ジーン・カーソン

February 04 [Mon], 2013, 0:25
ジーン・カーソン(Jean Carson, 1923年2月28日 - 2005年11月2日)は、アメリカ合衆国の舞台、映画、テレビの女優。

1960年代のシットコム『メイベリー110番』のファン・ガールズの1人で知られる。


経歴

父アレキサンダー・W・カーソン、母セイディ(旧姓リート。

コネチカット植民地の最初の知事であるウィリアム・リートの子孫)の娘として生まれる。

最初にショー・ビジネスに興味を持ったのはインディアンの少女を演じた時であった。

12歳の頃、職業として初めて5ドルで『カルメン』の小さい役をもらい、チャールストン中を巡業した。




高校生の頃、「最も女優として成功しそうな少女」に選ばれた。

1948年、カーネギーメロン大学で勉強後、母親にブロードウェイに行くことを告げた。

ジョージ・S・カウフマンの『Bravo 』でブロードウェイ・デビュー。

その他のブロードウェイ出演作品は、マクドナルド・ケイリーと共演の『Anniversary Waltz 』、彼女がトニー賞にノミネートされメルヴィン・ダグラスと共演の『Bird Cage 』など。




その後『Studio One 』、『NBC Presents 』、『トワイライト・ゾーン』(『A Most Unusual Camera 』でロッド・サーリングにより特別に用意されたポーラ役)、『Ford Theatre 』など連続テレビ・ドラマの先駆けとなる作品に出演。

1959年の『The Betty Hutton Show 』(カーソンによるとハットンは「下品で口やかましいおばさん」で、役者人生の中で唯一楽しくなかった仕事だったとしている)のレギュラー出演、1955年の映画『無警察地帯』、1958年の映画『宇宙船の襲来』の他、1950年代を通して多数の作品にゲスト出演。

同じような役(本命ではなく浮気相手のような役)ばかりと感じていた頃、『メイベリー110番』に出演することになる。




1962年のエピソードでナオミという小さな役を演じたが、1962年から1966年にジョイス・ジェイムソン演じるスキッピーと共にファン・ガールズと呼ばれるダフネ役で出演。

ダフネは悪名高い浮気者で、ハスキーで誘惑するような声で挨拶をする。




1968年、ピーター・セラーズのコメディ『パーティ』で四番手の役付きとなり、出演映画ではこの作品が最もよく知られている。

1970年代前半、女優活動に支障を来たすほどの飲酒問題が起こる。

彼女の最後の出演映画は1977年の『おかしな泥棒ディック&ジェーン』である。

次の10年間で徐々に仕事を減らして引退し、子供たちが住む近くのパームスプリングスの辺りに引っ越した。

アルコホーリクス・アノニマスとして活動。

長年『メイベリー110番』と関係を持ち続け、出演者の作品、コンヴェンション、会合に出席したりファン・レターへの返事を個人的に書いたりしていたが、2005年9月の深刻な発作以降はできなくなっていた。

2005年11月2日、脳梗塞の合併症により82歳で死亡。

彼女の声はとてもハスキーであったが、喫煙者ではなかった。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かえでc6pf
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gh0x7hkg/index1_0.rdf