スタレビ35周年大宴会。 

February 18 [Sun], 2018, 20:00





自分への誕生日プレゼントにスタレビ35周年記念の大宴会のブルーレイを買った。


六時間もあったけど、飽きない構成でイッキに観れてしまった。たくさんの豪華アーティストとのコラボを絡ませながらのライブ。
なんだかCHAGE&ASKAとも前にコラボとかしてたのを思い出す。
色々がなかったらチャゲアスの出演もあったかなぁ。


スタレビは今までガッツリ聴いてきたわけじゃないんだけど、ちょくちょく自分の聴くアーティストとの絡みが多かったりで、そのたびに絡めて一時的に聴く時期が訪れる…ということが、人生の中で多かった気がする。


気づけば35年だって。凄いね。

そりゃ出演者も豪華になるわけだ。
純粋に音楽を楽しんでる感じが六時間ずーっと続いてた。


根本要さんが、出演者数人から当時は音楽に詳しいお笑い芸人だと思われていた…っていうエピソードがあったけど、ホントMCが相変わらず達者。

ギターも歌も…MCも六時間ぶっ通し。
で、最後には涙。
…観てるこっちも最後には涙。


ちょっと値は張ったけれど正解だった。
良い誕生日プレゼントになった。

ぼくの名前はズッキーニ 

February 18 [Sun], 2018, 19:56








気になっていた「ぼくの名前はズッキーニ」を観に新宿の映画館へ行ってきた。



映画にしては短い。
一時間ちょっとで終わっちゃう。

でも、短いけど、その分、余分なシーンがなくて綺麗にまとまってた気がする。


苦しい悲しいばかりではなく、
それから逆に綺麗事ばかりじゃなく、
なんだろう…全面に出さないで控えめなとこが良かった。

感動させるために過剰演出で必要以上にひっぱるシーンが苦手な自分には、テンポがちょうど良かった。

淡々と進む展開ながらも、メッセージ性はちゃんと力強いし。








スキー場で、一組の親子を眺めるズッキーニたちが印象深かった。
演出もそこに関しては少し長回しな感じで、並んで動かずにただ眺めているシーン。






ファミリー映画っぽい見た目だけど、見た目に反して内容はシビアなものだったなぁ。

登場するキャラクターを全員気に入ってしまうから、見終わった後の感想に困ってしまう。晴れのち曇り的な感覚になる。





そういえば、劇場で子供たちを数人見かけたんだけれど、あの子供たちにはこの映画がどんなふうに映ったんだろう。






まだまだダメ息子。 

February 18 [Sun], 2018, 19:51



この間、両親がうちに来た。

全然こっちから顔出せてなかったからか、向こうからやって来た。


遠いのに申し訳なかったけれど、顔見れて元気そうで安心した。
手土産もたくさん。感謝しかない。

夜ご飯だけでもご馳走しようと思っていたんだけれど、けっきょくご馳走になってしまった…。


ダメだなぁ。
相変わらずダメな息子だ。




食事中に、話そうと思ってたことを話した。個人的には、なんとなく別に改めて話すことではないかなぁ…って思ってることだったんだけれど、話した。

いざ話してみたら不思議とホッとしたような気持ちになったから、ちゃんと話せて良かった。








なんだか会うたび小柄に感じていく。
実際そうなのか、ただ久々だからそう感じちゃうだけなのか…。

とにかく、
まだまだ元気に長生きしてほしいものだ。

ちゃんと、いつか親孝行らしい親孝行しなきゃ。
旅行にでも連れていくって言っちゃったから、そのうち本当に連れていかなきゃ。





まずは、
目の前にズラリと並ぶ事柄を、一つずつクリアしていかないと…。







そういえばホント今さらだけど、
この間の雪は凄かった。凄い積もった。

うちの方に限っては全然溶けなかったから毎日靴がびしょびしょになった…。

眺めるだけなら良い景色でいいんだけど、できればもう今年は降らないでほしい。






でも現場が中止になったりは嬉しい。






亀仙人。 

February 01 [Thu], 2018, 7:22








今テレビでやってるドラゴンボール、あんまり面白いとは思えないんだけれど、
なんか観てしまう。


今のところ全部観てる。


たぶん、このまま3月の最終回まで観ちゃう。

なんだかんだで、たまに面白いんだよね。
ホントたまにだけど。

中でも亀仙人が本気で頑張ってた回は、ちょっと胸が熱くなるものがあった。






「限界なんぞクソくらえ。

わが弟子たちよ!

よく動き、よく学び、
よく遊び、よく食べて、よく休め!

人生を、面白おかしく
張り切って過ごせ!

亀仙流はお主らと共にある!」





…からの、かめはめ波。






………なんか、このシーンにはグッときた。














Disメンバーで新年会。 

January 28 [Sun], 2018, 14:32








この間は、Disのメンバーで新年会やってきた。

四人が揃ったのは本当に久々。

年始に蓮月さんには会ったけど、四人が揃うっていうのは本当に久々。

悠さんとはちょくちょく連絡取り合ってるけど、銀ちゃんはまったく連絡取り合ってないからなー。
顔見るのも声聞くのも久しぶりだ。


場所は歌舞伎町で、いつもの居酒屋。
銀示さんは安定の遅刻。
大遅刻で来ないパターンじゃなくて良かった。



他愛もない話をしながらお酒飲んだ。
最近、少しは酒に強くなったと思ってたけれどハイボールにやられた。
前回の蓮月さんに続き、悠さんにも無事誕生日プレゼントを渡せて良かった(今更)。

居酒屋の後は、恒例のビリヤード大会。

…で、カラオケ行って、また近々と約束を交わし解散。







みんな色々あっても変わらず元気そうでなにより。
生きてて安心。


なんだろう、このメンツは地元の仲間に会うのと感覚が違う。
仕事仲間に会うのとも感覚が違う。

個性が強いのは勿論のこと、それ以外の何かをみんな持ってる。
うまく言えないけれど、一緒にいてふと感じる。……不思議な感覚。



もう全然ライブしてないし、活動の予定もないけれど、メンバーはメンバーだと感じてしまう。自分だけかな……。


自分の中では数少ない一緒にいて安心できてしまう人たちだ。




そんな感じで、
ホント、また近々……(?)。












BGM:T2 トレインスポッティングのサントラ








もうすぐ37歳。 

January 19 [Fri], 2018, 22:37




なんてこったい。
大変だ。もうすぐ37歳になってしまう。あと1ヶ月くらいで。






1981年2月15日、横須賀に生まれ横浜で育った。
東京に一人やってきたのは18歳。気づけば今は埼玉在住。



実家を出た18歳のあの日から、もう20年近くなる…
信じられない。まったく信じられない。





たまに、ふとなんで自分はここにいるんだろうとか思う。流れ流れ、辿り着いている「今」。


それなりに色んなことがあった。それなり……いや、慌ただしい人生だった。今もそうだけど。
こうなってくると、たぶんこの先もずっとそうなんだろうな。まだまだありそうだ。きっと色々なことが待ってる。騒ぎは止まない。油断できない。




