【 更新情報 】

スポンサードリンク

ギブソン SG

ギブソン SG(エスジー)は、アメリカ合衆国のギブソンが1961年に発表したエレクトリックギター。名称の「SG」はソリッド・ギターの意味です。当時はレスポールの後継モデルとして「レスポール」を名乗っていたが、レス・ポールとの契約が切れたため、現在の「SG」という名称になった。それ以前(現在と同様)のシングル・カッタウェイのレスポールと区別する為、この頃のモデルは便宜的に「レスポールSG」と呼ばれることもある。レス・ポールは「クワガタみたいで驚いた」と言っている。氏がSGを抱えたカタログ写真も存在するが、本人はこのモデルチェンジをあまり気に入っていなかったようです。
SGスタンダード
名前の通りスタンダードな仕様で、チェリーカラーが主流となっている。テールピースはストップバーかビブラートタイプの2種類がある。SGスペシャル (Gibson SG Special) SGのコストパフォーマンスに優れたモデルで、ヘッドのGibsonロゴがスタンダードより安っぽく、ポジションマークは台形のインレイではなく、ドットとなっている。テールピースはストップバータイプのみである。
P R
カテゴリアーカイブ