2週で会話1回以下、16% 高齢単身男性の孤立が深刻化

July 27 [Sat], 2013, 12:16
 65歳以上の一人暮らしの人に普段の会話の頻度を聞いたところ、最も少ない「2週間に1回以下」は男性16・7%、女性3・9%だったことが24日、厚生労働省の研究所の調査で分かった。高齢単身世帯では男性の方が社会的な孤立が深刻化している現状が浮き彫りになった。調査は国立社会保障・人口問題研究所が2012年7月に実施した「生活と支え合いに関する調査」。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gill170123/index1_0.rdf