贅沢品の生産に転換すべきか

March 12 [Tue], 2013, 17:19
話で「ぜいたく品生産にすべきかに移転」時、パリHEC商学院教授Jean-Noel Kapfererこの問題に答えると、まず理解何はぜいたく品。Kapferer指摘して、1種が受け入れられるの贅沢品の概念は:稀有な享楽の、高品質のモノやサービス、その販売価格をはるかに上回る使用価値。購入者の花よりも実用価値の高い値段はぜいたく品購入を示すため実際には独自の地位や自己概念を強める。

しかし、今の「贅沢品」という言葉にもなってファッションで、大量に悪用され始め、ちょっとない贅沢に戦略の会社も彼らの製品「贅沢」のシールを貼って。例えば、Coachホームページに紹介した「贅沢品大胆使用の姿」と書かれて、それによって認定それは贅沢品の外観は、本当の贅沢品ではない。

Kapfererは、このような企業にとって、「贅沢」はただ会社全体のビジネス戦略の中の一部を担っている、彼は会社全体の収益成長と責任がない人を高める小売価格て利益規模でしか成長、コストを削減する利益が増えて。だから、引っ越しする生産地となる会社の選択に方法がない。Kapferer指摘して、本当の厳格な贅沢品の商業のモードの中で、収益は継続的に成長の平均価格で手にした。これは1つのブランドになるわけではないことを維持して金持ちやそれらはとても豊かでは一部の富裕層の生活方式を楽しみたい夢の唯一の方式消費者。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ghuhyhu112/index1_0.rdf