雨よりも曇り 

2006年02月06日(月) 16時04分
写真がぶれていてよく見えない。すいません。でもこっちの方が地球が回っている感じがして味が出ている気がします。・・・・・・・・・・えぇ味が出ていますとも。誰に何を言われようとも!

ところで今日は雨でした。水生は雨よりも曇りの方が気に入っていて曇りよりも晴れが嫌いです。
晴れよりも快晴は嫌いです。
記号に表すと
快晴<晴れ<雨<曇り
とまぁこんな感じになります。
水生は光に当ると力が抜けていくような気がする。
というとなんで曇りよりも雨が嫌いなのかというと・・・この2つは5分5分で敢えて雨の方が嫌いというわけで雨が嫌いなわけではない。

文体が欠け始めたところで終わろうと思う。
文章というものは<壊れて>から終わるのではなく<欠け始め>即ち<ヒビは入ったら>終わるのが丁度良い。
この文章でさえも欠け始めている・・・

神舎 

2006年02月05日(日) 16時50分
―――学校からすぐ近くにある神社にある小屋―――
 
ここで彼女と将来の策を練ってました。

曇り後晴れ。 

2006年02月03日(金) 16時51分
水生と彼女と交わした約束。
詳しくは言えないが2人で大きな夢を追いかけようと思う。
そのための約束を改めて確認したら
彼女はとても喜んでくれた。
水生が高校生になっても彼女のもとを訪れると言ったら
とても嬉しそうでした。
彼女のために頑張らなければと思った。

大切な人が嬉々するときは水生の幸福だ。
ずっと喜んでいて欲しい。ずっと幸せで居て欲しい。

――君のその笑顔を二度と曇らせはしないと約束するよ――

窓。 

2006年02月02日(木) 17時37分

やっと市立入試終わりました。
とても疲れた。
本命は県立だから市立に力を入れなくても…。
僕は普通に高校へ言って目立たず消えずに過ごせたらいいと思ってる。
だから県立に行きたい。
普通にいることが僕の希望。明るみ。夢。
普通でいないことは僕の絶望。苦悩。悲哀。

雪がさわさわと僕の肩に舞落ちる。
絶対に踏み入ることのできない硬い堅い難い硝子を僕は持っている。
硝子は僕と友人の境界線。
踏み入られたくない。踏み入るな。
割られて堪るものか。割られない。踏み入れない。
僕は硬い難い固い硝子を持ってる。

茶畑 

2006年01月29日(日) 14時38分
福岡の田舎には沢山の茶畑がある。水生は何度も見ているけれど毎回毎回よだれをたらしながら見ている。
お茶と言うものは本当に素敵クルなものだと思う。
大袈裟に聞えるかも知れないが『日本の心』といえるべきものだと思う。
お茶のあの緑色は渋く緩く深く水日本人だなと感じられる。
そう友人に話したら「おっさんくさい」と罵られた。
酷い話だ。

お茶の温かさを喉を通って胃の中に入るまで感じられるのが好きだ。日本に生まれて良かったと嬉しく思う今日この頃。

※茶畑で若いオンナノコが着物を着て頭に竹の鍔の広い帽子を被ってクルクル笑いながら唄を歌いながらとせっせと竹籠の中に茶葉を入れているところを見てみたい。

林檎 

2006年01月21日(土) 11時23分
水生、不覚にもインフルエンザにかかってしまい一週間地獄の底に落ちていた気分だ。
このあいだ『僕。』が見舞に来てくれた。
日頃の恨み(水生のブログに入って来たり…というか1ヶ月くらい占領した)もあったので僕。に向かって思いっきり咳を吹きかけてやった。水生その日はインフルエンザが治ったみたいに元気になれた。
のに!のに!僕。が翌日見舞をしにきた。林檎を三つ持ってきた。
なんで移らないんだろう…。水生が咳を吹きかけるかけないの前に水生と同じ部屋に一時間三十分も図太く居座っていたくせに…。
本当に不思議な奴だ…。

というか見舞の時に持ってきてくれた15個もの林檎。処理に困る…。

本。 

2006年01月15日(日) 12時51分
僕のお気に入りの乙一の本です。
左の「暗黒童話」は乙一が好きになったキッカケの本。
右の「暗いところで待ち合わせ」は1番好きな本。
右の本は恋愛話だったりする。でも引っ付きそうで引っ付かない2人の関係が好き。

招き猫 

2006年01月14日(土) 12時39分
水生 :結構です。
招き猫:そう言わずにどうか雇ってもらえないでしょうか。
水生 :雇えません。それに僕、店なんてもっていないですし…。
招き猫:家でいいんです!友達とかたくさん家に招きたいでしょう?!
水生 :別に。友達とか居ないですし…。とにかく帰ってくれないでしょうか。
招き猫:どうかここは1つ!家で娘が待っているんです!娘の為に誕生日ケーキぐらいは持って帰ってやりたいんです!どうか!どうか雇ってくれないでしょうか!
水生 :うっ…。
招き猫:娘が!誕生日ケーキを家で待っているんです!
水生 :……………

いや…今日は本当に困りました。とりあえず千円をあげて帰ってもらいました。
本当に困った。それにしても「僕。」が無理矢理話しの中に入ってくるとは…。
くそぉっ。水生の出演場まで出てきやがった!

涙。 

2006年01月12日(木) 17時40分
どうも雪というものは恐いものであったする。
ただ雪で凍り付いている道を自転車で通るとコケた瞬間に一瞬の恐怖があるがそれだけではない。恥というものも連れてくるのだ。周りにいる人達は口の端を一寸上げて何だコイツというような目で見下ろすのだ。水生、涙の中に溶けてしまおうか…。

水生よりも僕。 

2006年01月10日(火) 21時59分
最近は水生は休み気味だな。
水生よりも僕の登場が多い気がする。
なんたって水生は大変なのだ。
話を面白くすることを考えると止まらなくなり
いろいろな事が頭に入らなくなるのだ。
あーあ。もっとマトモな人生を歩みたい。
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
■本の情報■
■クビキリサイクル■
■作者:西尾維新■
■評価<予想以上>■
■友が好き。■
最新コメント
アイコン画像ク×ニマスター!!!!!
» 雨よりも曇り (2009年09月12日)
アイコン画像水生
» 曇り後晴れ。 (2006年02月05日)
アイコン画像あずまる
» 曇り後晴れ。 (2006年02月04日)
アイコン画像水生
»  (2005年11月29日)
アイコン画像LALALA
»  (2005年11月29日)
アイコン画像チェコ
» 趣味 (2005年10月10日)
アイコン画像水生
» 趣味 (2005年10月10日)
アイコン画像水生
» 趣味 (2005年10月10日)
アイコン画像チェコ
» 趣味 (2005年10月10日)
アイコン画像水生
» Mr.Children (2005年09月26日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ghibliescastle
読者になる
Yapme!一覧
読者になる