くに、既存のウィルコムの基地局

March 19 [Thu], 2015, 20:35

■商品名: LV iphone6 ケース 4.7インチ ルイヴィトン iphone6 ケース 手帳 アイフォンカバー 左右開き 革 ■対応機種:iPhone6 iPhone6Plus 5.5インチ ■ご注意: ※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。 ※携帯本体は付属いたしません。 ※サードパーティ製品 ※只今は送料無料?


 ルイヴィトンiphone6カバー


 ルイヴィトンiphone6カバー


英国の市場調査会社、カンター?ワールドパネルが12月3日までにまとめたスマートフォンの販売統計によると、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」は世界の主要市場で販売を伸ばしている。今年9月に発売した「iPhone 6」と「同6 Plus」の売れ行きが好調で、同社のシェア拡大に寄与したという。

日本のシェアは主要9カ国で最大
カンター?ワールドパネルは欧州5カ国(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン)と、日本、米国、オーストラリア、中国における今年8〜10月のスマートフォン販売データをとりまとめた。
新品gucci iphone6 ケース
それによると、日本を除く8カ国ではいずれも米グーグルの「アンドロイド(Android)」搭載端末の販売台数シェアが50%を上回っており、同OSの地位は依然盤石だ。

だが8〜10月は、iPhoneのシェアが米国で41.5%、オーストラリアで40.4%、日本で48.0%となり、いずれも40%を上回った。このうち米国のシェアは1年前の同じ期間に比べ0.7ポイント増え、オーストラリアでは同5.4ポイント増えた。

一方、日本では同13.1ポイント低下したが、これは「iPhone 5s」と「同5c」を発売した昨年8〜10月期のシェアが61.1%と著しく高かった反動。日本のiPhoneのシェアは今年8月までの3カ月間と比較すると20.9ポイント増えている。日本のシェアはカンター?ワールドパネルが調査した9カ国の中で最も高かったという。

中国の機種別販売ランキングで3位に
中国におけるiPhoneの販売台数シェアは15.7%で、前の年の同じ期間から0.2ポイント、今年6〜8月期からは1.5ポイント増えた。

iPhone 6と同6 Plusは、9月19日の世界10カ国?地域での発売を皮切りに、同月26日には欧州各国、ロシア、ニュージーランド、台湾など約20カ国?地域で発売された。だが、中国で発売されたのは10月17日。つまり、この調査に反映されたiPhone 6と同6 Plusの販売期間は、日?米?欧州が1カ月強だったのに対し、中国はわずか10日余りだ。
6Plusケースルイヴィトン
だがカンター?ワールドパネルによると、それでもiPhoneは中国で販売を伸ばしており、iPhone 6は同国の10月の機種別販売ランキングで3位になった。

ただし、中国でスマートフォンの販売台数が最も多いのはシャオミ(小米科技=Xiaomi)だ。10月の機種別販売ランキングで1位になったのは、同社の5.5インチ端末「紅米Note(Redmi Note)」だった。

英国でほぼ4割のシェア、過去最大
欧州5カ国におけるiPhoneの販売台数シェアは20.7%で、1年前から5.9ポイント増えた。iPhoneはとりわけ英国で伸びており、同国における販売台数シェアは同10.4ポイント増の同39.5%と、過去最大を記録した。
グッチ iphone6 ケース
なお英国のiPhone購入者のうち、約86%はアップルのユーザーで、旧モデルからの買い替え。韓国サムスン電子製品からの乗り換えはわずか5%だった。また英国ではiPhone 6と同6 Plusの販売比率は4対1だった。

これに対し米国におけるiPhone 6と同6 Plusの販売比率は3対1。カンター?ワールドパネルによると、6 Plusの購入者はiPhone 6の購入者よりも年齢が高い傾向にある。えば人気のiPhone6。

実はドコモもauもソフトバンクも販売しているiPhone6の中身はまったく同じもの。しかし、このSIMロックのせいで、「ドコモで買ったiPhone6はドコモのSIMカードしか使えない」というような制限がかけられているのです。