それで、またそのうち、ふとした瞬間、なんで自分は今ここにいるんだろうとか思ったりするんだ。







たまに、この「今」に辿り着けなかった友達のこととかも考えたりする。


あれから何年経っただろう。


なんだか自分だけ年を取っているみたいに思う。
なんか嫌だな。


だって、どうしてもイメージはやっぱりあの時のままなんだもん。
彼らはそっから年を取っていないんだ。

不思議な感覚。



もし、今会って話をしたなら、年齢差とかを感じちゃったりしちゃうのかな。



なんだか距離感のようなものを感じて、ちょっと寂しい気持ちになる。



自分の年齢を改めて実感する瞬間の一つでもある。



普段はまだ若いと自分のことを思ったり
……というか、そう思うようにしてるわけなんだけれども……。






まったく若いままだなんて羨ましいな。

でも自分は「今」を大切に、なんとか少しでも誇らしく思うことにするよ。すごく難しいことだけれど、……無理にでも。



友達が見れなかった、その先の景色を自分は見れているんだから。








ここまで来たなら、もう生きれるだけ生きて、嬉しいこと悲しいこと、土産話をもっと増やしてやろうじゃないか。

























T2 トレインスポッティング 

January 16 [Tue], 2018, 21:09








選べ。ブランド物の下着を。
虚しくも愛の復活を願って。

バッグを選べ。ハイヒールを選べ。
カシミヤを選んで、ニセの幸せを感じろ。

過労死の女が作ったスマホを選び、
劣悪な工場で作られた上着に突っ込め。




フェイスブックやツイッター、
インスタグラムを選び、
赤の他人に胆汁を吐き散らせ。

プロフ更新を選び、
“誰か見て”と、朝メシの中身を世界中に教えろ。

昔の恋人を検索し、自分の方が若いと信じ込め。
初オ○ニーから死まで、全部投稿しろ。



人の交流は、今や単なるデータ。
世界のニュースより、
セレブの整形情報。
異論を排斥。
レ○プを嘲笑。リベンジポ○ノ。
絶えぬ女性蔑視。



9.11はデマ。事実ならユダヤ人のせい。
非正規雇用と長時間通勤。
労働条件は悪化の一途。
子供を産んで後悔しろ。

あげくの果て、誰かの部屋で精製された、粗悪なヤ○で苦痛を紛らわせろ。




約束を果たさず、人生を後悔しろ。
過ちから学ぶな。

過去の繰り返しをただ眺め、
手にしたもので妥協しろ。

願ったものは高望み。
不遇でも虚勢を張れ。

失意を選べ。愛する者を失え。


……彼らと共に自分の心も死ぬ。


ある日気づくと、
少しずつ死んでた心は、
空っぽの抜け殻になってる。





未来を選べ。








※劇中のレントンのセリフ抜粋








「T2 トレインスポッティング」のブルーレイを買った。
特典映像の未公開シーンが濃かった。
去年はもうこの映画を何回観たかわからない。劇場で数回観て、レンタルでも何回か観て…。

何年も楽しみにしてた映画だけあって、そう考えるともう言ってみれば長い付き合いみたいなもの……。

なんだかんだで全然トレスポ離れできてなかったんだなぁ。
今回、ブルーレイを買ったことで改めて気づかされた。

でも、これでとりあえず終わり。
手にしたことにより「終った感」が凄い。未公開シーンも全部観ちゃったし。



ブルーレイ買って身近な物になって嬉しいはずなのに、
なんだかこの「終った感」が寂しい…。












2018 映画館初め。 

January 11 [Thu], 2018, 5:27



今年の映画一作品目は「ギフテッド」と「パーティで女の子に話しかけるには」

映画館ハシゴして2作連続で観てしまった。
東武練馬で「ギフテッド」を観て、新宿へ移動して「パーティで女の子に話しかけるには」を観た。







ギフテッドは予告観て内容より映像と音楽に惹かれて観たいなぁと思ってた。

なんだろう…、こういう映画ってたまに観たくなる……自分の中で思うそんな映画だった。そこにピッタリとハマった。

登場人物でおばあちゃんが良くないようにも思うけれど、押し付けな教育論は置いといて、決して考えは間違えじゃないから難しい。こうありたいっていうそれぞれの考えの物語って考えると悪役が一人も出てこない映画。考え深い。

天才少女が天才少女というか、天才子役だと思った。
離れ離れになるシーンには泣かされるところだった。泣くシーンが凄いリアルだったし。
あと、隣人が素敵な人だった。猫も可愛かった。








