食事と食事の間の開きすぎに注意

September 15 [Thu], 2016, 14:53
食事の間が開き過ぎると、食後に血糖値が一気に上昇するそうですね。
こういった、通常より強い食後高血糖は、糖尿病に繋がる危険があります。
寝ているときは食事をしていないので、朝起きた時は血糖値下がっている状態。
朝食を摂らないまま居ると、さらに血糖値が下がっていきます。

食事を摂っていない状況が続くと、グルカゴンといった血糖値を上げるホルモンが分泌され、それが次の食事まで頑張って身体を支えてくれます。
そして、昼食を食べるときには、まだグルカゴンが効いていて血糖値は上がったままになります。
食事をしてもグルカゴンとインスリンがケンカをしてしまい、インスリンの効き出しが遅れてしまうことに。
ここで、普通に昼食を食べてしまうと、血糖値が一気に急上昇してしまうんですね。

血糖値が上がりやすい状態になっているので、デンプンの多い食事は避けたほうが良いそうですよ。
その後はインスリンが効いて血糖値が下がりはじめますが、夕食の時間までに血糖値がきちんと下がるかどうかはわかりません。
このような事が続くと、ジワジワと血糖値のベースラインが上がってきます。
そして、糖尿病という大きな病気に繋がっていくんですね。
食事の間が開き過ぎないように、日頃から注意しなくてはいけません。

藤沢市の整体は身体のことに詳しいので、行く度にいろいろな話を聞かせてくれます。
自分で気をつけられる情報が満載で、感謝感謝です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:giant479
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる