お涙ちょうだい

November 23 [Sat], 2013, 11:31
ヘタな自己弁護は火に油を注ぐ結果となってしまいます。ありのままを話し、審判を仰ぎましょう。哀れんでもらおうとお涙ちょうだい話をするのが一番の失策です。自己紹介とは自分がどのような人間なのかを紹介するのはもちろんのこと、長所をアピールする場でもあるのです。たまに自己紹介で短所ばかり並べる人がいますが、それは間違いですからね。身に覚えない言いがかりのほとんどがその名のとおり言いがかりです。しかしながら中には、単に忘れているだけとか、わかりながらもシラをきっている場合もありますので、身に覚えがないからといって簡単に追及の手を緩めてはいけません。言った言わないの話になったとき、メモなりメールなり残しておけば言ったとの証明はとてもしやすいのですが、問題は聞いていない証明ではないでしょうか。言ったのに聞いていなかった、書いてあるのに見なかった、そんなあなたが悪いと言われてしまえば反論のしようがないですからね。高くて安全なものは山のようにありますが、だからといって安くて安全なものが皆無なわけではありません。しかしながら数が少ないのも事実です。だからこそ見る目を養わなければいけないのです。夢は見るものではありません。叶えるために見るのです。夢は願うだけで叶うものではありません。願わなければ叶わないからこそ願うのです。あなたの夢も叶えてみませんか。二度と顔をあわすことはないと思えば、多少のムチャができたりするものです。次にまた顔をあわせる機会があわせる可能性があるのならできないようなムチャをしてみませんか。保険約款を最初から最初まで一字一句見落とすことなく目を通した上で契約されている人はいるのでしょうか。あまりにも項目が多く、また印刷物の字も小さいですよね。まるで読ませないようにしているではないかと言いたくなるくらい大変ではありませんか。なにを閲覧し、なにを購入したのか。個人を特定されてしまうのは確かにプライバシーの侵害にあたるのでしょうが、マーケティングには必要不可欠な情報です。そのあたりの線引きはしっかりしてもらいたいものですよね。

ごく自然なこと

November 23 [Sat], 2013, 11:28
要望があるのですから、存在するのはごく自然なことですよね。頼まれてもいないにも関わらず不法占拠しているのであれば問題あるのでしょうが、決してそうではないのです。お金はお金、キレイもキタナイもないとわりきれるのであればいいのですが、やはり出どころのわからないお金はこわいです。あなたはわりきることができますか。強引に携帯番号やメアド、IDを聞いてくるようであれば、とにかく無視し続けるのが一番です。逆に、向こうから送りつけてこられても相手にしなければいいですからね。望まずして入手した連絡先は、インターネットで流すか公衆トイレにでも落書きしておけばいいのです。ひっかけ問題にひっかかる人とひっかからない人がいます。その違いは何なのでしょうか。ひっかけ問題にひっかかる人は最後まで問題を読まず全体を把握しないまま答えを導きだそうとするような気がするのです。実際のところ、いかがですか。カイロも使い捨て、カメラも使い捨て、コンタクトレンズも使い捨て、そしてメールアドレスも使い捨ての時代です。捨てアド以外にもサブアドやフリアドを呼ばれるものはご存知でしょうか。なんだかんだいってもこの世の中は競争社会です。勝った者には褒美が与えられ、負けた者にはなにも与えられないどころか敗者の烙印までおされてしまうのです。これが競争社会でなければなにが競争社会なのでしょうか。自ら発信することなくただひたすら眺めることに徹する人がいます。様子見しているとはあくまで建前であり自らの意思で動き出すことはまずありませんので、存在自体忘れても特に問題ないのでないでしょうか。お金をかけた分だけ成果があらわれるものもあれば、かけた以上にあらわれるものもあります。一番困るのはお金をかけたにもかかわらず一向に成果が出ないときですよね。メアドなんてあいさつ代わりに交換するものだと考える男性もいれば、メアドはなかよくなってからでなければ教えられないと考える女性もいるのです。そうした違いがある以上、相手の考えにあわせるしかありません。

大変だ大変だ

November 22 [Fri], 2013, 10:00
そうたいしたことではないにも関わらず、とにかく大変だ大変だとさわぐ人いますよね。あれはどういう意図がかくされているのでしょうか。これだけ大変なのだから結果がでなくても仕方がないとの伏線をはっているとすれば、滑稽ですよね。とことん結果にこだわってみてもいいのではないでしょうか。次につながるなど単なるなぐさめでしかありません。結果の伴わない努力など全くといっていいほど意味がないのです。なにかしらの特典を受けられるキャンペーン、確かに魅力的ではあるのですがキャンペーン以外利用しないとなるとなにかと支障が出てしまいます。欲しいと感じた瞬間が買いどきなのでしょうね。チビ・デブ・ハゲといった男性にまつわる負の要素も、アピールポイントにしたり笑いのネタとできるようになれば完璧です。女々しくチビ・デブ・ハゲであることを悲観されたところで、誰ひとり同情してくれることはありません。結果に固執しないことが美徳だと思われてるいる人も少なくありませんが、その多くが結果を出すことのできない自分を擁護するために美徳にしたがっているに過ぎないのです。世の中、悪い人ばかりではありません。一部の不良品がクローズアップされているだけで大半はまともなのです。それにしてもこうした不良品、修理は可能なのでしょうか。それとも廃棄するしかないのでしょうか。なにか決断をするとき、誰かに相談されますか。それともひとりで決めますか。意見を聞くのも大切ですが、意見を聞くことでよけいにわからなくなってしまうこともあるのです。最終的には自分が信じた道を行く、そうすれば後悔もしないはずです。一般的に、男性はせっかちでめんどうくさがり、過程なんてどうでもいいから結果が欲しいと、必要なことすら省略したがる傾向にあります。もちろん全ての人にあてはまるわけではありません。自分の信じた道が正解ばかりとは限りません。ときには途中で間違いだったと気づくこともあるのです。そのときはどうすればいいのか、引き返して新たな道を進めばいいのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:giftfromme
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/giftfromme/index1_0.rdf