「パーティで女の子に話しかけるには」は想像以上にぶっ飛んでいて振り切ってて笑った。
思っていた感じを大幅に越えてきた。
そういうところもある意味パンク。






設定からもうむちゃくちゃ。
B級感も漂ってて自分好みの映画だった。

たぶん何度か観たら、また発見がありそう。普通にも楽しめるけれど、文化の違いで気づけなかったメッセージ性やらジョークやら……そういうのがまだありそう。






終電間近で、急いで映画館を出たからパンフレットとかグッズとかゆっくり見れなかったなぁ。

色々売ってたみたいで欲しかった。














賀正。 

January 10 [Wed], 2018, 22:37







2017年、年末のラストは馬刺しと牡蠣と海老とウーロンハイでお疲れ様でした会。前に行ったことがある美味しいお店。








年越しは、睡魔に襲われ、0時2分前に起きて年越しして、0時2分後にはまた寝た。爆睡。


お正月はゆっくりと初詣行ったり温泉入ったり、年末のガキ使観たり、スタジオ行ったり。

なんだか、あっという間だったなぁ…


年末年始はお酒を飲まなかった日がない…
こういう年末年始はホント久々。

思ったより休みも多かったし。

その分、体がなまってしまったのか仕事がキツイ……。

筋肉痛でしんどい。







2018年。

自分にとって、今年はどんな年になるんだろうか…


わかった気でいるだけなのかもしれないけれど、
ずっとわからなかったこと、ここへ来てほんの少しだけわかったような気がする。



今年も宜しくお願いします。

どうかお手柔らかに……




でわ。









※こんなマイナーで内容極薄なブログなのに読んでいただいてる方々には感謝しております。今年も引き続きユルユルと更新していこうと思っております。宜しくお願い致します。










忘年会ラッシュ 

December 31 [Sun], 2017, 16:07







この数日、忘年会ラッシュ。
成増、有楽町、池袋、南越谷、西麻布、板橋、池袋……

久々に会う友達とだったり、現場の忘年会だったり、接待だったり、接待されてしまう側だったり、去年解散した現場仲間たちとだったり、お世話になってる先輩だったり…







成増では気心知れたあんちゃんと1年お疲れ様でした会。
有楽町は日本橋の現場の奴らと大騒ぎ。
池袋はお世話になってる先輩と二人がかりで取引先の監督さんの接待。
南越谷は解散したex南部軍団と。
西麻布はすごい高そうな雰囲気のある店で下請け会社さんと。
板橋はうちの会社の忘年会。
最後の池袋は大阪から遊びに来ている無口なはせくんと、お世話になってる先輩と。


全部気楽な感じで楽しかったんだけど、西麻布だけは場違い感が凄かった。
相手方は皆スーツでちゃんとしてるのに対し、軽い気持ちで行ったからこっちはブーツにライダース。
相手方の社長さんとか、さらに横繋がりの社長さんとか、だいぶ年上な人ばかり……頭を下げられるのが苦手で、頭を下げ返しまくってた。
よくわからないけど頭下げ合うのが面倒で最後には握手とハグ。おっさん同士のハグ。


なんだか今年は仕事絡みばかりの忘年会だなぁ。

地元の仲間やら、バンド関係の仲間たちとも忘年会したかったんだけれど、なかなかみんな予定がうまく合わずで、年始に持ち越し……。新年会やれたらいいな。








Disメンバー四人が今年揃えてないのが悔やまれる……。
もう世の中の誰もが気にすらしていないだろうけれど、Disは解散も活休もしていないんだよね。みんなソロ活動(人生の)が忙しいだけで…。
年始は予定通りDisメンバー集合できたらいいなぁ。






31日。今日はゆっくり過ごそう。









P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:紘(ヒロ)
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1981年2月15日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:埼玉県
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・弾き語り
    ・音楽、映画、小説
    ・所属バンド【Dis / 御宝少年団 / ex.哀愁的黄昏歌謡六区ギフト】
読者になる
2018年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
月別アーカイブ