IT系企業で入社3年目になりました。 

July 14 [Mon], 2014, 19:39
学生時代の友人はサブリーダーや新たな企画を任せてもらっているという話をよく聞きます。

今の仕事にやりがいも感じており、それなりに満足しています。でも学生時代の友人たちと飲んでいると「本当にこのままでいいのか」と不安に駆られてしまうんです。

たとえば不動産営業の友人は同じ年齢にも関わらず700万円以上の給料をもらっているし、広告代理店で働いている友人は大きなクライアントを担当し、仕事に打ち込んでいる。話を聞いているとついつい嫉妬してしまう自分がいます。

しかし、僕の会社では3年目はまだまだ下っ端。プログラミングのみで新しい仕事やプロジェクトを全然任せてくれません。

20代のうちに色々なことを経験し、スキルアップしたいと思うのですが、このままでは遅れをとってしまう気がします。このままこの会社にいて良いのでしょうか。

ここで考えたこと。

会社の規模や教育方法によって若手に仕事を任せるペースや量は異なるので、現状だけを見て「他社の同期よりも成長していない」ということは言い切れません。例えば、年功序列が残る大手企業では3年目はまだまだ新人。一方で成果主義で若手が多いベンチャー企業では3年も経てばリーダークラスとなるでしょう。

どちらの企業にいても実力のある人は必然的に様々なことを任せてもらえるもの。「会社が任せてくれない」と嘆く前に、「自分はこれだけの結果を残しているのにこの仕事では不満だ」というくらいの実績を今現在任されている仕事で残しましょう。もし、成果をあげているにも関わらず現状が変わらなければ、他の職場を考えてみるのもいいでしょう!

それから、身体を守れるのは自分自身だけ。いざとなったら会社は助けてくれない。
人生で仕事よりも大切だと考えるものが多いなら身体を壊してまでやる必要はないんじゃない。
SEは心の病気にかかりやすいって言うし。会社なんていくらでもあるはずです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ghxaq4a
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる