物件ローン

November 09 [Sat], 2013, 13:25
最近は、全額融資が可能な「フラット35」といった商品もあるので、自己資金の割合が下がっていますが、それでも注文物件や新築マンションを買った人たちは、2割以上の自己資金を用意しています。

比較的価格の低い中古物件や中古マンション、また土地付きの注文物件の人は15%以下ですが、それでも一定の自己資金を用意している点は変わりません。

「そう考えると、自己資金は最低でも2割、安全を期すれば3割程度用意するのがよいでしょう。

親に借りられる人なら、頭を下げてでも、自己資金を増やす努力をするべきです。

物件ローンというのは、長く借りれば借りるほど、その残高は簡単には減りません。

しかし、自己資金が多ければ、その返済額を圧縮できるとともに、日々の生活に及ぼす影響も少なくてすみます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ごおむ
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ghuierg/index1_0.rdf