【 更新情報 】

スポンサード リンク

ギガプリンの楽しみ方

ギガプリンは普通?のサイズで換算すると20人分!実勢価格がネット通販だと3,000円くらいなので、
一人当たり150円となります。じゃあギガプリンじゃなくて普通のプリンを20個買ったほうが安いと
決め付けてしまうには惜しいインパクトがあります。
このプリンは作ってあるものを食べるというより、どっちかというと作ってみたい衝動にかられる
方も多いと思います。価格だけでは表現できない魅力がそこにはあります(笑)
ギガプリンのパッケージには「食後のおやつに」と書かれてはいるものの実際は複数人でのパーティ用と
なるので、毎日どころか毎週一つ食べるのも難しいと思います。ですがネタ的には「食べたことがある」と
「作ったことがある」というのはぜひ挑戦する価値はあります。
購入時、商品に含まれているのは、まず専用のバケツ、取扱説明書、プリンのもと、カラメルソースのもと、ギガスプーン
といわれる巨大なスプーンが入っており、結構シンプルです。
いくつもまとめて購入する商品ではありませんが、価格的にプレゼントにも適しているのでは
ないでしょうか。作る醍醐味をプレゼントして、食べる時に呼んでもらって喜びと感動を分かち合うのも
楽しいかと思います。

ギガプリンをさらにおいしく

前出ではあるがタカラトミーギガプリンは付属の内容だけでプリンが作れます。
ですがちょっと物足りない味になるのも否めないようで、説明書では
「もっとおいしくなる方法」が書かれています。

『牛乳やココナッツミルクを加えるとコクがでてまろやかになる』と書かれています。
大きくてもちゃんとした(?)プリンらしい味を目指し、ぜひとも入れたほうが良いです。
キット品を使ってもオリジナリティや工夫をこらしてより上を目指すのは何でも一緒ですね。
ベースは出来ており、よほど分量を間違えなければ失敗するということはないと思います。
あと、やっぱり20人分なので大人数で食べないと食べ切れません。
我が家は4人家族ですが1度での完食は無理でした・・。
見た目がすごいのでお皿にあけたいし、残すってわかってるならバケツ容器のまま
食べたほうが良いですしね・・。そのあたりは各ご家庭事情があるでしょうから、
お任せしますが、やはり一度はお皿に出したいですよね。
なにかのイベントにぜひ一度は作ってみて、皆さんで楽しくいただくのがベストですね。

ギガプリンの作り方2

大部分を占める本体が出来れば次はカップでカラメルソースを作ります。
先ほど同様カラメルソースのもとに熱湯を170ml入れて、完全に溶けるまで混ぜます。
これが終わったら、プリン液が入ったバケツにカラメルソース液を流し入れます。
プリンと混ざってすごい色になってしまうのではないか?先にカラメルソースを
入れるって書いてなかったかな?と不安にかられますがそこは大丈夫。
カラメルソースは比重が違い、容器の底に沈殿するため、混ざり合うことはないとのこと。
あとはしっかりフタをしてバケツごと冷蔵庫の中に入れ、10時間以上冷やします。
10時間て結構な時間ですが、これをしっかりしておかないと完成時にプリンが崩れてしまう
そうです。それは今までの努力が無駄になるのでじっと我慢します。

イベントから逆算して作っておかないと間に合わないって事ですね。
次が一番の楽しみの完成披露儀式のひっくり返してお皿に出すというところです。
あせらないよう、ゆっくりバケツを持ち上げるとはい完成!苦労が報われる瞬間です。

実際、写真などで見るのよりも迫力を感じます。いまいちサイズが伝わらないので、
写真を撮るなら通常サイズのプリンなど比較対象が必要ですよ。


ギガプリンの作り方1

タカラトミーの「ギガプリン」にはプリンを作るにあたって必要なものは
基本的に含まれています。

まず説明書、プリンを作るバケツ、プリンの素(粉末)、カラメルソースの素(粉末)、
そして巨大なギガスプーン。

うまく作れるか不安ではあったが、対象年齢は8歳以上。きっと大丈夫!
作り方としては、ボウルかなにか大きめな入れ物にプリンの素を入れ、170mlの熱湯を注ぎます。
粉が完全に溶けるまで混ぜますが、泡だて器があると便利ですね。
普通、プリンを作るには、ミルクや卵、砂糖などが必要で味の決め手になるが、
ギガプリンは付属の「もと」だけで作れてしまうので、ほかの食材を揃えることはありません。
ですが、かき混ぜる時に使用する大きなボウルや泡だて器、カラメルソースを作る時に使用する
カップなどは家庭にあるものを使います。
それでは作ってみましょう。まずはボウルに「プリンのもと」を入れます。
そして説明書どおりに1.6リットルの熱湯を注ぎます。
粉末の「もと」が完全に溶けるまで混ぜます。完全に混ぜてから、専用バケツの中に
プリン液を流し込みます。
この時点で結構いいにおいがお湯の蒸気とともにムワッとしてきます。

タカラトミーのギガプリン

タカラトミーから出ている「ギガプリン」を買ってみました!
子供の頃に抱く夢・・・。「宇宙飛行士になりたい」「レーサーになりたい」「パイロットになりたい」
など壮大な夢を想像するかもしれないが、私の幼少の頃の夢は「好きなもの(だけ)で
お腹いっぱいにしてみたい!」という大人からしたら小さなものだが、結構本気に思っていた。

「プリンを独り占めしたい」そんな夢をかなえるパーティグッズ(?)がタカラトミーから販売されている。
その名も「ギガプリン
キロ、メガ、ギガと続く、わかりやすい商品名(笑)
タカラトミーは実際食べられる商品もいつくか出してますが、これもその一つ。
基本的にはパーティグッズですが、買ってみてびっくり、ギガプリンというおおよそ
一人用には思えないネーミングなのに「食後のおやつに!」って一人で食べてる絵が
かかれていました。
お酒も好きだが、甘いものも大好きな僕としては挑戦しなければと使命感?で挑戦しました。
事前にタカラトミーのギガプリンの公式サイトにアクセスし、ちょっと勉強してから購入しました。
パーティの隠し目玉としての破壊力満点のギガプリン。
子供に内緒で作るのは冷蔵庫の占有体積的に難しそうだけど、ウケること間違いなしですね。