夫に面倒見てもらわなくても食べていくことくらいできるわ」と笑顔でした。看護師という仕事に就いていると、異業種に比べると高給です。


だから、というわけではないかもしれませんが、おしゃれな人が多くいるように感じられます。
しかし、時間的余裕の少ない職業でもあります。

ほとんど休めない様な病院もあって、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だというのは珍しくありません。給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最もいいと思います。
仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く神経を張りつめていることが多く、そのために強いストレスを経験することになります。

要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを探し出せるかどうかというのは、この仕事を続けていくのであれば重要視した方が良いようです。
もし、看護師として勤務しながら金銭的な余裕があればと考えた場合に行う他の仕事にアルバイトがあります。

仕事が休みの日を利用して他の仕事で収入を得る看護師は毎年増えてきています。

Wワークの長所は、何もすることがない時間を有効に活用することが出来て、別の仕事をすることでストレスの解消にもつながる事です。

基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、別段、看護師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。

けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。
さて、看護師として長く働き続けると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、自分の心身の健康についても状態を自覚したりできるようになります。給料についてですが、看護師の場合は大病院や個人病院など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。

退職する時に出る手当である、退職金については、都道府県や市町村などによる公立病院や、あるいは国立の病院なら、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、納得のいく額が支払われることになるでしょう。


一方、個人経営の病院になると、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。


公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ruka
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gipo3tehral2tr/index1_0.rdf