有効成分を入れられる濃度のギリギリまで濃縮した、メーカーお墨付き

October 27 [Mon], 2014, 10:00
先日のためごろうさんのコメントにヒントを得て、今日は媚薬を効果的に使うシチュエーションについて考えてみたい。

ランチョンテクニックをご存知だろうか。

心理学者のグレゴリー・ラズランが名付けた、交渉術の応用といった所だろうか。

このブログではこのランチョンテクニックについて講釈を述べるつもりはない。

そこは食いたくても我慢しよう。その後別のもの食うわけだから。

俺と友人のAは、ほぼこの方法を実践している。

あくまでも効果的に媚薬KKK超強力催情水を使えるように考えたものだから、これに限定されるものじゃない。

真昼間の成功事例だってあるしね。成功にもってく自信があるならそっちの方が面倒じゃなくて良いかもね。

実際、俺達の中で最強と位置付けたこのブログでもお馴染みのadamという媚薬の場合、ある程度シチュエーションを度外視するほど強力なのは分かっている。

有効成分を入れられる濃度のギリギリまで濃縮した、メーカーお墨付き。

とっておき(笑)という事で、ここぞという時に使っている。

要は、使えると思ったものは全て使って実践するというのが俺達のスタンスなので、その中で効果的と思ったことをブログでも体験談として紹介してます。

今日書いたランチョンテクニックについても、最初は無意識にやっていた事を、大学のゼミの友達に「それ〜じゃね?」みたいに言われた受け売りなのだ。

もちろん「そうだよ」と知ったかを決め込んだわけだが。

それでは、簡単にまとめると

媚薬を使う時は食事中、もしくは食後。

満腹にならない程度に済ませ、食休みを取れる環境。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あsfあsdfあs
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ghjjkioo/index1_0.rdf