2006年03月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ghost5679
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
地響きと車と飛行機の音 / 2006年03月16日(木)
こつこつと窓をノックする雫と、暗闇を走る車
そして空を飛ぶ飛行機。
自由だ。
自由で皆、孤独だ。
 
   
Posted at 22:19 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
豪雨、 / 2006年03月16日(木)
僕は本当に悲しいのかな
涙を流すことが本当に悲しい印なんでしょうか
雨はなぜこんなに泣いてるのでしょうか?
現実は辛いです。
なぜ幸せは自然と遠のくのでしょう
自分が幸せだと思えば幸せなんて、
 
   
Posted at 21:55 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
努力者と天才者のちがい / 2006年03月16日(木)
いたって簡単だ。
努力を惜しみなくできるのは一種の天才かも、しれない。
が、ちがう。努力する人間が、ある目標物を越えるためには、その目標物が止まっているいるか、自分より低速で動いているものにしか、捉えたり、越すことができない。当たり前のことだ。自分が努力しても、その目標物が、それよりも、速く動いていたら、到底追い付くわけがない。
ただ、もしその目標物が、速度が一定のものでないとしたら、いつか遅くなったり、止まったり、すればいずれ追い付けるだろう。
天才者はその速度が速いだけだ。
一定期間の間だとして、同じように努力すれば、それは、天才者が勝つに決まっている。ただそのような状況が、日常で、あることは少ないと思う。
いずれにしても、その人自身の問題かもしれない。
天才にしか入れないエリアがあるとするなら、努力した者にしか入れないエリアだってあるのではないか。
 
   
Posted at 13:27 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
朝起きると / 2006年03月16日(木)
昨日の夢が編集されたように、脳裏で交差しはじめた。
主に、なんだろ。
あの無機質な部屋に、机が並べられていて、そこで、20も満たない青年、少女ががやがやと、響きわたる中に、オレが、そこにいて、テストとというものを受けているんだ。
これが、何の意味があるなんて事があるとは思わない。ただオレが夢の中でさえ必死だったってことなんだ。


 
   
Posted at 09:44 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
春に、、 / 2006年03月15日(水)
最近、春らしくなってきたね。
なんて、前はこんなこと言わなかったなオレ。
卒業の季節、、
始まりと終わりの季節、
に抜け出した俺は、ここにいる。
失ったものは多すぎて、拾うのも大変だけど、落としたものが、せめて、わかるようにしたい
 
   
Posted at 23:04 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
鳴らないオレ / 2006年03月12日(日)
鳴らないオレ、
いつもなにかを待っている
 
   
Posted at 00:33 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!