梁英姫監督の「かぞくのくに」 東京で試写会

October 04 [Wed], 2017, 21:20





 在日コリアンの梁英姫(ヤン?ヨンヒ)監督の新作「かぞくのくに」の試写会が12日、東京?スペースFS汐留で開かれ、スタッフや出演者らが出席した。
 
 同映画は1950年代に始まった帰国事業で北朝鮮に渡った在日男性が治療のため3か月限定で四半世紀ぶりに日本に戻り、妹ら家族と再会するというストーリー。
 
 試写会後の記者会見で梁監督は、自らの体験を題材にし、ベルリン国際映画祭でC.I.C.A.E.賞(国際アートシアター連盟賞)を受賞した同作について、「家族と会いたいと考えれば考えるほど、遠ざかってしまう。いろいろな問題を抱えながら耐えてきた両親を見て育ったので、これを題材に作品化した。家族に会いたいという自然な思いを普通に伝えたかった」と述べた。
 
 会見には、主演の井浦新、安藤サクラ、日本映画に初めて出演した韓国の俳優兼映画監督、ヤン?イクチュンらも出席した。映画は8月4日から全国で順次公開される。

【関連ニュース】
?ヤン?イクチュン出演「かぞくのくに」ベルリン国際映画祭に出品!
?映画監督と俳優を行き来する ヤン?イクチュン
?自主映画『ブレスレス』のヤン?イクチュン監督