あいあいの立石

November 05 [Sat], 2016, 14:29
意外と簡単にヘアダイはできますが、頻繁に白髪染めを自宅で行うことは良くありません。水分がついている頭髪をブラッシングすることは、かなり毛髪にダメージがあります。乾燥していない毛髪は、ダメージに弱いと言われていて、髪を引っ張る行為やこする行為は最も危険です。髪が湿っていることもダメージを受けやすいですが、あまり乾燥させすぎるのも考え物です。健康な髪の毛は、内側のたんぱく質が、保水能力が正常だからです。頭や毛髪が紫外線によりダメージを受けると、乾燥してパサパサの髪になります。紫外線の影響で、栄養が髪や頭皮に行かなくなったり、静電気をおこすようになります。晴れた日にも髪の毛には、エッセンスなどを忘れないようにしましょう。完全に乾いていない髪の毛では、ダメージに弱いと言われています。濡れた髪は、髪の毛同士や枕とのこすれで、刺激でキューティクルがダメになったりします。雨の日に髪がボワッとするのを防ぐには、髪全体をオイルトリートメントでマッサージすることです。どちらかといえばさっぱりしたタイプを選択して、頭髪の内側にも良くつけていきます。髪の毛の一部のキューティクルが傷んでいると、傷んだところから水分が入りその部分が膨らみます。膨らんだ髪の毛の部分がすこしづつ広がって行って、うねりの出る髪の毛になります。多くの毛髪にうねりが出てしまうと、髪の毛が膨張してぼさぼさの頭になってしまします。雨の日には髪の毛がうねってしまいます。しっかりヘアスタイルを決め込んでも、嫌になるくらいヘアスタイルがすぐにダメになります。どうして雨の日にはくせ毛のように横に広がるのかな?それは、外の湿度が高いので、髪の中の水分量が増えてしまうからです。毛髪の中の水分量が増加すると髪は広がりやすくなります。頻繁に髪のセットをヘアアイロンでしていると、毛髪のキューティクルが刺激で剥がれてしまいます。髪の乾燥を必要以上にすると、髪のたんぱく質が弾力を失ってしまうからです。シャンプーをするときの温度は、38°くらいにしましょう。髪に熱めのシャワーをすると、髪の毛が膨らむ原因になります。高い温度のお湯でシャンプーをすると、ヘアダイの色がなかなか定着しません。雨の日の髪の広がりを抑える対策は、完全に乾燥させることと、髪を保湿することが大切です。白髪染めなどで髪に負担がかかっていると、キューティクルの隙間から水が入り、まとまらない髪の毛になります。ダメージを受けた髪のケアには、乾燥を防ぎ保湿対策をすると、髪の内部にまで栄養が入っていきます。髪のキューティクルにダメージが無ければ、雨の日の膨張を防ぐ事が出来ます。冬場は湿気が少ないですが春になり、湿気が多くなる梅雨になります。雨の多い梅雨には湿気が上がり、強い紫外線に悩まされます。頭髪に紫外線が強く当たって傷み、毛髪の表面のキューティクルが傷みます。髪の紫外線対策を早くから始めれば、雨降りの時にも、爆発しないヘアになります。直毛の人は湿度などにあまり影響されませんが、くせ毛の人の髪は湿気によって変化します。生まれつきくせのある髪の毛に人は毛の中のたんぱく質繊維が均一でないから、曲がると言われています。くせ毛の人が湿気の多いところに行くと、髪の毛1本1本で水分の吸収量が違ってきます。髪が膨張しない晴れた日には、特別何も考えていない人が多いですが、晴れた日こそケアが大切です。髪の毛が濡れたまま寝ると、頭のはだに菌が繁殖する場合があります。必死に頭髪をとかし続けている人は、とっても危ないことをしているのです。髪の毛を思い切りとかしてしまうと、刺激で髪の表面にダメージがあります。自分の家でヘアカラーをすると、毛髪や地肌に負担がかかります。ヘアカラー剤を選択したいときには、ジアミン系の染料が入っていないものを選びましょう。頭髪に十分な水分を保つには、つけたままでいいトリートメントが売れています。はんがわき時や、完全に乾いた状態の時のどちらにもトリートメントを使用します。ドライヤーで髪を乾かす時には、頭皮に近い髪から乾かします。ドライヤーを使うときは、60%くらい乾いて来たら熱風をやめて最後までヘアドライするのがプロの技です。さっそく今日から始めましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Dan
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gid0nbjsmbouga/index1_0.rdf