この制限によりユーザーは、ナンバーポータビリティをする際にいちいち乗り換え先のiPhoneに買い替えなくてはいけない、あるいは海外旅行でも渡航先の旅行者用SIMカード(現地の電話番号)が使えないため割高な海外ローミングサービスを使うしかない、といった不利益をこうむっているのです。

では、これが原則解除されるとどういう未来が訪れるのでしょうか?
iPhone6 シャネル
まず、各携帯キャリアは端末での差別化ができなくなるため、これまで以上に「つながりやすさ」「通話エリアの広さ」「通信の速さ」「料金の安さ」「契約プランの豊富さ/わかりやすさ」「独自サービス」「サポート」など回線品質やサービス面での競争を迫られるようになります。そうなれば、ユーザーにとってはサービスの選択肢が増えることに繋がる点がメリット。自分の使い方や予算に応じ、より良いキャリアを選びやすくなるのです。

一方、一時的にはマイナスの影響もあります。

これまで2年契約を前提に適用されていた通信料の割引がなくなることで、実質的に端末価格がガツンと値上げされるおそれがあります。例えばアップルが販売しているSIMフリーiPhoneの価格が「SIMロック解除後」の端末価格のひとつの目安。
新品gucci iphone6 ケース
もっとも高い初期投資をしてまでSIMロック端末が欲しい人は一部に限られるでしょうから、現実的には「一括購入したら即SIMロック解除」「割賦購入なら数カ月〜2年間はSIMロック解除はお預け」という選択肢が用意されることでしょう。

それでもSIMロック原則解除で「他社に乗り換えやすくなる」「他社、他国でも使えるので端末を高値で売りやすくなる」「海外旅行や海外在住で現地SIMカードが使える」「MVNOなど格安携帯会社のプランが選べる」といったメリットが生じるのは確か。『iPhone 6/6 Plus』が発売されて2か月近くが経とうとしている。10月20日に発表された、家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」の調査リリースでは、発売開始1か月の販売台数ではソフトバンクが優勢であることが伝えられた。9月19日発売の『iPhone 6』は、キャリア別でみると、ソフトバンク、KDDI(au)、ドコモ、容量別では64GB、16GB、128GBの順に売れているという。同時に発売した『iPhone 6 Plus』と合算すると、発売から30日後にあたる10月18日までの累計販売台数は、2013年に発売された『iPhone 5s/5c』や、2012年に発売された『iPhone 5』の同期間の累計販売台数を上回り、過去最大となっている。

 また、このタイミングで携帯電話大手3社の2014年9月中間連結決算が出揃った。11月4日に決算発表をしたソフトバンクは、関連会社の中国電子商取引最大手アリババ集団の米国上場が寄与したこともあり、最終利益を前年同期比36.7%増の5607億円と大きく伸ばしている。一方で、新料金プランの影響から減収減益に沈んだドコモは、中間期として過去最高の営業利益を上げたKDDIに通期でも抜かれ、3位に転落する見通しとなった。

 発売から1か月が経ち、キャリアや容量による売れ行きの差が鮮明になってきたわけだが、ソフトバンクが好調な理由はどこにあるのか? ユーザーには、日本で最初に『iPhone』を発売し注力してきたキャリアという印象も根強く残っており、その効果も少なくないだろう。ただ、昨年からドコモが参戦し、完全な三つ巴となった今回の商戦をリードする形となったのには、当然、別の理由があるはずだ。その理由を分析してみたい。

■LTE/4Gの通信速度の差

 日経BPコンサルティングが10月23日に発表した、「全国主要500駅 LTE/4G通信速度調査」によると、『iPhone 6』「Androidスマホ」ともに、データ通信のダウンロード速度はソフトバンクモバイルが1位だった。大量のWeb画面をブラウジングしたり、写真や動画などのコンテンツを閲覧したりする場合、ダウンロード速度が速いほど有利になる。昨年よりソフトバンクは、FDD-LTE方式に加え、TD-LTE方式に対応した2層による高速通信が可能な「Hybrid 4G LTE」を提供。新しい『iPhone 6』の端末自体が、TD-LTE方式に対応したこともあり「Hybrid 4G LTE」の恩恵を受け、ダウンロード速度でトップなったものと考えられる。
ルイヴィトンiphone6ケース
同様に、株式会社ICT総研が10月8日にリリースした「待ち合わせ場所100地点 iPhone6電波状況実測調査」においても、下り通信速度(ダウンロード速度)で、東京で平均32.51Mbps、大阪で40.91Mbps、名古屋で34.35Mbpsと3大都市圏それぞれでトップとなり、平均34.89Mbpsと頭一つ抜け出して1位となったのは、ソフトバンクだった。

 同社は、もともと『iPhone』に対応していた「SoftBank 4G LTE」に加え、Wireless City Planningが提供する「AXGP」方式を使った「SoftBank 4G」が、今回初めて『iPhone』に対応。前述の通り、2つのLTE規格に対応したことが、下り通信速度で他社を一歩上回った大きな要因だと考えられる。一方で、グループのワイモバイルやWireless City Planningのネットワークを利用できる点も、通信速度、通信エリアの両面でユーザーにとって大きなメリットとなっていることは間違いない。

 さらに、別の調査機関、MMD研究所が9月26日に発表した、 全国の主要都市(20都市?125箇所)にて実施した「2014年9月iPhone6 全国20都市125箇所通信速度調査」においても、ダウンロードの平均速度が最も速かったのは、ソフトバンクで37.03 Mbps、auが35.3Mbps、ドコモが27.07Mbpsという結果となった。ちなみにこの調査では、アップロードの平均速度もダウンロードスピード同様にソフトバンクが12.25Mbpsと最も速く、次いでドコモが11.62Mbps、auが7.60Mbpsで続く形となっている。
ルイヴィトンiPhone6ケース
■カギを握る「TD-LTE」の基地局

 1社だけの調査結果ならまだしも、3社の調査が同じ結果となるのには、それなりの理由があるはずだ。前述の通り、従来の周波数帯である2.1GHz、1.7GHz、900MHzに加え、今回、新たにAXGP(TD-LTE互換。以下TD-LTE)網を運用している2.5GHzに対応したことも大きい。現状、4つの周波数帯が利用可能なのは同社のみである。また、従来のFD-LTE方式に対応した基地局に加え、TD-LTE方式に対応する約5万局が加わって、広いエリアで2層による高速通信が可能になったこともこの結果を生んだ要因のひとつであることは間違いないだろう。端末とネットワークの両面から、112.5Mpbsと110Mbpsの2つの安定したネットワーク環境を提供できる体制を可能にしたというわけだ。

 同社の場合、TD-LTE方式のネットワークの多くに、既存のウィルコムの基地局を利用している。小セル化が進んだことで、ユーザーが多いエリアでは相当な密度で展開し、回線の容量が少ない場所では、パケ詰まりなどが起きにくいようになっている。また、相対的に見るとネットワークが空いており、同じ場所でもTD-LTE方式のほうがスピードが出やすいのかもしれない。つまり、『iPhone 6』のユーザーなら、特に混雑しているような場所と時間でも、いつもより通信速度が速くなる状況も生まれやすいということになる。通信速度で100Mbpsを超える基地局の数を見ても、2014年8月時点で、ソフトバンクが約6.7万局、ドコモが約3.9万局、auが約3.5万局と、他社を2倍近く上回っている。
超人気iphoneケース
『iPhone 6』商戦の序盤戦は、ソフトバンクが一歩リードした形となっているが、これから年末のボーナス商戦、そして、春の商戦期と大きなヤマ場を迎えることになる。今後の各社の展開からますます目が離せなくなりそうだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ghjklfd
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ghjklfd/index1_0.rdf