初めましても兼ねての小説

September 08 [Wed], 2010, 19:51
この小説は悪ノP(mothy)様の「悪ノ召使」を元に作った小説です

曲のイメージを涅諳がぶっ壊す可能性があるので、ぶっ壊されたくない方は回れ右でお願いします!

原曲から一部歌詞をお借りしております







         悪ノ召使







原曲:【sm3133304】

歌唱:鏡音リン・レン

作曲・作詞・編曲:悪ノP(mothy)
















君は王女・・・僕は召使 運命分かつ 哀れな双子・・・

僕は君を守るためなら、なんでもできるから 

だから・・・君はそこで笑っていて・・・?



カーン・・・カーン・・・カーン・・・




期待の中僕らは生れた 祝福してくれる教会の鐘が耳に障る




「ねぇ、レン」

「ん?」

「私達、ずーっと一緒だからね!」

「うん! 約束だよ!!」




「あ、ママ!」

「どーしたの? ママ達」

「リン、レン・・・」

「なあに?」

「お別れを言ってね・・・」

「え・・・」




「・・・ねぇ、リン」

「・・・ん?」

「僕達、どうなっちゃうのかな・・・」

「だ、大丈夫だよ!! 私達はずーっと一緒! ねっ?」

「う、うん・・・そうだよね」




その会話もつかの間・・・

僕達の未来は2つに裂けた







どこにいるの? 

僕に君の顔を見せてよ

僕に君の笑顔を見せてよ

僕に君の声を聴かせてよ

ねぇ・・・ねぇ!―――




「はっ・・・!」

「なんだ・・・夢か」

「(でも今の夢・・・なんだったんだろう?)」










「王女様、新しい召使を連れてまいりました」

「御苦労さま・・・下がっていいわよ」




「新しく王女様に使えさせていただく、鏡音レン と申します よろしくお願いします」

「よろしく」

「・・・たとえ世界のすべてが・・・君の敵になろうとも―――」

「ん? 何か言った?」

「え、い、いえっ 何も言ってないです」




「(たとえ世界のすべてが・・・君の敵になろうとも 僕が君を守るから・・・)」






















『隣の国へ出かけてきます

        すぐに帰ってくるから!

                     リン』










「あぁー・・・もうしょうがないなぁ」







「―――さんって面白い人ですね・・・」




「(ん・・・あの女の人、綺麗・・・)」

「・・・レーン!!」

「あ、王女様! お迎えにあがりました」

「いつもありがとう・・・レン」

「いえ、これが僕の仕事ですので」







「え・・・王女様、いまなんて?」

「聞こえなかったの!? 緑の娘を殺しなさい!!」

「・・・はい」







「うっ・・・やめて・・・」

「ごめん・・・っ ごめん・・・っ」




―――恋した人を殺すなんて・・・僕は・・・僕は・・・っ―――













「・・・今日のおやつはブリオッシュだよ」

「やったぁ! いただきまぁーす」

「やっぱりレンの作ったブリオッシュは最高だよ!!」

「ありがとうございます」










「ふふっ・・・ もうすぐこの国は終わるだろう! 怒り狂っている私達の手で!!」




―――愛し方を知らない・・・彼女の為に――









王女はどこだ! 王女を出せ!!




これは報いだ・・・




「王女様・・・いや、リン―――」

「えっ」

「もうすぐそこに敵が迫ってきてる・・・」

「そんなことはわかってるよ!!」

「ほら、僕の服を貸してあげる・・・」

「・・・ ・・・」

「これを着てすぐお逃げなさい・・・」

「でも・・・ レンは!? レンはどうするの?!」

「大丈夫・・・僕らは双子だよ きっと誰にもわからないさ―――」




いままでありがとう、リン   だけど、お別れだね
















「ふっ この・・・無礼者っ!!」




「ごめん レンごめんねっ・・・ ごめん・・・ごめん・・・」

 

僕は王女 君は逃亡者・・・ 運命分かつ悲しき双子




君を悪だというのならば、

僕だって同じ血が流れてる―――










むかし むかし あるところに 悪逆非道の王国の

頂点に君臨してた とても可愛い 僕の姉弟




たとえ世界のすべてが 

ついにその時はやってきて

君の敵になろうとも

終わりを告げる鐘が鳴る


僕が君を守るから

民衆などには目もくれず


君は どこかで笑っていて―――

君は 私の口癖を言う―――







「ふん・・・当然の報いだ!!」

「レエエエエエエエエン!!」







君は王女 僕は召使 運命分かつ 哀れな双子

―――君を守る、その為ならば―――

僕は悪にだって なってやる!







―――もしも生まれ変われるならば

                 その時はまた遊んでね―――

          完
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:涅諳
  • アイコン画像 誕生日:11月2日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
本ブログ【http://ameblo.jp/kurokibeya/】

こえ部【http://koebu.com/user/misyua112】

こくばん.in【http://kokuban.in/user/amanto】

ニコニコ動画【http://www.nicovideo.jp/user/16648129】

              活動場所はいろいろです
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