こんにちわ

December 01 [Sat], 2012, 16:27


 民主党政権が一昨年12月に策定した「防衛計画の大綱」(防衛大綱)はゴミ箱行きが確実な見通しとなった。自民党が政権を取り戻せば防衛大綱を再改定する方針を固めており、防衛省内でも背広組(内局)、制服組(自衛隊)とも見直し機運が高いためだ。民主党政権の外交・安全保障政策で唯一の成果が紙くずとなり、日米同盟深化の象徴に掲げたキーワードも消え去ることになる。

2012年11月30日、中国映画の巨匠チャン・イーモウ(張藝謀)監督らが演出を手掛ける、自然の名勝を背景にしたショー「印象シリーズ」。今回はその第1弾「印象劉三姐」をご紹介する。このシリーズは2004年に始まり、自然景観を背景に各都市のイメージを表現する企画。

「印象劉三姐」は、桂林の水墨画のような山水を舞台とし、伝説の歌姫・劉三姐の物語を融合させた壮大なショーである。2004年の初演以来大人気を呼び、ほぼ連日満席の状態で数々の観光客を魅了してきた

トヨタ自動車は30日、米国内の従業員の約1割にあたる約2千人を対象に、希望退職を募集することを明らかにした。高齢化した従業員を入れ替え、世代交代を進める狙い。人件費も抑えられるという。トヨタとしては北米で過去最大の規模になる。

 今回の希望退職の対象となるのは、勤続22年以上の従業員。多くがケンタッキー工場で当初から働いていた従業員になる見込み。同工場は1988年に生産を始めており、従業員の高齢化が進んでいた。今後、多くの退職者が見込まれており、退職時期が集中しないようにしたい考えだ。

 希望退職で減った分は、「新規の採用で補う方針」(米国トヨタ関係者)で、工場の操業などに影響が出ないように配慮していくとしている。

結婚できないのは、「男性不況」が原因? 

■ 立ちはだかる年収300万円の壁

 男性の場合、結婚するために、どの程度の収入が必要となるのでしょう? 

 内閣府が実施した「結婚・家族形成に関する調査」の中にある、「年収階層別の既婚率」を見ると、年収と婚姻率の間に明らかな因果関係が見て取れます(対象者は20代と30代の男性ですが、学生は集計から除かれていますので、求職者を含む社会人に限定されたデータです)。

 これを見ると、男性の場合、20代・30代ともに、年収が多くなるほど既婚率が高くなる傾向が顕著に現れています(20代では、年収が600万円を超えると既婚率が下がっていますが、収入に余裕があるので、「選び急がない」ためかもしれません)。

 一方、年収300万円未満では、20代・30代ともに、既婚率は9%前後。これは、次に既婚率の低い年収300万〜400万円の男性と比べても、17%ほど差が開いており、極めて低い水準だということができるでしょう。

 男性の場合、年収300万円に、結婚を阻む壁が立ちはだかっていることを、この調査の結果から読み取ることができます。

 では、そもそも年収300万円未満の男性は、どのくらいいるのでしょうか? ?

 国税庁の調べでは、直近の2010年の段階で、全男性納税者の23.4%が年収300万円未満となっています。

 また、経年で見てみると、1997年の14.6%が最低で、以後、年収300万円以下の男性の割合は増加し続けています。この十数年で、年収300万円以下の男性の割合が9%も増加しました。

 ちなみに付け加えておくと、02年に始まったとされるいざなみ景気の期間にも、景気が回復していたのにもかかわらず、年収300万円以下の低所得男性の比率は減ることはなく、むしろ急ピッチで増加していました。

 年収の変化はこの15年間に起こった雇用形態の変化ともちろん無縁ではありません。この間、いかに非正規雇用者が安いコストで雇用されていたのか、このデータからも明らかです。

 先の「結婚・家族形成に関する調査」に、雇用形態別の婚姻状況も掲載されているので、こちらも見てみると、男性の場合、正規雇用者の既婚率が27.5%なのに対し、非正規雇用者の既婚率は4.7%でしかありません。

 この統計では、非正規雇用者で結婚している人は、20人のうち1人ということになります。「男性不況」の進展に伴い、男性の非正規雇用者が急増しているのはすでに説明したとおりです。

 昨今の労働市場の動向を鑑みると、今後、正規雇用者がにわかに増加するとは期待しがたく、非正規雇用者が増加する傾向は続くものと考えられます。

 そして、その結果、ますます結婚することが難しくなる男性が増えそうなのです。


婚活は早く始める事が成功への近道だ。

プチ活は始めやすさをウリにしている婚活サービスを展開している。

東京婚活という近くの人と会いやすいというのはオススメのポイントである。

格安婚活というくらい料金が安いのも若い人が始めやすい。

他社との違いをよく考えて色々チェックする事が、良いサービスを選ぶ事に繋がるので要チェックだ!

今年3月20日結婚したプロ野球楽天のエース、田中将大投手(24)とタレントの里田まい(28)が、12月9日に米国・ハワイで挙式することが30日、分かった。

 2人は、プロ野球のシーズンオフの吉日に合わせて、挙式日程を調整していたが、12月9日が大安にあたるということで決めたという。式には身内のみが出席する予定。

 里田は11月29日に更新した自身のブログで「結婚式しますよ〜」「最近ウロウロしているのは、その準備とかです」「最高の想い出になるように 家族が楽しんでくれる日になるように 準備がんばるぞー!」などとつづっていた。ブログでは、身内のみを式に招待する予定であることを明かしているが、挙式の日取りや場所には触れていない。

2014年春に卒業する大学生の就職活動が1日、本格的に始まった。

 企業説明会の解禁日が従来の10月から12月になって2年目。景気低迷で依然として厳しい採用情勢が続く中、各地の説明会にはいち早くスタートを切ろうと意気込んだ学生たちが早朝から詰めかけた。一方、就活期間の短縮化に対応しきれなかった昨年の反省から、各大学では就活セミナーの開催時期を前倒ししたり、保護者向けセミナーを開いたりと、支援態勢を強化している。

 ◆「焦っている」◆

 東京都渋谷区の合同企業説明会には午前8時半の開場前から大学生約200人の長い列ができた。

 東京女学館大3年の女子学生(20)は「夏休み前から学校主催の就職セミナーがあり、OGの話を聞くなどできる範囲で準備はしてきた。その分、語学や資格の勉強に専念できてよかった」と話す。一方では、「まだ希望が絞り切れていない。焦っている」と話す男子学生(21)もいた。

 1年目の昨年は、就活期間の短縮化にうまく対応できず、途中で就活を諦めてしまう学生も多かったという。都内の私立女子大4年生(21)は昨年、研究不足のまま12月を迎え、「やりたいと思える仕事が見つけられなかった」という。来春の就職は諦めて大学院に進む予定だ。

 就職情報会社「マイナビ」が7月、13年卒業予定の学生に調査したところ、約25%は「やりたい仕事がまだ見つかっていない」と回答。約75%は「(解禁前に)業界や仕事について考える機会が必要」と答えた。三上隆次編集長は「昨年は多くの学生が『12月まで就活を始められない』と誤解していた。早めに業界研究した学生が圧倒的に有利だった」と分析する。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ギロ
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gi6ro/index1_0.rdf