ヘイケボタルで綾野

February 03 [Wed], 2016, 10:46
皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性側が主体となって行うもののように感じますよね。
でも男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。
それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。
不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は女性にあるとは限らず、男性に原因がある事もあります。
特に注目したいのは、精子の染色体異常です。
これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。
ですので、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。
葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって最も大切な成分ですが、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、胎児にどのような影響があると思いますか?葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。
赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天的な障害を発症しやすくなるというデータがあるのです。
それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、是非、葉酸の摂取を心がけてください。
ホルモンバランスの調整は、妊活の中でも大変重要なものです。
ヨガはダイエットやスタイルキープのために行うと思っている方も多いかもしれませんが、妊活にも大変効果が高いのです。
ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消にもつながります。
さらに自律神経のバランスが良くなりますから、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。
ネットにはヨガの動画がたくさん紹介されています。
こうした動画を活用すれば、わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時から始めることが出来ます。
少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。
こうした運動は崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。
ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。
葉酸は、ビタミンBの一種で、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。
妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。
推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を下げてくれるとの研究成果が出ています。
厚生労働省の発表によりますと、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。
そのような場合は葉酸のサプリを利用するのが賢い方法だと言えます。
妊婦の方の中でも、葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が少なくないですよね。
ですが、葉酸というものは熱に弱いため調理のために加熱することで葉酸が溶け出てしまっていることもあります。
総合的な摂取量としては足りないという事もあるので、注意が必要です。
妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。
例えば、葉酸です。
妊活中の時から適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって雑誌に書いてありました。
葉酸は、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる大切な栄養素だそうです。
野菜に多く含まれている成分なのですが、調理の際に溶け出してしまったり、体の中での吸収率が良くなかったりと、十分な葉酸を摂るのは結構骨が折れそうだな、と思いました。
手軽に摂るなら、サプリを利用すれば良いそうですから、ちょっと安心しました。
調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。
安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。
妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで胎児の先天的な神経管障害が発症しにくくなることが判明しました。
そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品指定のものがあります。
こうした食品は妊婦に特に利用されているといったこともよく耳にします。
妊活中の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。
上の子が男の子でしたから、女の子が欲しいと主人と話していたからです。
本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けに挑戦してみました。
妊娠が発覚した後、性別が判明する時までは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。
結果は赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。
産み分けのおかげだと思っています。
妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食生活以外に、充分な量の葉酸を摂取するように厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。
葉酸の適切な摂取は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。
サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、胎児の安全性を考慮した上で、添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが心掛けたいですね。
葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。
ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。
赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも構いません。
一方で、葉酸は身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、出産後も、葉酸の摂取によって健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココロ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ghobietk93yoh1/index1_0.rdf