抗うつ剤を飲んで健康を保つ

March 01 [Sun], 2015, 21:34
私は、仕事のストレスなどが主な原因で、32歳のときにはじめてうつと診断されました。そして、仕事を続けることができないと判断して、退職することに決めました。今なら休養という道もあったのかもしれませんが、20年も前ではそういうシステムも確立されていなかったと思いますし、当分は治らないような気がしていたので、辞めざるを得ませんでした。

また、当時は効果的な抗うつ剤というのもまだ出ておらず、精神安定剤などで対処していたように思います。でも、仕事を辞めてゆっくりとした生活を続けていくうちに、しだいによくなっていったように思います。

けれども、このときにきちんと治しておかなかったのが災いしたのか、うつにはその後もしばしば襲われました。波があり、調子のよいときと悪いときとの差が大きいのです。

今は抗うつ剤もいいものができて、それをきちんと飲めば健康的に暮らすことができるので、感謝しています。調子が悪くなりそうだったら、早めに受診して、ひどくならないように気をつけています。関節痛薬うつになってから、ますます健康のありがたみを感じています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gi6o6j0
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gi6o6j0/index1_0.rdf